ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「若者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「若者」に関する情報が集まったページです。

若者向けモバイルノートPC「LIFEBOOK CH」に直販限定のCore i7モデルが登場 Evoプラットフォーム準拠
富士通クライアントコンピューティングが2020年冬モデルとして発売した「LIFEBOOK CH」。夏商戦に向けて、直販限定でスペックを底上げしたモデルが登場する。合わせて、店頭販売限定だった「モカブラウン」ボディーを一部の直販モデルで選択できるようにする。(2021/6/16)

コロナ疲れがコロナ慣れを引き起こす?:
コロナ疲れ調査 7割の若者がコロナ禍のストレス発散に「お金使う」
養命酒製造が「コロナ疲れ」調査を発表した。若者世代、リタイア世代ともに長期化するコロナ禍に疲弊していることが分かった。またコロナ慣れを感じている人も両世代ともに5割を超えた。コロナが日本で蔓延してから1年以上が経過しているが現在のコロナ疲れの要因は?コロナ慣れと疲れの関係性は?コロナ禍でのストレス発散に若者、リタイア世代はいくら使っているのか?データをもとに見ていこう。(2021/6/15)

若者の「テレビ離れ」は衝撃的か? 調査データから見える、今どきの若者の生活習慣
「何をいまさら」との声が多かった、若者のテレビ離れの調査結果。その元データに当たってみた。(2021/6/14)

英政府がマッチングアプリと連携 「ワクチン接種済」示す機能
英政府は7日、マッチングアプリを運営する企業と提携し、新型コロナワクチンを接種したことをアプリ上で表示する機能を加えると発表。若者を対象とした接種が本格化することを受け、ワクチンの接種を促す。(2021/6/9)

楽天ブックスのデータから:
「お金・投資」の本を購入する若者が急増 売れ筋は?
お金・投資関連の本を購入する若者が増えている。どんな本が売れているのか。「楽天ブックス」ユーザーの購買データをもとにランキングを作成。(2021/6/8)

コロナ禍で若者の孤独感につけ込むカルト SNSで勧誘行為
コロナ禍で自粛生活が長引く中、孤独感を抱える若者を狙い、カルトがSNS上で勧誘に動いている。オンラインでの授業が続き、孤立しがちな大学生が狙われやすくなっており、専門家は「カルトの危険性を改めて周知していく必要がある」と警鐘を鳴らしている。(2021/6/1)

ビル・ゲイツが最も信頼した日本人:
マイクロソフト日本法人の初代社長・古川享が取り組む次世代支援 本格始動する「明るい大人の悪巧み団」とは?
マイクロソフト日本法人の初代社長であり、ビル・ゲイツが最も信頼した日本人の1人と言われている古川享氏。同氏は現在、起業などを志す若い人たちを支援したいとして、バーチャルな組織を立ち上げようとしている。構想しているのは「明るい大人の悪巧(わるだく)み団」。同氏が実現しようとしている次世代支援について聞いた。(2021/5/29)

社長「なぜパワハラしてはいけないんでしょう?」 新人研修での教えを描いた漫画に「素敵」「見習いたい」
いつかは若い人に追い越される。その時、大切になるのは……。(2021/5/23)

世間にうとい若者:
「闇バイト」はドロ沼への入り口
世間にうとい若者は、「悪党が弱者を食い物にする」構図が社会にまん延していることを知らない。そして経済的に困窮すると、「自分だけは大丈夫」「今回だけだから」と自分に言い聞かせて「危ない橋」を渡ろうとする。そんな自分勝手な思い込みを狙っている連中におびき寄せられては身の破滅だ。(2021/5/15)

若者たちの間で評判:
ラピュタ感がすごい! 滋賀の山中にそびえる「謎の廃墟」、正体は?
琵琶湖の北東部、滋賀県長浜市の山中に、古代遺跡を思わせる謎めいた建造物がそびえ立っている。草木に覆われ朽ちていく風情がコスプレイヤーの若者たちの間で評判を呼び、隠れた人気スポットとなっている(2021/5/12)

Weekly Memo:
「日本の若者を“負け組”にしたくない」 IBMと関学大、AI人材育成プログラムに込めた意欲と危機感の理由
関西学院大学が、日本IBMと共同開発した「AI活用人材育成プログラム」を外部にもオンラインで提供すると発表した。ポイントは文系、理系を問わず「AIを“活用する”人材」を育成することだ。関係者が語った内容や背景には、日本社会に対する危機感が現れていた。(2021/5/10)

