ニュース
» 2011年08月19日 13時53分 公開

KDDI、「T006」のケータイアップデートを開始

KDDIがauケータイ「T006」のケータイアップデートを開始した。アップデートにより、スリープモードへ移行しないなどの不具合が改善される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「T006」

 KDDIは8月18日、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のauケータイ「T006」の不具合を解消するケータイアップデートを開始した。

 アップデートにより改善される内容は以下のとおり。

  • お知らせランプ点滅時の待受け消費電流を削減する。
  • 故障の有無を調べる「簡易チェック」で電話機能を使用した後 (または使用中) に音声通話をすると、スリープモードへ移行しない場合がある(電源のオン/オフで復帰する)不具合を解消。

 該当するユーザーは、受信した「auからのお知らせ」のガイダンスに従ってソフトウェア更新をする。メインメニュー→「機能」→「ユーザー補助」→「メンテナンス」→「ケータイアップデートから即時更新も可能。ケータイアップデートの所要時間は最大7分。アップデートにかかる通信料は無料。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう