ニュース
» 2009年07月03日 16時06分 公開

携帯販売ランキング(6月22日〜6月28日):この勢いは続くのか――「iPhone 3GS」が“スピード”ランクイン (3/4)

[山田祐介,ITmedia]

「iPhone 3GS」旋風到来

2009年6月22日〜6月28日(ソフトバンクモバイル)
順位 先週順位 製品名
1 初(↑) iPhone 3GS(32Gバイト)
2 初(↑) iPhone 3GS(16Gバイト)
3 1(↓) 830P
4 2(↓) AQUOS SHOT 933SH
5 3(↓) iPhone 3G(16Gバイト)
6 4(↓) mirumo 934SH
7 5(↓) 831SH
8 6(↓) iPhone 3G(8Gバイト)
9 11(↑) 831P
10 7(↓) 731SC
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo iPhone 3GS

 2008年夏に日本上陸を果たした「iPhone 3G」は、予約や行列などの混乱も含め、一種の“祭り”状態で販売をスタートした。それから約1年弱で登場した「iPhone 3GS」は、iPhone 3Gのそれと比べれば落ち着いた状態で販売を開始したといえる。しかし、ランキングの順位では、iPhone 3G以上のスタートダッシュを見せた。

 iPhone 3Gは発売当時、キャリア総合ランキングで16Gバイトが1位、8Gバイトが6位という滑り出しを見せたが、iPhone 3GSは今回、32Gバイトモデルが1位、16Gバイトモデルが2位と見事にワンツーフィニッシュを飾った。この好調には、iPhone 3GSが発売当初から「iPhone for everybodyキャンペーン」を適用していることが関係しているかもしれない。32Gバイトモデルは実質2万3040円(月々960円×24カ月)、16Gバイトは実質1万1520円(月々480円×24カ月)で購入でき、iPhone 3Gの8Gバイトモデルが発売当時実質2万3040円だったのに比べると、やはり“お得感”がある。

 そのほかは前回の結果がほぼそのまま繰り下がった。3位は「830P」、4位は「AQUOS SHOT 933SH」、5位はiPhone 3Gの16Gバイトモデルとなっている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう