PHS網を使った「ペアフォン」と「エス・オー・エス ボタン」――2009年度内に発売予定ワイヤレスジャパン2009

» 2009年07月31日 18時03分 公開
[田中聡,ITmedia]

 PHSのチップセットや通信モジュールなどを開発しているエイビットは、2台間でのみ通話ができる「ペアフォン」を「ワイヤレスジャパン2009」で展示。ペアフォンは親子のホットラインとしての利用が想定されており、同社はワンタッチで通話ができる簡単操作と、内蔵の防犯ブザーによる安心機能などをアピールしていた。

 ペアフォンは通話に特化しているため、メールやWebブラウザなどは利用できない(そもそもディスプレイを搭載していない)。通話にはウィルコム網を使い、端末には「070」で始まる電話番号が割り当てられる。発売時期は未定だが、「2009年度中には発売したい」(説明員)とのことで、端末は量販店やウィルコムショップで販売する予定。“ペアで使う”というコンセプトのとおり、「2台1セットで販売することが基本となる」ほか、「ウィルコム端末とのセット販売や、定額プランの料金を2台で1台分にするなどの措置も検討している」という。

photophoto ペアフォンのカラーは2色だが、「最終的にこの色を採用するかは未定」(説明員)とのこと(写真=左)。手に収まる小型サイズなので持ちやすい。緑色の発話ボタンから発信し、赤の終話ボタンを押すと通話が終了する。上部にある穴はレシーバーとスピーカーを兼ね備えており、ここから着信音が鳴る。着信音は無機質な音ではなく、電話が鳴ったことを知らせる音声が流れる(写真=右)
photophotophoto ボディ裏面(写真=左)。側面には音量調節ボタンがある(写真=中)。ストラップを取り付けられるレバーを引くと、大音量の防犯ブザーが鳴る(写真=右)

 ペアフォンで通話ができるのは、端末の購入時に設定した電話番号のみで、本体の発話キーを押すと相手に発信できる。登録外の番号から電話がかかってきても受けられず、相手の端末には(ペアフォンの持ち主が)電話に出られない旨のメッセージが流れる。

 通話プランは「ウィルコムの定額プランに準じたものになる予定」(説明員)。ペアフォン同士での利用が一般的になるが、ウィルコム端末や他キャリアの端末を通話相手に設定することもできるようだ。ただし他キャリアの番号を設定した場合、「定額で話せなくなるので、現実的ではないだろう」とのこと。また、端末の価格は「通常のウィルコム端末よりは安くしたい」という。

photophotophoto 軽量・コンパクト、簡単操作、防犯機能などがアピールされていた
photophoto 会場にはペアフォンのマスコットガールを務める「みさちゃん」と「みくちゃん」が登場。みさちゃんは「カラーが2種類しかないのが不満。デザインももっとかわいくしてほしい」、みくちゃんは「ハートや星の形がいい」とペアフォンの要望を話した

 このほか、ウィルコムのW-SIMを搭載したハンズフリー電話機「エス・オー・エス ボタン(SOSボタン)」も展示されていた。“電話機”というよりは“ボタンそのもの”ともいえる同端末は、着信するとボタンが赤く光って音声案内が流れ、ボタンを押すと応答できる。1人暮らしのお年寄りの見守り、医療機関や商業施設での連絡といった利用が想定されており、携帯して持ち歩くのではなく、据え置きで使うことになる。発売は2009年度内の予定。

 「人感センサー」「温度センサー」「転がりセンサー」「状態センサー」という4つのセンサーを内蔵しているのも特徴の1つ。利用者が倒れたり、エス・オー・エス ボタンが転がったりすると、あらかじめ登録したメールアドレスあてにライトメールが送信される。人感センサーは2メートルほどの範囲にいる人の動きを感知できる。

photophoto 「エス・オー・エス ボタン」。製品版にはエイビットではなくウィルコムのロゴが入るという(写真=左)。着信すると、ボタンが赤く点灯する(写真=右)
photophoto 端末の周囲に複数のセンサーが搭載されている(写真=左)。裏面にはACアダプタ端子と電源がある(写真=右)
photophoto お年寄りが自宅に据え置きし、家族やヘルパーなどが電話をかけるといった使い方が想定されている
photophoto 内蔵センサーがエス・オー・エス ボタン周囲の異常を察知し、登録相手にメールで知らせてくれる(写真=左)。エス・オー・エス ボタンは一般のPHS端末と同じく、低電磁波という特徴も持つ(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  3. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. ドコモが「dポイントクラブ」を改定する真の狙い “d払い併用”でも損する場合あり (2024年05月18日)
  10. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年