レビュー
» 2008年11月20日 13時05分 公開

2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(ヘッドセット編)バイヤーズガイド(3/11 ページ)

[坪山博貴,ITmedia]

ベーシックなヘッドセットスタイル、操作性や通話も大きな不満がない──ソフトバンクセレクション「SBS-BT2010」

photo ソフトバンクセレクション「SBS-BT2010」(Jabra製)。インナーイヤー型イヤーピースとイヤーフックを備えるBluetoothヘッドセットの標準的なスタイル。中央のフックボタンで、その左右がボリュームボタンになっている

 ソフトバンクセレクション「SBS-BT2010」は、ハンズフリー通話用に特化したベーシックな仕様とデザインを採用するモデルだ。着脱式イヤーフックを備え、左右どちらの耳にも優しく装着できる。なお、ボディにあるロゴでも確認できるが、SBS-BT2010はJabra製の「BT2010」と機能はほぼ同じのようだ。

 ボディの前面にフックボタン、それを囲むように2分割されたボリュームボタンが備わる。耳に装着しながら操作すると、ボリュームボタンがやや硬めなのが気になった(操作できるまで押すと、少し耳が痛くなる)が、こちらは個体差かもしれない。通話品質はBluetoothヘッドセットとしてベーシックな機能を持つモデルとして平均的で、大きな不満は感じない。

 本体の充電端子はMini USB形状で、付属するACアダプタのコネクタもMini USB オス形状。市販のUSB充電ケーブルを用いてPCのUSBポートなどからも充電できる。


photophoto 着脱式イヤーフックを反転させることで、左右どちらの耳にも装着できる(左)。付属するACアダプタのコネクタはMini USB形状。本体にそのまま接続して充電できる(右)

主なスペック
製品名 SBS-BT2010
メーカー ソフトバンクセレクション(ソフトバンクBB)
製品形態 ヘッドセット(インナーイヤー)型
装着スタイル 片耳
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 22×50×24ミリ
重量 約11グラム
連続通話時間 約7時間
連続音楽再生
連続待受時間 約200時間
充電時間 不明
充電端子(USB充電) Mini USB形状(○)
Bluetoothバージョン v2.0
HSP(音声通話)
HFP(音声通話)
A2DP(音楽再生)
AVRCP(楽曲・ワンセグ操作)
ワンセグ音声出力(SCMS-T)
ステレオ音声出力
マルチポイント接続
ノイスリダクション系機能
通信可能距離 半径約10メートル(Class 2)
イヤフォン接続(3.5ミリステレオミニジャック)
イヤーピースカバー
イヤーフック
ヘッドバンド
その他機能、特徴 Mini USB形状のACアダプタが付属
カラー ブラック+シルバー
+D Shopping最安値
(2008年10月末現在)
(“前後”とある項目は調査時取り扱いがなく、参考価格です。価格は変動します)
4053円


ソフトバンクセレクション

 ソフトバンクBBが他社製品を再パッケージし、ソフトバンクブランドで販売する製品シリーズ。ソフトウェア携帯アクセサリー類を多彩にそろえ、海外メーカーの製品でも入手性が容易なのが特徴の1つ。携帯アクセサリーは今回のBluetooth製品以外に外部スピーカーやイヤフォン、メモリカード、保護シート、ケース、充電器、iPhone 3G用アクセサリなども用意する。ちなみにBluetooth製品は、ソフトバンクモバイル端末だけでなくドコモやau端末での動作確認情報などもきちんと公開されている。




小型ながら操作しやすいベーシックモデル──モバイルキャスト「mArrow(MP210)」

photo モバイルキャスト「mArrow(MP210)」。つや消し塗装が施された小型ボディが特徴。機能そのものはベーシックだ

 モバイルキャストのスタンダードなスタイルのモデルが「mArrow(MP210)」だ。一見、幅広いボディのようだが、重量10.5グラムという値が示すように、かなりコンパクトに仕上がっている。

 2軸式イヤーフックは自在に角度の調整が可能で、耳に違和感なく装着できる。ボリュームボタンがボディの両側面に配置してあるので、通話中のボリューム操作も間違いなく行えるのがよい。

 付属するACアダプタは、先がUSBのメス端子になっている。ここに付属するUSB充電ケーブルを接続して本体を充電する仕組みだが、(もちろん保証外となるが)汎用のUSB充電器としても利用できそうだ。


photophoto イヤーフックは2軸で回転する。上面にストラップホール、側面にボリュームボタンが備わる。充電コネクタはMicro USB形状となる(左)。イヤーフックは着脱可能。イヤーピースはほどよく柔らかく、交換用として同サイズものが3つ付属する(右)
photo 充電用のACアダプタはUSBメスコネクタを備える独特のもので、付属するUSB充電ケーブルと組み合わせて使用する

主なスペック
製品名 mArrow(MP210)
メーカー モバイルキャスト
製品形態 ヘッドセット(インナーイヤー)型
装着スタイル 片耳
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 28×51×25.5ミリ
重量 約10.5グラム
連続通話時間 約8時間
連続音楽再生
連続待受時間 約190時間
充電時間 約3時間
充電端子(USB充電) 独自(○)
Bluetoothバージョン v1.2
HSP(音声通話)
HFP(音声通話)
A2DP(音楽再生)
AVRCP(楽曲・ワンセグ操作)
ワンセグ音声出力(SCMS-T)
ステレオ音声出力
マルチポイント接続
ノイスリダクション系機能
通信可能距離 半径約10メートル(Class 2)
イヤフォン接続(3.5ミリステレオミニジャック)
イヤーピースカバー
イヤーフック
ヘッドバンド
その他機能、特徴 USBメス端子のACアダプタが付属
カラー ブラック
+D Shopping最安値
(2008年10月末現在)
(“前後”とある項目は調査時取り扱いがなく、参考価格です。価格は変動します)
4200円前後


Bluetooth対応ヘッドセット

丸いボディがかわいらしい、超小型/軽量サイズの“耳せん”スタイル──プラネックス「BT-miniHS」

ベーシックでクセがない、小型軽量、長時間駆動のイヤーピース型デザイン──サンワサプライ「MM-BTMH6」

ベーシックなヘッドセットスタイル、操作性や通話も大きな不満がない──ソフトバンクセレクション「SBS-BT2010」

小型ながら操作しやすいベーシックモデル──モバイルキャスト「mArrow(MP210)」

落ち着いたマットブラックボディと長時間駆動、ハンズフリー通話メイン向き──ソニー・エリクソン「HBH-PV703」

長時間駆動とソフトで確実な装着性、ノイズリダクション機能も搭載──ソニー・エリクソン「HBH-PV708」

ベーシックモデルながら使い勝手は上々、形状の異なるイヤーピースが付属──モトローラ「H375」

超小型の“耳せん”型ボディが特徴、デザインとともに使い勝手もなかなか上々──アドテック「AD-HSM10」

イヤーフックスタイルの、スタンダードなヘッドセット専用モデル──プラントロニクス「Explorer 360」

点灯が目立ちがちなLEDを廃した、液晶ディスプレイ付きのベーシックモデル──Jabra「BT4010」

ソフトな装着感が心地よい、ベーシックなイヤーフック型ヘッドセット──ノキア「BH-200」

デザイン性とともに、使いやすいと感じられる細かな工夫も秀逸──モトローラ「H620」

タッチセンサーと“音声ガイド”で操作できる、フラットデザインの先鋭モデル──ソフトバンクセレクション「SBS-WTBT01」

片耳装着型の小型ヘッドセットスタイルながら、音楽やワンセグも対応──Jabra「BT8040」

自動音量調整やノイズリダクション機能が便利、通話メイン用に適する──ソニー・エリクソン「HBH-IV840」

スライド式マイクブームで、直感的にフック操作が可能──プラントロニクス「Voyager 815」

プレーンなデザインが魅力、クリップ保持型のネックストラップも付属──ノキア「BH700」

高性能ノイズリダクション機能搭載のハンズフリー通話用ハイエンドモデル──Jabra「BT530」

ジュエリーのようなデザイン、使いやすい操作性とバッテリー内蔵ケースが魅力──プラントロニクス「Discovery 925」

小さく軽く長寿命、ハンズフリー通話がメインのヘビーユーザーに向く──モトローラ「H680」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー