ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「若者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「若者」に関する情報が集まったページです。

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
Z世代のことはコカ・コーラに聞け “炭酸離れ”をどう攻略?
コカ・コーラの成功を支える要因の一つが、卓越したマーケティング力。そんな同社の今日の課題はZ世代攻略です。Z世代は甘い炭酸飲料から遠ざかる傾向にあるといわれていますが、どのようなアイデアで若者のハートをつかもうとしているのでしょうか。(2024/6/15)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
Z世代も知らない「Instagram」「TikTok」の急所
若者向けSNSとして影響力が期待される「Instagram」ですが、実際には超強力なライバルの出現もあって、“映え”の度合いはやや下降気味との味方も……。かたや追撃する「TikTok」の側も、幾つかの課題を抱えているようです。(2024/6/8)

Social Media Today:
オワコンFacebookが若年層の間で再び支持を拡大しているって本当?
Facebookが「The Future of Facebook(Facebookの未来)」と題した文書を公開。若者との関係を再構築あるいは強化するために今後重要になるポイントについて語った。(2024/6/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
大失敗しない「部下の育て方」とは…… どうするこれからの大企業管理職
あまりにもホワイトな環境は、若者にとってかえって“ぬるい”と思われ、離職理由になっているという。成長したい若者と、育て方が分からない上司の間で、非常に不幸なすれ違いが生じている。(2024/5/23)

Netflix映画「よめぼく」、suisがカバーした「若者のすべて」が主題歌に 秋人の両親役に仲村トオル&大塚寧々
永瀬廉さん演じる秋人の両親役に仲村トオルさんと大塚寧々さん。いいキャスティングだ……!(2024/5/14)

その悩み、生成AIが解決:
部下に飲み会、どう誘えば嫌われない? ChatGPTの答えは
チームをまとめる中間管理職として、お互いを知るために飲み会を開きたいと考えているが、今の若者は職場の飲み会を避けたがるという話も耳にする。無理に誘って嫌われたくはないが、面と向かって本音を聞くのも難しい……。(2024/5/13)

大阪府堺市にドン・キホーテ上野芝店オープン 地域性に着目、若者向けトレンド商品を強化
ドン・キホーテは5月27日から、大阪府堺市の西友上野芝店内に「ドン・キホーテ上野芝店」をオープンすると発表した。(2024/5/8)

「新紙幣出てきたんだけど」 レジで“千円札”見た若者がポツリ→まさかの正体にショック広がる 「そうだよねえぇ」
出てきた旧紙幣がきれい……!(2024/5/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
原宿は若者と文化を取り戻せるか 新ランドマーク「ハラカド」に足を運んで分かったこと
原宿の新たなランドマークとして東急不動産がオープンした「ハラカド」。実際に足を運び、その魅力や注目のポイントを解説していく。(2024/5/5)

店頭での買い物 若者層がシニア層より困る割合が高いことは?
店舗集客や販促を目的とした企業のOMOアプリの開発やマーケティング支援を手掛けるアイリッジは「店頭お買い物体験に関する調査」を実施した。店頭の買い物で困ったことの1位は「レジ待ちの長さ」で、特に高齢男性に苦手な人が多かった。(2024/5/1)

Go AbekawaのGo Global!〜アンドリューさんFrom米国(後):
若者が今、経験していることは私たちが経験したものとは違っている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も前回に引き続き、Clarisでプロダクトマーケティングとエバンジェリズム担当ディレクターとして活躍するAndrew LeCates(アンドリュー・ルケイツ)さんにお話を伺う。引退を考える年齢になった現在においても、アンドリューさんは学びを止めない。その力の源は何なのか。(2024/5/1)

「らしくない」高級商品がズラリ! イオン「トップバリュ」の若者狙い撃ち戦略
イオンがPBで尖った商品を続々と発売している。いったいどのようなニーズを背景に、どんな商品を出しているのだろうか。(2024/4/29)

辞職の宮沢博行氏が利用?「パパ活アプリ」、専門家「若者はアプリで出会う時代」規制困難
衆院は25日の本会議で、自民党を離党した宮沢博行衆院議員の辞職を許可した。辞職の一因となったのが、宮沢氏が「パパ活アプリ」といわれる出会い系アプリを使い、若い女性と買春目的とも捉えられかねない交渉をしていたとの週刊誌報道だ。(2024/4/26)

「若い人が挑戦できる会社に」 CA出身、日本航空の鳥取三津子新社長 多様性を重視
社員が挑戦する風土を根付かせるには「私たち(経営陣)が失敗を受容したり、最後までサポートする姿勢が大切だ」と強調した。(2024/4/26)

TOP30社が気になる:
20代の社員が評価する会社はどこか? ランキングから見えてきた「3つ」の共通点
20代の若者は、会社のどういったところを評価しているのでしょうか。、「チームワーク」スコアが高い企業を調査したところ、3つの共通点が浮かんできました。(2024/4/16)

日本人の7割が「静かな退職」状態:
「必要以上に頑張らない」は悪いこと? 熱意あった若者がやる気をなくすワケ
退職するわけではないけれど、仕事への熱意も職場への帰属意識も薄い――という状態が「静かな退職(Quiet Quitting)」が注目されている。日本においても、会社員の7割以上が静かな退職状態だという調査結果がある。やる気をもって入社した若者たちが静かな退職を選ぶことを防ぐにはどうしたら良いのか、考えてみよう。(2024/4/15)

ゴミだらけの川に若者たちが集まって…… 早朝に行われた清掃ボランティア活動に「信じられないほど素晴らしい」の声
汚かった川が流れを取り戻しました。(2024/4/15)

“適職診断”の「芸術家タイプ」に囚われる若者たち 負の風潮なぜ……? 識者が鳴らす「警鐘」
「芸術家タイプ」負のイメージはなぜ広がったのか。(2024/4/27)

ITmedia Mobile読者に聞く:
LINEやメッセージの最後に「。」を付けますか?
ニュースサイトで時々目にするのが、LINEで文章の最後に「。(句点)」を付けるかどうか問題。大人世代は「。」を付ける人が多いが、若者世代は「。」を付けない人が多い傾向があるようだ。ITmedia Mobile読者の皆さんは、LINEやメッセージの最後に「。」は付けますか?(2024/4/2)

QAで解説:
採用を頑張っても若手がどんどん辞めていく……企業が今すぐ確認すべき3つの要素
せっかく新卒採用を頑張っても、若手がどんどん辞めてしまい困っています。待遇も悪くないと思いますし、なぜこんなに離職が多いのか分かりません。若者の早期離職は、どうやったら止められますか?(2024/3/28)

「京都版シリコンバレー」の足がかりへ、住友不動産が起業家支援の新オフィス
京都・四条河原町にある商業施設「京都河原町ガーデン」に4月1日、起業家らを支援するインキュベーションオフィスがオープンする。安価な賃料でオフィスが利用できるほか、「学生の街」京都の特性を生かしたサービスも展開。企業誘致や人材確保を支援しながら、若者の流出という京都市特有の課題にも挑む。(2024/3/27)

素材/化学メルマガ 編集後記:
働き方が多様化する現代で正社員の価値について考える、若者もやっぱり安定に喜び
4月と言えば入社式。そんな時期に改めて正社員のメリットについて考えてみました。(2024/3/25)

携帯キャリアが“電話が苦手”を応援 LINEMOが異色のプロモーション
ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO」が、電話が苦手な若者を応援するプロジェクト「#電話が苦手です」を3月16日に開始。3月21日から24日には渋谷PARCO前に巨大なスマホオブジェクトを設置。電話が来るとそわそわしてしまう気持ちが理解できる仕掛けを用意した。(2024/3/21)

最低限しか働かない若者が増加:
「静かな退職」どうなくす? 9割「働きがい」感じるタイミーの事例から分かること
仕事に全力投球せず、必要最低限の業務だけをこなす働き方である「静かな退職(Quiet Quitting)」が、若者を中心にじわじわと広がりつつある。若者は何をきっかけに、どのような心理で、静かな退職を選択したのだろうか。また静かな退職を食い止めるために、企業にできることはあるのか。(2024/3/6)

「K-POPがこのレベルまで来た」「全世界の若者たちが一緒に楽しめる段階へ」 J.Y. Parkがコカ・コーラとのビッグコラボをねとらぼに語る
J.Y. Parkさんが「K-POPの影響力と進化」について語ってくれました。(2024/3/3)

東京都がスタートアップの支援拠点を開設 現地は若者で賑わい 実際に行ってみた【写真あり】
東京都が、千代田区にスタートアップ支援拠点「Tokyo Innovation Base」をオープンした。起業を目指す若者がたまり場にできるスペースなどを備える。2023年11月にプレオープンしており、イベントがある日に開いていたが、2月15日からは毎日開放する。(2024/2/15)

NEWS Weekly Top10:
NHK時計のアプリは「ひどすぎる」? これぞ“ジェネレーションギャップ”か……
若者世代によるXへのこんな投稿が話題になった。「NHKの時計アプリ見つけたんだけど酷すぎて泣いてる今」。「NHK時計」は2009年にNHKが初めて出したiOSアプリだ。その存在を懐かしがる昭和世代との反応にジェネレーションギャップが生じている。(2024/2/13)

“マルハラ”に対して俵万智さんが一句 「句点を打つのも、おばさん構文と聞いて」 Xでは称賛の声
歌人の俵万智さんが読み上げた“マルハラ”についての短歌がX上で話題だ。マルハラとは、中高年から受け取ったメッセージが句点で終わっていると、若者は距離感や冷たさを感じて恐怖を抱く──というもの。一部メディアが報じ、議論を巻き起こしていた。(2024/2/8)

文末の句点に恐怖心? 若者が感じる「マルハラスメント」 SNS時代の対処法は
LINEなどSNSで中高年から送信される「承知しました。」など文末に句点がつくことに対し、若者が恐怖心を抱く「マルハラ(マルハラスメント)」が注目されている。専門家は、メールに長く親しんできた中高年とSNSを駆使する若者との間をめぐり、SNS利用に対する認識の違いが影響していると指摘する。(2024/2/6)

「マッチングアプリ」台頭で苦戦 結婚相談所の倒産増加、過去最多に 帝国データ調査
2023年の結婚相談所の倒産件数が初めて10件を超え、過去最多を更新したことが、帝国データバンクの調査で分かった。若者の結婚願望の減退や晩婚化の広がりに加え、オンライン上で恋人や結婚相手を探す「マッチング(婚活)アプリ」の台頭が一因とされており、相談所が結婚相手を紹介するスタイルが過渡期に至ったことを象徴している。(2024/2/6)

“キラキラ若手”が会社を辞める3つの要因
就業者の幸せな活躍にとって重要な社会へのエンゲージメントを「ソーシャル・エンゲージメント」という。このソーシャル・エンゲージメントという概念を用いながら、若者の仕事意欲の低下や離職リスクなどについて解説する。(2024/2/6)

モス、約130万食売れた「とり竜田バーガー」に新作 韓国料理モチーフで若者需要を狙う
モスフードサービスは2月7日から、「辛旨ヤンニョムのとり竜田バーガー 〜なめらかチーズソース〜」を期間限定で発売。同時に「和風旨だれのとり竜田バーガー 〜くし切りレモン添え〜」も復活販売する。(2024/2/5)

関東の私鉄沿線格差:
学生や若者が住みやすい路線はどこか 通うのに便利で家賃が安いところ
学生や若者が住みやすい路線はどこか。通うのに便利で、かつ繁華街などにもアクセスしやすい路線が挙げられるが、代表的な路線は……。(2024/2/3)

1回で水菜15万円分が全滅…… 平均年齢26歳の若者農家、自然の厳しさを乗り超える姿に「負けないで」「リスペクトしかない」
野菜を育てる大変さが分かります。(2024/2/1)

磯部孝のアパレル最前線:
“パクリ疑惑”続出のSHEINを、なぜ日本の若者は支持するの? ユニクロが訴訟を起こした根本的理由
ユニクロは1月16日、模倣商品の販売停止などを求めて、SHEINブランドを展開する3社を提訴したと発表した。パクリ騒動が後を絶たないSHEINはなぜ、若者に支持され続けているのか。(2024/1/31)

データに隠された真実:
県外に出た高卒生はどこへ行くのか 毎年「社会現象」が起きている
高校を卒業して県外に進学、就職する若者たちは、どこへ向かっているのでしょうか。(2024/1/27)

Meta、InstagramとFacebookで若者保護を強化 有害コンテンツを自動的に制限
Metaは、InstagramとFacebookでの十代の若者保護を強化すると発表した。自傷行為などの有害コンテンツを検索できなくなり、フォローしている相手の投稿でも有害コンテンツは表示されなくなる。(2024/1/10)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

“路上の伝説”朝倉未来が映画化 樹林伸、三池崇史監督ら参加の「蒼き路上の伝説」で本人役出演
若者がBreakingDownへの出場を目指す青春ストーリーとなっているもよう。朝倉さんは若者に影響を与えた存在として描かれるようです。(2023/12/31)

2023年の好きなテレビ番組 『どうする家康』『水曜日のダウンタウン』を抑えた1位は?
若者のテレビ離れが進む中、2023年人気を集めたテレビ番組とは。クロス・マーケティング(東京都新宿区)が調査を実施した。(2023/12/31)

「缶コーヒーを飲まない若者」に人気のボス缶 なぜ「2カ月で2000万本」も売れたのか
2023年3月発売の「ボスカフェイン」の販売が好調だという。「カフェインを摂取できる」ことを打ち出すパッケージが、なぜ「缶コーヒーをあまり飲まない若い人」をターゲットに好調な売れ行きを示しているのか。(2023/12/26)

コロナ以降「採用要件を緩和」企業の52.8% メンタルに疾患抱える応募者増加で
レバレジーズは中途採用担当者330名を対象に、若者の採用意欲に関する実態調査を実施した。(2023/12/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
自ら“窓際社員”になる若者──「静かな退職」が増えるワケ
最近の若い人たちは、人生設計がしっかりしている。しかし、仕事のプライオリティは確実に下がっている──。そんな悩みを、リーダー職に就く方々から聞くことがよくあります。米国では「必要以上に一生懸命働くのをやめよう」という「静かな退職」が話題になりました。なぜ、このような現象が起きるのか、そしてマネジャー層はどのように対応すべきなのか。健康経営学者の河合薫氏が解説します。(2023/12/22)

“絶対に帯コメントを書かない”小説家が初めての帯コメントを書いたワケとは…… 心温まるエピソードに「アツい展開」「不覚にも泣いた」
真剣な若者への面倒見が良いことで知られる小説家、屋久ユウキさんのエピソード。(2023/12/20)

SNSから人気拡大、ニトリ「スマホ毛布」 若者向けに開発も、意外なユーザーから支持
電気代の高騰による節約意識の高まりから、消費電力が大きいエアコンを使用しなくても温かくなれる商品が注目を集めている。こうした節電ニーズとスマホを組み合わせて生まれたのが、ニトリの「スマホ毛布」だ。(2023/12/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下を育てる、Z世代攻略コミュニケーション法
「最近の若者は」と言っていても始まらない人材育成。若手人材からの不満の声と企業からの求める声。ここに人材育成のヒントがある。(2023/12/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
若者こそ「忘年会したい!」 それでも昭和の上司が勘違いしてはいけないワケ
「忘年会に参加したい派」の割合が最も多いのは20代──そんな驚きの結果が、Job総研の調査で明らかになった。コロナ禍の影響で「人と会って話したい」欲望を持つ若者が増えているようだ。しかし、何のためにどのような忘年会をやるのか、部下とどのようにコミュニケーションすべきかについて、気を付けるべきこともあって……。(2023/12/8)

Z世代200人に聞いた:
「盛れないから人気」は間違い? SNS「BeReal」流行の本当のワケは……
BeRealが流行したのは「盛れないからではない」と考えるZ世代(大学生)が8割に上ることが、新卒採用支援事業を手掛けるRECCOO(リクー、東京都渋谷区)の調査で分かった。若者が考える、BeReal流行の本当の理由とは――。(2023/12/7)

働き方の「今」を知る:
「最近の若者は……」と突き放す上司は淘汰される、これだけの理由
上司と部下はいつの世代も分かり合えないのが世の常だ。しかし「若者世代はよく分からない」といって、部下とのコミュニケーションを放置するような上司や先輩は、どんどん淘汰されていく可能性が高い。なぜかというと……。(2023/11/21)

23年メンズトレンド調査:
「ポケモンスリープ」「原神」を超えた、若者に最も人気なゲームは?
SHIBUYA109エンタテイメント(東京都渋谷区)とマンダム(大阪府大阪市)の共同調査によると、Z世代男子が最もお金をかけていることの1位は「ゲーム」となったことが明らかになった。Z世代はゲームに何を求めているのか。(2023/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。