iPhoneで通話を録音する方法――アプリや専用レコーダーを活用しよう今日から始めるiPhone(1/2 ページ)

» 2013年11月20日 16時00分 公開
[村上万純,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 前回はiPhoneでの通話の仕方を紹介したが、通話の録音についてはどうか。ケータイでは1件最大30秒までの「音声メモ」機能として使え、一部のAndroidスマートフォンには標準搭載されている録音機能だが、iPhoneにはその機能が付いていない。iPhoneでは通話中にテキストでメモを取れることは前回紹介したが、音声で記録できるとより便利だろう。そこで今回は、アプリや専用のボイスレコーダーを使って通話を録音する方法を紹介しよう。なお、検証にはiOS 7.0.3搭載のソフトバンクモバイル版iPhone 5を使用した。

通話録音用のiOSアプリをインストールする

 まずは、録音用のiOSアプリを使って通話を録音する方法だ。「TapeACall Lite - 通話録音」は、無料でApp Storeからインストールできるが、無料版は録音した最初の60秒が聞けるだけ。録音した通話全体を聞くには1000円でPRO版にアップグレードする必要がある。PRO版では録音時間や件数に制限はない。

 なお、本アプリは「グループ通話」機能を使用するので、「三者通話サービス」が使えるKDDIと、「グループ通話」が使えるソフトバンクモバイル向けのiPhoneでしか利用できない。

 まずは、TapeACallアプリを起動して録音ボタンをタップしよう。すると通話画面になり、しばらくすると「通話を追加」ボタンをタップできるようになる。通話を追加ボタンを押し、録音したい相手に電話かけよう。これでTapeACallの録音回線と録音したい相手と3者通話を行っている状態になる。録音したデータは、「メッセージ」アプリや「Dropbox」などを使ってスマートフォンやPCと共有できる。対象OSはiOS 6.0以降となっている。

photophoto アプリ起動後に電話番号を入力し、通知された起動コードを入力する(写真=左)。中央のボタンをタップすると録音の準備を開始する(写真=右)
photophotophoto 「グループ通話」ボタンをタップして録音したい相手に電話をかけると、(写真=左)3者通話をしている状態になる(写真=中)。録音したデータはあとから聞ける。PRO版にすれば全ての録音データを聞ける(写真=右)
photo

Lite版

photo

PRO版

IP電話アプリ「SMARTalk」を利用する

 050番号で発着信できるアプリ「SMARTalk」は、通話録音機能を備えている。留守番電話やミュート、保留機能なども搭載する。初期費用と月額基本料は無料で、30秒あたり8.4円なので通話料を安く抑えられる。対象OSはiOS 5.0以降で、支払いはクレジットカードのみで行える。

 利用するにはPC経由で専用Webサイトから「IP-Phone SMART」に申し込みをする必要がある。そこでメールアドレスや個人情報の登録が完了すると、SIPアカウントとSIPパスワードが割り振られる。あとはiPhoneでアプリを起動してSIPアカウントとSIPパスワードをそれぞれ入力するだけだ。画面下の「キーパッド」→右上の「詳細設定」→「SIPアカウント」→右上の「+」ボタンをタップし、SIPアカウントとSIPパスワードを入力して「保存」ボタンをタップしよう。最初は左上が赤いアイコンで「エラー」と表示されているが、これが緑色に変われば発着信が可能となる。通話中に表示される赤いボタンをタップすると録音できる。

photo PCで個人情報を登録すると、SIPアカウントとSIPパスワードが発行される
photophotophoto アプリ起動後、画面下の「キーパッド」→右上の「詳細設定」と操作する(写真=左)。「SIPアカウント」を選び(写真=中)、右上の「+」ボタンをタップする(写真=右)
photophoto SIPアカウントとSIPパスワードを入力しよう(写真=左)。左上のアイコンが赤から緑に変われば発着信可能になる(写真=右)
photo

関連キーワード

iPhone | 録音 | 今日から始めるiPhone | IP電話


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  8. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー