レビュー
» 2008年11月20日 13時05分 公開

2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(ヘッドセット編)バイヤーズガイド(2/11 ページ)

[坪山博貴,ITmedia]

丸いボディがかわいらしい、超小型/軽量サイズの“耳せん”スタイル──プラネックス「BT-miniHS」

photo プラネックス「BT-miniHS」。非常にコンパクトなボディ。小型ながらボタンが大きく、位置も工夫されているので、操作しにくいことはない

 プラネックスコミュニケーションズの「BT-miniHS」は、とにかく小型軽量のかわいらしい丸いボディが特徴。マイクブームがかなり短く、重量も約7グラムと非常に軽量。イヤーピースを耳に差すだけで安定して装着できる。

 前面の8割以上を占める大きなサイズのフックボタンと左右の側面にボリュームボタンを備える。それぞれのボタンが独立しているので、小型ボディながらなかなか操作しやすい。イヤーピースは特大(インナーイヤー型)、大、中、小の4サイズが付属する。いずれも、4つ穴が開けられている。装着時に“片耳だけ音が聞こえない”という状況がかなり緩和され、なかなか効果が高いと感じた。

 本体に備える充電端子はMini USB。充電はコネクタがUSBメス形状の付属ACアダプタ以外に、汎用のUSBケーブルを用いたUSB充電も行えた。


photo 4種類のイヤーピースが付属する。耳の穴が完全にふさがれないよう、4つ穴が開けられている。また、本体も外部の音がある程度聞こえるような構造になっている
photophoto ACアダプタのコネクタはUSBメス形状。付属するUSB充電ケーブルを利用して充電する(左)。本体の充電端子はMini USB形状。カバーも付いている(右)

主なスペック
製品名 BT-MiniHS
メーカー プラネックスコミュニケーションズ
製品形態 ヘッドセット(インイヤー)型
装着スタイル 片耳
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 18.79×29.85×34.31ミリ
重量 約7グラム
連続通話時間 約5時間
連続音楽再生
連続待受時間 約80時間
充電時間 約1.5時間
充電端子(USB充電) Mini USB形状(○)
Bluetoothバージョン v2.0+EDR
HSP(音声通話)
HFP(音声通話)
A2DP(音楽再生)
AVRCP(楽曲・ワンセグ操作)
ワンセグ音声出力(SCMS-T)
ステレオ音声出力
マルチポイント接続
ノイスリダクション系機能
通信可能距離 半径約10メートル(Class 2)
イヤフォン接続(3.5ミリステレオミニジャック)
イヤーピースカバー インナーイヤー型
イヤーフック
ヘッドバンド
その他機能、特徴 トリスター製携帯データ編集ソフト「携帯万能 Lite版」付属
カラー ホワイト
+D Shopping最安値
(2008年10月末現在)
(“前後”とある項目は調査時取り扱いがなく、参考価格です。価格は変動します)
3370円



ベーシックでクセがない、小型軽量、長時間駆動のイヤーピース型デザイン──サンワサプライ「MM-BTMH6」

photo サンワサプライ「MM-BTMH6」。ベーシックなスタイルのイヤーフック付きヘッドセットデザインとなっている

 サンワサプライ「MM-BTMH6」はイヤーフックを備えるスタンダードなBluetoothヘッドセット。本体サイズは小型軽量で、連続待受時間が約300時間、連続通話時間が約9時間と、バッテリー駆動時間がかなり長いのが特徴といえる。

 2軸のイヤーフックで自在に位置や長さを調整でき、もちろん左右どちらの耳にも装着可能。ソフトなイヤーピースとともに、長時間の装着時も耳が痛くなりにくい。前面の上部にフックボタン、側面にボリュームボタンを備え、操作性は標準的。ノイズリダクション機能などは備えないが、通話音質も特に不満は感じない。

 コネクタがUSBメス形状のACアダプタと、付属する専用USB充電ケーブルと組み合わせて充電できる。付属ケーブルでPCのUSB端子を用いる充電も可能だ。


photophoto イヤーフックを自在に調整できるので、耳に優しくかつ確実に装着できる(左)。ACアダプタのコネクタはUSBメス形状。付属する専用USB充電ケーブルと組み合わせて充電する(右)
主なスペック
製品名 MM-BTMH6
メーカー サンワサプライ
製品形態 ヘッドセット(インナーイヤー)型
装着スタイル 片耳
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 48×21×11ミリ
重量 約13.4グラム
連続通話時間 約9時間
連続音楽再生
連続待受時間 約300時間
充電時間 約2時間
充電端子(USB充電) 円形プラグ(○)
Bluetoothバージョン v2.0+EDR
HSP(音声通話)
HFP(音声通話)
A2DP(音楽再生)
AVRCP(楽曲・ワンセグ操作)
ワンセグ音声出力(SCMS-T)
ステレオ音声出力
マルチポイント接続
ノイスリダクション系機能
通信可能距離 半径約10メートル(Class 2)
イヤフォン接続(3.5ミリステレオミニジャック)
イヤーピースカバー
イヤーフック
ヘッドバンド
その他機能、特徴 2軸のイヤーフックで自在に位置や長さを調整
カラー ブラック
+D Shopping最安値
(2008年10月末現在)
(“前後”とある項目は調査時取り扱いがなく、参考価格です。価格は変動します)
3470円


Bluetooth対応ヘッドセット

丸いボディがかわいらしい、超小型/軽量サイズの“耳せん”スタイル──プラネックス「BT-miniHS」

ベーシックでクセがない、小型軽量、長時間駆動のイヤーピース型デザイン──サンワサプライ「MM-BTMH6」

ベーシックなヘッドセットスタイル、操作性や通話も大きな不満がない──ソフトバンクセレクション「SBS-BT2010」

小型ながら操作しやすいベーシックモデル──モバイルキャスト「mArrow(MP210)」

落ち着いたマットブラックボディと長時間駆動、ハンズフリー通話メイン向き──ソニー・エリクソン「HBH-PV703」

長時間駆動とソフトで確実な装着性、ノイズリダクション機能も搭載──ソニー・エリクソン「HBH-PV708」

ベーシックモデルながら使い勝手は上々、形状の異なるイヤーピースが付属──モトローラ「H375」

超小型の“耳せん”型ボディが特徴、デザインとともに使い勝手もなかなか上々──アドテック「AD-HSM10」

イヤーフックスタイルの、スタンダードなヘッドセット専用モデル──プラントロニクス「Explorer 360」

点灯が目立ちがちなLEDを廃した、液晶ディスプレイ付きのベーシックモデル──Jabra「BT4010」

ソフトな装着感が心地よい、ベーシックなイヤーフック型ヘッドセット──ノキア「BH-200」

デザイン性とともに、使いやすいと感じられる細かな工夫も秀逸──モトローラ「H620」

タッチセンサーと“音声ガイド”で操作できる、フラットデザインの先鋭モデル──ソフトバンクセレクション「SBS-WTBT01」

片耳装着型の小型ヘッドセットスタイルながら、音楽やワンセグも対応──Jabra「BT8040」

自動音量調整やノイズリダクション機能が便利、通話メイン用に適する──ソニー・エリクソン「HBH-IV840」

スライド式マイクブームで、直感的にフック操作が可能──プラントロニクス「Voyager 815」

プレーンなデザインが魅力、クリップ保持型のネックストラップも付属──ノキア「BH700」

高性能ノイズリダクション機能搭載のハンズフリー通話用ハイエンドモデル──Jabra「BT530」

ジュエリーのようなデザイン、使いやすい操作性とバッテリー内蔵ケースが魅力──プラントロニクス「Discovery 925」

小さく軽く長寿命、ハンズフリー通話がメインのヘビーユーザーに向く──モトローラ「H680」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう