ニュース
» 2009年04月10日 19時54分 公開

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月30日〜4月5日):イー・モバイルのデータ端末に世代交代の予兆 (2/2)

[山田祐介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“主力機種”の役目を終えた「D02HW」

2009年3月30日〜4月5日
順位 先週順位 キャリア 製品名
1 1(→) イー・モバイル D12HW
2 2(→) イー・モバイル D12LC
3 3(→) NTTドコモ L-02A
4 4(→) イー・モバイル D21HW
5 6(↑) イー・モバイル D11LC
6 7(↑) イー・モバイル D21LC
7 8(↑) NTTドコモ A2502 HIGH-SPEED
8 5(↓) イー・モバイル D02HW
9 9(→) ソフトバンクモバイル C01LC
10 10(→) イー・モバイル D03HW
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています
photo D02HW

 データ通信端末のランキングは、イー・モバイルのUSBスティック端末「D12HW」が4週連続で1位を獲得。2位には同じくイー・モバイルのUSBスティック端末「D21LC」が続き、3位にはNTTドコモの「L-02A」がランクインした。

 D12HWの先代モデルである「D02HW」は3つ順位を落とし8位に入った。同モデルは、イー・モバイルが2007年12月12日に開始した下り最大7.2MbpsのHSDPA通信サービスに合わせて販売を開始し、同社の主力データ端末として長く人気を保った。実際、筆者の周りにもNetbookとセットで同モデルを購入し、利用しているユーザーが何人かいるが、いずれはランキングから姿を消すことになるだろう。

 とはいえ、依然としてイー・モバイル端末がトップ10の多くを占める状態は変わらない。イー・モバイルは4月17日に上り通信速度を最大5.8Mbpsに高速化したサービスを開始し、これに対応するUSB型データ端末「D23HW」を発売する。サービスを開始するエリアは東名阪の主要ターミナル駅や空港周辺などだが、範囲の拡大とともに対応端末の販売も増加していくはずだ。また、下り最大7.2Mbps/上り最大1.4.Mbps対応のUSBスティック型データ端末「D22HW」も発売される。

 さらに同社は2009年度内に東名阪の地下鉄をエリア化することもアナウンスしており、エリアの拡充とともにユーザーからのさらなる支持が予想される。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう