レビュー
» 2009年02月02日 18時11分 公開

写真で解説する「ベルトのついたケータイ NS01」(2/2 ページ)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 機能面もシンプルで使いやすさを重視している。プラットフォームは「KCP」で、動作は軽快。2.8インチのメインディスプレイを搭載し、文字は読みやすいモリサワの「新ゴ」フォントを採用した。おサイフケータイ、EZナビウォーク(シンプルモードをプリセット)、au Smart Sports「Run&Walk」「Karada Manager」に対応するほか、京セラ製端末でおなじみの「長持ちモード」や「フェイク着信」、待受画面からすぐに文字入力ができる「すぐ文字」などを搭載している。

photophotophotophoto 待受画面とメインメニュー。メインメニューはシンプルなアイコンで構成される。待受画像もシンプルなアナログ時計をプリセット

photophotophotophotophoto 5段階の文字サイズ。受信/送信メールを表示したときに発話キーを押すと、文字サイズを5段階で切り替えることができる

photophoto 文字を拡大して表示できる「漢字チェック機能」を搭載。書き方の分からない漢字を調べるのに便利。フォントは見やすいと定評のあるモリサワの「新ゴ」を採用している

photophotophoto 待受画面の状態で文字を入力でき、ウェブ検索やメール本文に利用できる「すぐ文字」を搭載した

photophoto よく使う機能に限定し、メニューの表現もわかりやすい「かんたんモード」を設定できる(写真=左)。旺文社の国語辞典(約5万語)とポケットコンプリヘンシブ英和/和英辞典(英和約13万語・和英約5万語)を収録。「単語帳」では気になる英単語をまとめて管理できる(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年