ドコモの冬モデル、一番人気は?──903iシリーズ企画端末ほか編

» 2007年01月18日 21時08分 公開
[ITmedia]

 14機種を発表したNTTドコモの冬モデル(2006年10月の記事参照)。前回の調査リポートでは903iシリーズに絞り、ユーザー投票の結果を発表した(2006年12月の記事参照)。

 今回は残りの端末――HSDPA対応機「F903iX HIGH-SPEED」「P903iX HIGH-SPEED」、ワンセグ対応機「D903iTV」「P903iTV」「SH903iTV」、SIMPUREシリーズ「SIMPURE L1」「SIMPURE N1」、無線LAN機能を強化したビジネス携帯「N902iL」の人気を見ていこう。

photo

 シャープ製のSH903iTVが、全体の50%というダントツの支持を得て1位を獲得した。他キャリアでも同社の薄型テレビ「アクオス」の技術を生かしたワンセグ端末が人気を博しているが、ドコモでもそれは変わらなかったようだ。

 次いで2位にP903iTV、3位にD903iTVとワンセグ端末が続く。発売日が確定していない903iTVシリーズではあるが、注目度は高いだけに一刻も早い発売が待たれる。なお、1月16日に行われたドコモの2007年春モデル発表会では、新たに「SO903iTV」(発売は6月を予定)が発表されている。

 903iシリーズの企画端末以外では、SIMPURE L1が1%、SIMPURE N1が2%、N902iLが1%と振るわず。SIMPURE N1は、約88グラムの軽量ボディや抗菌仕様など、魅力の多い端末ではあったが、当初“海外でもそのまま使える低価格な端末”をうたっていたSIMPUREシリーズにありながら、国際ローミングサービスに対応しなかったことが、票の伸び悩みにつながったと予想される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー