レビュー
» 2013年11月27日 10時01分 公開

「電話」と「メール」の細やかな使い勝手が向上、一方で気になることも……iPhone 5sロードテスト第4回(2/2 ページ)

[今西絢美,ITmedia]
前のページへ 1|2       

細やかな使い勝手が良くなった「メッセージ」アプリ

 「メッセージ」アプリも細やかな改良点が多い。まず、メッセージ内に時間が書かれている場合に、素早くカレンダーに予定として登録できるようになった。ただ、「11時半」と書かれた文面の場合、その時間が過ぎていると「23時30分」に予定が登録されてしまうなど、気になる点はまだある。

photophoto 本文に日付や時間が記載されている場合は下線が表示される。その部分をタップすると、「カレンダー」アプリへの登録ができる(写真=左)。現在時刻を過ぎているものに関しては、12時間後の予定として登録された(写真=右)

 また、メッセージの送受信の時間がすべて表示できるようになったのもiOS 7ならでは。送受信時間を表示させるには、画面を左にスワイプするだけでOK。指を放すまでの間だけ表示される仕様になっている。

photo iOS 6では時間表示されるメッセージとされないメッセージがあったので、すべて確認できるのはありがたい

 複数人でメールをやり取りする際も機能が追加されている。連絡先に写真を登録していれば、各送信者のアイコンがメッセージとともに表示されるようになった。なので、誰がどの発言をしているかが一目瞭然だ。

photo 誰が何を言っているのかが分かりやすくなった。これなら連絡先に写真を登録しようという気にもなる

「メール」アプリのカスタム性が向上

 iPhoneの標準メールアプリでは、キャリアメール、Webメール、プロバイダーメールなど、複数のメールアカウントを管理できる。

 新たに使えるようになった機能として、「メールの一括既読・削除」が挙げられる。メルマガばかりいが届くアカウントに関しては、この機能が非常に役立っている。

photophoto 受信メールを表示し、画面左下の「すべてマーク」をタップ(写真=左)。「開封済みにする」をタップすると、すべてのメールが既読に変わる(写真=右)

 また、メールフォルダのカスタマイズができるようになったのも特筆すべき点。表示するフォルダを任意で選んだり、並び替えたりできるので、「メール」アプリを日頃愛用している筆者にとっては、カスタマイズしやすくなったのがうれしい。

photo メールボックスの一覧画面で、「編集」をタップするとカスタマイズが可能

 ほかに、以前は受信メールの一覧画面では削除のみしかできなかったが、「その他」から返信、転送などの操作ができるようになったのも気に入っている。

photophoto 件名を左にスワイプすると操作アイコンが表示される(写真=左)。「その他」を選択すると、「全員に返信」「転送」「フラグ」「未開封にする」「“迷惑メール”に移動」「メッセージを移動…」などの項目が表示される(写真=右)

 メールに添付されたファイルは「AirDrop」で共有できる。複数の画像が添付されている場合はまとめて保存できるなど、使ってみると便利だと感じる機能が多い。

photo メールに添付された画像を長押しすると、画面のような表示に切り替わる

文字入力中のフリーズが気になり始めた

 iPhone 5sを使い始めてから少し気になっていたことがある。それは、文字入力中のフリーズだ。完全に固まるほどではないのだが、文字を入力してから画面に表示されるまでのタイムラグを感じることが多いのだ。

 Appleのサポートコミュニティなどを見る限り、同じようなことを言っているユーザーが多く、「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」での解説策が提案されていた。ひとまず、筆者もこの方法を試したところなので、経過は次回にお伝えしたい。

photophoto ユーザー辞書の登録語句のリセットや、再起動などを勧める声が多いが、辞書はリセットしたくないのでまずはこの方法を試すことに(写真=左)。キーボード辞書のリセットが完了。さてどうなるか……(写真=右)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう