ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支援」に関する情報が集まったページです。

ARソリューション:
3D CADデータを活用したAR作業手順書で検査業務を支援する「Vuforia Instruct」
PTCジャパンは、ARソリューション「Vuforia」の新製品で、3D CADデータを利用したインタラクティブなAR作業手順書の作成と活用を支援する「Vuforia Instruct」を発表した。製品品質の維持、向上に不可欠な点検/検査業務に特化した機能を提供し、デジタル化によって検査品質や作業効率の向上を実現する。(2021/6/11)

Snowflakeがマーケットプレースの機能拡充と顧客支援プログラムを発表
Snowflakeは、「Snowflakeデータマーケットプレース」に2つの新機能を追加する。併せて、データクラウドの機能拡充やパートナーネットワークプログラム「Powered by Snowflake」を開始する。(2021/6/10)

小売業のマーケティング支援:
BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始
3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。(2021/6/9)

Instagram、クリエイターの収益化を強化 ライブで100ドル以上支給も
Facebookは傘下のInstagramでクリエイターの収益化を支援する複数の新サービスを発表した。「バッジ機能」を使ったライブ配信で所定の条件を満たすと100ドル以上支給される。個人アカウントでのショップ機能も利用可能になる。(2021/6/9)

顔認証でオフィスの“密”防ぐ NTT Comとパナソニックが共創開始
NTT Comとパナソニックは、「顔認証を統合IDとするデータ利活用」の共創を開始した。NTT Comのデータ利活用基盤とパナソニックの顔認証技術を活用し、顔認証による非接触での入退室や、属性に合わせたパーソナルな照明・空調制御による生産性向上を支援するソリューション提供を目指す。(2021/6/9)

FAニュース:
プラントの生産性向上を支援する、高度制御ソリューション
横河電機は「OpreX Asset Operations and Optimization」の新製品として、高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation R5.03」の販売を開始する。(2021/6/9)

非対面ビジネスの時代に向けた顧客情報活用法
売り上げアップに直結する、本当に必要な「営業支援ツール」の選定ポイントとは
「名刺管理、SFA、MA」ツール市場が大混戦だ。情報をビジネスに活用するためには「個人が便利に使える」だけでは意味がなく「営業に情報が飛んでいく」ような仕組みが必要だ。そのような中、統合型の営業支援ツールに注目が集まっている。(2021/6/10)

遠隔操作ロボが接客、コーヒーも入れるカフェ 常設店が6月オープン 障害者の就労支援に
ロボット事業を手掛けるオリィ研究所は、外出・移動が困難な人がロボットを遠隔操作して接客する「分身ロボットカフェDAWNver.β」の常設店を21日にオープンすると発表した。(2021/6/7)

スマホ教室で行政手続も支援 総務省の「デジタル活用支援推進事業」開始
総務省が6月7日、「デジタル活用支援推進事業」に参画する団体を発表した。デジタル活用支援推進事業では、主に高齢者を対象に、スマートフォンによる行政手続などに関する講座を実施する。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのショップで講座を受けられる。(2021/6/7)

Weekly Memo:
デル、日本マイクロソフトの提案にみる「中小企業のDX推進」の勘所とは
デル・テクノロジーズと日本マイクロソフトが相次いで中小企業向けDX支援策を打ち出した。両社の提案から「中小企業のDX促進」の勘所を探ってみたい。(2021/6/7)

検査・維持管理:
日立システムズのインフラ劣化状態を見える化するサービス
日立システムズは、社会インフラを含む施設や設備の点検・補修業務の維持管理データを専用のクラウド基盤上でAIにより分析し、対象物の劣化状態を見える化する「CYDEEN劣化要因分析支援サービス」を開発した。(2021/6/7)

製造ITニュース:
製造業のDXを支援する組織を設立、コンサルティングサービスを提供
パーソルプロセス&テクノロジーは、製造業のDXを支援する組織を設立し、コンサルティングサービスの提供を開始した。(2021/6/7)

春日井市で「電動3輪バイク」のシェアサービス開始、利用料無料で6月7日から ドコモ・バイクシェア、Futureら3社が実証実験
地域のちょっとした移動需要を支援、グリーンのかわいい車体です。(2021/6/4)

ワイヤレスジャパン 2021:
なぜ総務省が「スマホ講座/乗り換え相談所」を推進するのか? 携帯ショップの役割も重要に
通信行政を担う総務省は、携帯電話市場の形成に積極的に関わり、携帯キャリア各社への規制を通して市場の形成を支援してきた。一方、近年の同省の取り組みは「スマホ講座」や「乗換え相談所」を実証事業として展開するなど、従来の規制行政にとどまらないものに広がっている。一見すると唐突に見える新政策にはどのような意図があるのか。(2021/6/4)

デル、6種の用途別でパッケージを選べる中小企業向けITソリューションを提供開始
デル・テクノロジーズは、中小企業のIT課題解消を支援する「今すぐ始められる中小企業向け6つのITソリューション」を発表した。(2021/6/4)

日本のインターネット広告の礎を作った立役者:
横山隆治氏がCCCマーケティングのエグゼクティブ・アドバイザーに就任
企業のDXに寄与し、マーケティング課題解決から経営戦略の策定を支援。(2021/6/4)

クリーデンス調べ:
アパレル業界の転職理由 前年より増加した「会社都合」より多い理由は?
パーソルキャリアが運営するアパレル・ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」が、アパレル・ファッション業界の「転職理由ランキング」を発表した。(2021/6/4)

渋谷→熊本移転で売上20倍! 年売上200万だったスタートアップがフルリモートで大勝利するまで
「東京にいる意味、ある?」2020年3月、ふと湧いたそんな疑問から、渋谷にあったオフィスを熊本へ移したスタートアップ企業がある。オンライン開発支援サービス「ATTEND biz」を運営する、Lbose(熊本市)だ。本社は熊本、チームの90%以上がフリーランスで、約50%が一都三県以外に在住しているというLboseが、オンラインでも帰属意識を持って働けるのはなぜか。その仕組みを聞いた。(2021/6/3)

高度化する金融犯罪に対抗 ラックが金融機関向けに「金融犯罪対策センター」を設立
ラックは、高度化する金融犯罪に対抗するため、同社の知見を金融機関に提供する「金融犯罪対策センター」を設立した。金融犯罪に関する相談や対策支援だけでなく、日本サイバー犯罪対策センターと連携し、金融機関を通じて一般利用者に安全な金融サービスの提供を予定する。(2021/6/3)

MAYA SYSTEM、スマホとルーター機能を切り替えられる「jetfon S20i スマファイモデル」
MAYA SYSTEMは、クラウドSIM搭載スマホにWi-Fiルーターモードへの切り替え機能とデータチャージ方式を備えた「jetfon S20i スマファイモデル」開発資金募集の支援プロジェクトを開始した。(2021/6/2)

製造ITニュース:
中小企業のTeams利用は4倍に、リモートワークを軸にDXを支援
日本マイクロソフトは2021年6月1日、DX(デジタルトランスフォーメーション)への遅れが指摘される中小企業向けのDX支援策について発表した。コラボレーションツールである「Microsoft Teams」と「Microsoft 365」を核に中小企業向けのデジタル基盤として提案を進める。(2021/6/2)

これはいいものだ ディズニーの短編制作支援プログラムから6作品が配信へ 
6月4日からDisney+で配信。どれも味がある。(2021/6/2)

中小企業のDXを全方位でサポート:
「5年後には中小企業のクラウドビジネスを10倍に」 日本マイクロソフトが支援策を発表
6月1日、日本マイクロソフトが報道関係者向けに国内の中小企業への取り組みについて説明会を開催し、三つの注力分野を発表した。(2021/6/1)

バグ検出やREST APIファジング、数学的証明、AI言語モデル:
バグのないコードを作るにはオープンソースツールが役立つ、Microsoft Researchが紹介
Microsoft Researchはバグのないコードの迅速な作成を支援する目的で取り組んでいる4つのオープンソースプロジェクトの概要を紹介した。並列プログラムのバグを検出したり、クラウド向けにREST APIのファジングを助けたりするプロジェクトだ。(2021/6/1)

CO2分離・回収技術に2兆円基金 30年度実用化へ政府支援
 脱炭素社会に向けた機運が高まる中、政府は大気から直接、二酸化炭素(CO2)を分離・回収する「DAC」について関連技術の開発支援を進める。脱炭素技術開発などを支援する2兆円の基金を活用。温室効果ガス排出量を2013年度比で46%削減する目標期限の30年度までに、CO2濃度が10〜数%程度の大気からCO2を分離・回収する技術の実用化を目指す。(2021/6/1)

FAニュース:
TSMCが産総研内に評価用ライン構築、経産省の次世代半導体技術支援で
経済産業省は2021年5月31日、「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」の「先端半導体製造技術の開発(助成)」における実施者として、「高性能コンピューティング向け実装技術」に関するTSMCなど、5件の採択を決定した。(2021/6/1)

日立とVeeamが協業し、基幹システムのクラウド移行支援ソリューションを提供
日立はVeeamと協業して「仮想マシン移行ソリューション」の提供を開始した。クラウドと互換性がない仮想化ソフトウェアを利用する基幹システムをクラウドに移行する際の、移行方法の検討と移行作業を支援する。(2021/6/1)

製造ITニュース:
予兆検知や集団防衛技術を活用したセキュリティソリューションを発売
日立ソリューションズ・クリエイトは、IronNet Cybersecurityのセキュリティ製品を活用した「ネットワーク脅威検知ソリューション」を発売した。効果的なサイバー攻撃検出と、集団防衛による強固なセキュリティ対策を支援する。(2021/6/1)

コインチェック、国内初となるパレットのIEO 仮想通貨プロジェクトの新たな資金調達方法
コインチェックは5月31日、国内初となるIEOを今夏に実施することを明らかにした。Hashpaletteが運営する、NFTを使ったコンテンツ流通に特化したブロックチェーン「パレット(Palette)」のトークンを上場させ、ユーザーに対して販売することで、資金調達を支援する。(2021/5/31)

クラウドニュースフラッシュ
AWSジャパンが無料クラウド移行支援サービスを日本独自で開始 その狙いとは?
「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ」の提供開始やコンテナオーケストレーター「Kubernetes」の導入状況に関する調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを6つ紹介する。(2021/5/31)

斎藤工、地方シアター応援で“1週間全上映”の座席購入 「見た目も中身もイケメン」と粋な支援に称賛の声
かっこよすぎる……。(2021/5/30)

ビル・ゲイツが最も信頼した日本人:
マイクロソフト日本法人の初代社長・古川享が取り組む次世代支援 本格始動する「明るい大人の悪巧み団」とは?
マイクロソフト日本法人の初代社長であり、ビル・ゲイツが最も信頼した日本人の1人と言われている古川享氏。同氏は現在、起業などを志す若い人たちを支援したいとして、バーチャルな組織を立ち上げようとしている。構想しているのは「明るい大人の悪巧(わるだく)み団」。同氏が実現しようとしている次世代支援について聞いた。(2021/5/29)

手の動きで楽器の音色が変化する“装着型エフェクター” ソニーがクラファン開始
ソニーが、手を動かして楽器の音色を変化させられるウェアラブルデバイス「MOTION SONIC」を発表。開発資金を募るクラウドファンディングも同日に始めた。支援額は2万3900円から。(2021/5/28)

沖縄市、新型コロナワクチン接種支援ソリューションを導入 接種状況を一元管理
沖縄市は、新型コロナワクチン集団接種の円滑化に向け、SAPジャパンとクアルトリクスのソリューションを組み合わせた「ワクチン・コラボレーション・ハブ」を導入した。ワクチン接種の進捗状況や2回目の接種案内、副作用確認など、住民へのフォローまでを可視化して一元管理する。(2021/5/28)

最大15mの部材加工を実現:
PR:溶接工不足を解消、高精度3Dレーザー加工機による新工法が工期短縮を支援
建築ラッシュがいまだ続く中、コスト削減に向けた工期短縮が建築業界の共通課題となっている。一方で深刻さを増すのが、建築で不可欠な溶接工の人材不足だ。そうした中、溶接の工数を抜本的に削減する新たな工法が注目を集めている。(2021/6/1)

太陽光:
環境省が最大1億円の補助金、水上太陽光や自家消費型カーポートの導入に
環境省は2021年5月14日、自家消費型の太陽光発電を搭載した「ソーラーカーポート」などの導入を支援する補助事業の募集を開始した。企業向けの事業で、ソーラーカーポートの他、水上太陽光電設備、さらにこれらの設備と組み合わせる蓄電池の導入も支援する。(2021/5/26)

日本製の開発支援サービスも:
複数の量子コンピュータをAWSで使える Amazon Braketの現在地は
方式が異なる複数の量子コンピュータにクラウドでアクセスして従量課金制で使い分けられ、関連するアルゴリズムやソフトウェア開発支援サービスも使える――。そんなサービスをAWSが展開している。日本を含めた世界の最新スタートアップとも協業するというサービスの中身とは。(2021/5/25)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
レッドハットが車載ソフトウェア、車載Linuxの機能安全対応や保守管理を支援
Red Hat(レッドハット)が車載ソフトウェアに参入する。車載情報機器で採用拡大が見込まれる車載Linux向けに、開発ツールやコンポーネントを展開する。車載情報機器向けのOSはGoogle(グーグル)の「Android」と車載Linuxの2つが主流となっており、グーグルへの依存を懸念する自動車メーカーやサプライヤーが車載Linuxに注目している状況だ。(2021/5/25)

出前館、銀行や信用金庫と提携 地元飲食事業者向けの支援を開始
出前サービスを提供する出前館は、銀行や信用金庫と業務提携を締結したことを発表した。飲食事業者と強固な関係にある地銀、信用金庫に、出前館を紹介してもらうことによるビジネスマッチングを目的としている。(2021/5/24)

第2期がスタート:
「中小企業デジタル化応援隊事業」はDXを推進できるか
「中小企業デジタル化応援隊事業」、第2期というのがはじまるらしい。デジタル化を国からの中小企業へのデジタル化支援というのはこういうことなのだろうか。(2021/5/24)

組み込み採用事例:
産業現場支援向けスマートグラスに採用された、動画手ブレ補正技術
モルフォの動画向け手ブレ補正技術「MovieSolid」が、ウエストユニティスの産業現場向け次世代スマートグラス「InfoLinker3」に採用された。スマートグラスで見た現場映像の手ブレを補正し、遠隔から確認する管理者にも見やすい映像を届ける。(2021/5/24)

製造業のDXを推進する3つのコンサルティングサービスとは パーソルP&Tが提供
パーソルP&Tは、製造業のDX推進を支援するコンサルティングサービスを開始した。3種類のコンサルティングサービスで、サプライチェーンの最適化や経営判断の高度化、業務改善などを実現する。(2021/5/24)

業界動向:
空き家解体サポートサービス「くらそうね」を神戸で実証実験
クラッソーネは、兵庫県神戸市と協働し、Web上で全てが完結できる、空き家・古家などの解体工事の一括見積・契約・工事サポートサービス「くらそうね」により、神戸市内の空き家所有者を支援する実証実験に取り組む。(2021/5/24)

太陽光:
90km離れた太陽光発電の電力を自家消費、エコスタイルが自己託送支援を開始
エコスタイルは2021年5月14日、再生可能エネルギー事業や不動産事業などを手掛けるデベロップに、太陽光発電所の自己託送サポートサービスの提供を開始したと発表した。(2021/5/21)

ツイートへの共感度でマッチング “オタク”向けの婚活サービスが登場
サイバード(東京都渋谷区)は、ツイートへの共感度でマッチングする婚活支援サービス「Ring」のトライアル版をリリースしたと発表。18歳以上で、アニメや漫画、ゲームなどの“オタク趣味”を持つ人や、それを容認できる人が対象。(2021/5/21)

顧客ロイヤルティプログラム開発支援サービス「Loyalty Management」を国内でもスタート、SFDC
セールスフォース・ドットコムは顧客ロイヤルティーマネジメント製品「Salesforce Loyalty Management」の国内展開をスタートさせた。国内ではアクセンチュアと電通デジタルが顧客向けロイヤルティープログラムのアドバイスやソリューションも併せて提供する。(2021/5/21)

BIM:
DXを支援するインフラ施設データ管理クラウド「BIMSTOK」
アーリーリフレクションは、ファシリティマネジメントのDXを推進する、施設管理者向けBIM/CIM対応のインフラ施設データマネジメントクラウドシステム「BIMSTOK」を発表した。BIM/CIM Viewerを備え、情報の一元化と可視化が可能なクラウドシステムの開発を進めている。(2021/5/21)

走行ルート上の危険な場所を可視化:
自動運転走行における「走行前の事故予防や走行中の見守り」の支援サービスを損保ジャパンらが開発
損保ジャパンはアイサンテクノロジーやティアフォーと共同で「自動運転向けデジタルリスクアセスメント」を開発した。まずは、国が進める「未来技術社会実装事業」として選定された奈良県三郷町にサービスを提供する。(2021/5/21)

「ジャパンミラクル」を生んだ視点
元ネスレ日本の高岡氏が語る、中小企業がイノベーションを起こす方法
ネスレ日本社長に就任後、数々のプロジェクトを成功に導いてきた高岡浩三氏は、2020年に同社を退社した後、日本企業のイノベーション支援に尽力している。高岡氏が語る、日本企業がイノベーションを起こすために取り組むべきこととは。(2021/5/24)

自動運転技術:
モービルアイとZFの運転支援システムがトヨタで初採用、複数車種で搭載予定
モービルアイとZFは2021年5月18日(現地時間)、両社のカメラとミリ波レーダーを組み合わせたADAS(先進運転支援システム)がトヨタ自動車に採用されると発表した。モービルアイとZFがADAS関連でトヨタに供給するのは初めてだという。開発したADASはトヨタの複数の車両プラットフォームに搭載される。(2021/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。