ドコモとソフトバンクモバイル、盗難ケータイの判別ツールを提供

» 2009年09月29日 16時43分 公開
[ITmedia]
Photo ドコモの不正ケータイ検索画面(携帯版)

 NTTドコモとソフトバンクモバイルが、盗難などで不正に入手された携帯電話の製造番号を検索するためのツールを提供する。サイトに製造番号を入力すると、不正な携帯電話かどうかを判別できるようにするもので、ドコモは10月1日から、ソフトバンクモバイルは今年度中に導入する。

 また両社は、オークションに携帯電話を出品する際、端末製造番号の記載を義務化することでオークションサイトと合意したことも合わせて発表した。今後、ドコモ端末を楽天オークション、ビッダーズ、モバオク、Yahoo!オークションに出品する際には製造番号の記載が必須となり、ソフトバンクモバイルについては、この4サイトに加え、ムスビーに出品する際に製造番号の記載が必須となる。

 今回の施策は、盗難や本人確認書類の偽造などで不正に入手された携帯電話がオークションなどに出回るのを防ぐために実施するもの。出品時の製造番号の記載を義務化することで、不正端末出品の抑止効果を狙うとともに、オークション利用者が不正端末を購入するのを避けられるようにする。

 なお、ドコモは10月1日から、端末が不正入手であることが分かった場合に、ドコモショップなどの申告にもとづいて音声やパケット通信の利用を止める場合があることも合わせて発表。ソフトバンクモバイルは同様の措置を2008年3月から実施している。

 盗難端末の製造番号の公開や、オークションサイトとの連動について、ウィルコムは「今後の状況を見ながら検討する」、イー・モバイルは「必要性は認識しており、検討する」とし、KDDIは「端末をショップに持ち込まないと使えるようにならないことが、抑止力になっている」ことから同様の施策の導入は見送る模様だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  2. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  3. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  4. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  7. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  8. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  9. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年