磯部孝のアパレル最前線:
渋谷に異変? イケアやダイソーの出店で「ファッションの街」に何が起きているのか
若者の街として長く親しまれている東京・渋谷の景色が大きく変わろうとしている。ファッション文化を輩出してきた街に今、何が起きているのか……(2021/4/30)

今なぜ若者がインデックス投資? 流行の陰につみたてNISAとYouTuber
一昔前までは、株式投資といえば上がりそうな銘柄を探してそれを買うというイメージが強かった。しかし今、若者の間でインデックス投資が流行している。ではなぜ、インデックス投資が盛り上がっているのだろうか。(2021/4/23)

「20代の手みたい」「指がキレイすぎ」 デヴィ夫人、“81歳”とは思えない両手ショットに驚きの声
若者の手だ。(2021/4/22)

ECはリニューアルで売り上げ200倍:
なぜオリオンビールはアルコール度数「9%」を止めて「2%」の商品を首都圏でも発売したのか
キリン、アサヒ、サントリー、サッポロ。国内ビール市場トップ4社だ。では5位はどこだろう。それがオリオンビールだ。若者のアルコール離れが叫ばれる中、国内シェア約1%の地方発ビール会社は新たな飲酒文化の創造に向けた挑戦を続けている。(2021/4/1)

「TikTok」は未成年でも安心して使える? バイトダンスが“最重要事項”に掲げる施策
短尺の動画を投稿するコミュニケーションサービス「TikTok」は、若者を中心に日本でも人気だ。提供元のバイトダンスは、安心安全のための施策を最重要事項に位置付けている。若年層がトラブルに巻き込まれないようルールを整備し、人気クリエーターと協力して啓発動画も作成している。(2021/3/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「貝独楽」
若い人でも1回くらいは遊んだことがあるのでは。(2021/3/24)

益若つばさ、久々白ギャルメイクに「『ただいま! おかえり!』って感じですか?」 外見そのままも若者言葉は分からず
益若さん「顔面FFって何よ?」。(2021/3/23)

Instagram、悪い大人から若者を守る複数の新機能 「保護者のためのガイド」も
Facebookが、若いユーザーが多い傘下のInstagramで若者を守るための複数の新機能を発表した。大人から若者へのDMを制限したり、年齢詐称をAIで検出する機能などだ。(2021/3/17)

姿消す長寿番組「とくダネ」「メレンゲ」 視聴者の若返り課題
 平成元年から続いてきた日曜昼の情報番組「噂の!東京マガジン」(TBS)や11年スタートの朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ)などの長寿番組が、今年度で相次いで地上波から姿を消す。背景には長引く新型コロナの影響に加え、番組づくりや視聴環境の変化がある。若者のテレビ離れが指摘される中、各局は視聴者から一定の支持を得てきた番組を変えてでも、若い層の取り込みに注力する考えだ。(道丸摩耶)(2021/3/11)

磯部孝のアパレル最前線:
空き店舗が目立つ”裏原宿”で「古着屋さん」が増加? 若者の間でブームが起こるワケ
今、若者達の間で「古着」が再注目されている。民間調査会社の調べによれば2019年度の国内ファッションリユースの市場規模は、前年比16.1%増の7200億円まで成長しているそうだ。(2021/2/24)

人材に関する4つの誤解とは:
「若者は業務よりプライベートを重視する」は間違い? ガートナーが人材の新常識を発表
ガートナー ジャパンは、日本のCIOが押さえておくべき人材の新常識を発表した。日本のCIOに対して、「日本企業の従業員は1社で長く働くことを好む」など人材に関する認識が誤解だと指摘し、新たな常識を基に時流に即した人材戦略を推進すべきと主張している。(2021/2/16)

安易に加担、大きい代償 SNSの“闇バイト”で捨て駒にされる若者たち
SNSの「闇バイト」に応募し、新型コロナウイルス対策の持続化給付金100万円を詐取したとして無職の少年が逮捕された。捜査幹部は「一度闇バイトに応募すると抜けられなくなり、使い捨てにされ逮捕される」と注意を呼びかけている。(2021/2/10)

55万人超えの申し込み:
ソフトバンク、KDDIとの頂上決戦  NTTドコモの新プラン「アハモ」担当者に狙いを聞いた
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク。携帯大手3社のスマートフォン利用料の値下げ案が出そろった。3月から新しい料金体系による販売競争が始まる。ドコモが2020年12月に若者をターゲットに打ち出した新料金プラン「ahamo(アハモ)」は、発表後1カ月で50万人以上が申し込むなど注目を集めている。「アハモ」のサービス設計者らにインタビューして狙いを探ってみた。(2021/2/4)

【新連載】デジタルネイティブの「今」:
デジタルネイティブとDX コロナ禍を過ごした「未来の顧客」を理解するヒント
「イマドキの若い人」の行動・心理が分からない――。ジェネレーションギャップに悩むマーケティング管理職でも最低限押さえておきたいポイントを、電通デジタルのデジタルネイティブ専門チームが解説します。(2021/2/2)

若者を支援するキャリアコンサルタント、IT業界に関する知識不足が7割
若者を支援するキャリアコンサルタントなど626人を対象に、IT業界への理解度について調査した。(2021/2/1)

ニッセイ基礎研究所の調査:
テレワークは若いほど積極的、高齢者ほど消極的 年代別の働き方
ニッセイ基礎研究所の調査によると、テレワークの利用は、デジタルネイティブ世代の多い若者ほど積極的で、デジタルイミグラント世代の多い高年齢ほど消極的という結果に。(2021/1/29)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
“魅力的な実店舗”がビジネスを変える、オンライン時代の流通企業の在り方とは
近年、多くの流通企業がオンラインでの購買体験の向上に取り組んでいるが、意外なことに若者世代の中には実店舗への強いニーズもあるという。このニーズを捉えるためには、魅力的な実店舗づくりを可能とするエッジソリューションが必要だ。(2021/1/19)

若者向けモバイルPC「LAVIE N12」が登場 家庭向け「LAVIE N14」「LAVIE N15」も新モデルに Tiger Lake搭載
NECパーソナルコンピュータのスタンダードノートPC群に第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載するモデルが登場する。いずれも若年層を意識しており、シンプルなデザインが特徴となっている。(2021/1/19)

マッチングアプリ成否の分かれ道 話が弾み共通の趣味も合い実際に会えても……
かつては偏見を持たれたインターネット経由の恋愛も、若者を中心に浸透しつつある。趣味をきっかけに知り合った人と結婚までこぎ着けたケースもあるが、中にはトラブルになってしまう人もいる。(2021/1/18)

買い物のスタイルも明らかに:
18〜20歳が望む「生活スタイル」ランキング 「自分磨きやチャレンジ」を押しのけて上位に入ったのは?
18〜20歳の男女600人に「若者のライフスタイルに関するアンケート調査」を実施。悩んでいること、望む生活スタイル、買い物への考え方などが明らかになった。(2021/1/11)

テレビ業界、コロナ禍で広告収入が激減…… 動画サービスとの共存探る
テレビ各局の広告収入がコロナ禍で激減している。視聴者のテレビ離れが進み、若者はYouTubeなどSNSへの依存が増している中、各局はNetflixやAmazon Prime Videoなどの新興メディアとの共存を画策している。(2021/1/8)

救世主:
”条件外の人”でも運命を感じた! 政府支援の「AI婚活」、その実力は?
「彼氏や彼女がいない人が増えている。若者の間で草食化が進んでいる」――。このような声が広がるなか、AIやビッグデータを活用して、政府は婚活支援事業に取り組むという。すでにAIマッチングを導入している自治体では、どのような”結果”が出ているのだろうか。取材したところ……。(2020/12/26)

「40代の悩み」に絞った戦略で売り上げ2倍に マンダム「ルシード」ブランドの挑戦
化粧品大手のマンダムが40代男性に向け展開する「ルシード」ブランド。かつては若者向けのブランドだったが時代の流れから売り上げが低迷。回復への起爆剤として同社が取り組んだのが40代をターゲットにした戦略だった。(2020/12/18)

最長で2年間勤務:
淡路島で週30時間働いて給与は月額16万6000円 パソナ、緊急雇用「1000人」計画を発表
パソナグループはコロナの影響で働く場所を見つけられなかった若者の支援策を打ち出した。最長で2年間、契約社員として淡路島で働く。どういった内容なのか。(2020/12/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
収入減少、内定率悪化…… コロナで顕在化「若者が生きづらい」社会の希望なき未来
コロナ禍で若者の生きづらさが顕在化している。失業率は若者ほど上昇、収入も減少、就職内定率も悪化している。そもそも日本はずっと賃金が増えていない。おカネがないと、困難に対処するリソースも得られない。若者の雇用や生活支援にもっと向き合うことが必要だ。(2020/12/11)

石野純也のMobile Eye:
ドコモの激安「ahamo」で携帯業界に激震も、“料金プラン”扱いには疑問
ドコモは若者をメインターゲットに据えた「ahamo(アハモ)」を発表。料金は、20GBのデータ容量に5分間の通話定額が付いて月額2980円(税別)と、他社より低い水準の料金を打ち出した。同じ2980円の楽天モバイルよりも優位性は高い。一方、既存ドコモユーザーの移行は限定的とみられる。(2020/12/5)

ドコモの「ahamo」はサブブランドではなく“若者向けメインプラン” 井伊新社長が語る狙い
ドコモが2021年3月から月額2980円の新料金プラン「ahamo」を提供する。このahamo、まず疑問に思ったのが「サブブランドなのか?」という点だ。井伊社長は「サブブランドとは呼ばすに、20代のメインプランとして打ち出した」と説明する。(2020/12/3)

数百万人が利用のポイント運用 若者の投資の入り口に
ポイントの存在感が増している。ポイントは、次の決済の際に割り引きとして使用できるだけではない。若者を中心に存在感を増しているのが、ポイントを使った疑似投資、ポイント運用だ。(2020/11/28)

軽い気持ちで:
給付金の不正受給とGo To イートの「錬金術」の根は同じ
コロナ禍で繰り返される「火事場泥棒」的な行為は反社会的で浅ましいものなのに、若い人たちがよく考えもせずに軽い気持ちで手を染める風潮こそが恐ろしい。そこには「おカネを稼ぐ」ことの意味合いを十分に理解できていない幼稚性が見える。(2020/11/19)

若者が語る低価格コンピュータの重要性
Raspberry Piが育んだ15歳の企業家の夢
Raspberry Piの誕生から8年。この低価格コンピュータを手にした子供たちの中から企業家が生まれ始めている。15歳の若者が語る取り組みと将来の夢、低価格コンピュータがもたらす可能性とは。(2020/11/6)

「Instagramで調べもの」「いいねはせず、とりあえず保存」 デジタルネイティブ世代は何を使って情報収集している?
SNSで情報を集めている若者が多いようです。(2020/10/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

「恩を仇で返しに来たの?」 助けた鶴のヒナが女の子になってやってきた漫画が思わぬハッピーエンド
若者と鶴が幸せそうでなにより。(2020/10/1)

定年延長など、高年齢者の雇用拡大政策は新卒採用にどのような影響を与えるだろうか?
新型コロナウイルスの影響で今後景気が後退すると、高齢者と若年者の間の雇用は代替性が強くなる可能性が高まり、高齢者の就業により若者の採用が抑制される「置き換え効果」が起きる恐れがある。(2020/9/29)

「あの、あれあれ……何だっけな」:
「記憶に頼らなくて済むプログラム」なら若者と中高年で理解能力は変わらない 近畿大学の研究グループが調査
近畿大学の角田雅照氏(理工学部情報学科 准教授)らの研究グループは、ソフトウェア技術者の能力と加齢との関係について調査した。加齢によって記憶力が低下するため、記憶に頼るプログラムでは理解するのにより多くの時間がかかるとしている。(2020/9/18)

今後はどうなる?:
なぜ? デジタル世代で「キャッシュレスより現金」が多数派 人気のキャッシュレス決済も判明
SHIBUYA109エンタテイメントが若者の決済動向に関する調査結果を発表した。意外にも、デジタル世代で現金派が多いことが明らかになっている。いったいなぜなのだろうか。若者に人気のキャッシュレス決済も明らかになった。(2020/9/16)

「若者の政治無関心、悪いことではない」「SNS上の批判、対処法は……」――麻生副総理がN高で講義
麻生太郎副総理が、通信制高校「N高等学校」が設立した「N高政治部」の授業に登壇。生徒に向けて講演し、「若者が政治に関心がないことは、悪いことではない」などと発言。SNS上の批判への対処法にも触れた。(2020/9/9)

米国、欧州でも暗号資産取引ユーザーは20代中心に bitFlyer
若者の間で暗号資産(仮想通貨)に関する関心が高まっているようだ。暗号資産取引所大手のbitFlyer(東京都港区)が行った調査によると、日本だけでなく、米国、欧州でも、新規口座開設者の年代で、最も多かったのは20代だった。(2020/9/7)

初のRTD:
「いいちこ」ブランド初の缶入りハイボールが登場 「主要顧客が50代以上」を打破
「いいちこ」ブランド初となる缶入り焼酎ハイボール「いいちこ下町のハイボール」が登場。麦焼酎のいいちこは主要顧客が50代以上だが、若者と潜在層を開拓できるか。(2020/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。