USB接続しなくてOK――「Xperia」向け充電クレードルが登場

» 2010年07月22日 21時32分 公開
[田中聡,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
photo 「CRADLE FOR XPERIA」

 サンコーが、ドコモのスマートフォン「Xperia」向けの充電クレードル「CRADLE FOR XPERIA」を7月21日に発売した。価格はサンコーのオンラインショップ(外部リンク)で3980円。

 同製品では、Xperiaの裏カバーを外してバッテリー付きのカバーを装着し、USB接続したクレードルにXperiaをセットすると充電ができる。付属カバーの充電用接点から充電するので、XperiaのMicro USB端子にケーブルを接続する必要はない。ただしクレードル経由でXperiaのデータをPCとやり取りすることはできない。

 付属バッテリーの容量は純正品と同じ1500mAhで、予備バッテリーとしても活躍する。付属のバッテリーは単体でも充電可能なので、Xperiaをクレードルに置かなくても予備バッテリーを充電しておける。また、オプションの「USB ACチャージャー」(980円または1480円)や「車載用USB充電アダプター」(380円)を使えば、USB ポートがない場所でもXperiaを充電できる。

photophoto 専用のバッテリー付きカバーを装着してXperiaをクレードルに乗せると充電される
photophoto バッテリー単体の充電も可能(写真=左)。シンプルなデザインのカバー。カラーはつや消しのブラック。「Sony Ericsson」のロゴがないのが少し寂しい?(写真=右)

 サイズと重さはクレードルが122(幅)×60(高さ)×45(厚さ)ミリ、41グラム、バッテリーが60(幅)×112(高さ)×5(厚さ)ミリ、32グラム。充電時間は約140分、連続待受時間は約200〜300時間、連続通話時間は約270〜290分。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円(※別途費用あり) 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  4. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  5. 「改正NTT法」が国会で成立 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが「強い懸念」表明 (2024年04月17日)
  6. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  7. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  8. 最新のXperia発表か ソニーが「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を5月17日に開催 (2024年04月17日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年