インタビュー
» 2015年10月25日 06時00分 公開

カーチャン元気かな?:「ポラシャワ出るよ」「フナしー知ってる?」 思わずほっこりする「親とのLINEあるある」 (3/3)

[増村みかみ,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

堂々たる勘違いやタイプミス

 ガラケーとキャリアメールに親しんだ親からすると、スピード感のあるLINEや、スマホのフリック入力はまだまだ慣れません。「!」と「?」以外の記号をどう変換するかも悩みどころらしく、30代営業Cさんの母親は「・」を「なかぐろ」と打ったままメッセージを送ることも。絵文字の後に読点(、)を打つセンスも、人によっては気になるようです。

photo マイヤ・プリセツカヤさんの「・」を打ちたかったが、あきらめた様子

 また、名前の勘違いもあるあるネタの1つ。Bさんの親は、「シャラポワ」が「ポラシャワ」になったり、人気キャラの「ふなっしー」が「フナしー」になったり、毎回指摘した方が良いのかどうか迷うようです。

photo どう見てもクマではなさそう
photophoto 「ポラシャワ?」(左)。「フナしー」とは(右)

流行に乗っかる

 帰省すると、「何で親はこんなにテレビが好きなんだろう」というくらい1日中テレビがついています。そして、トレンドを押さえるのに便利なのがLINEスタンプ。

 Cさんは、「普段母はほとんどスタンプを使わないのに、2014年にサッカーのワールドカップが盛り上がったときはザッケローニ監督のスタンプをたくさん送ってきましたね」と振り返ります。テレビが大好きな親は常にミーハー精神を発揮するもの。筆者の母親も韓流スターに絶賛ハマり中ですが、まだ携帯はガラケー。スマホに機種変更すれば、それらのスタンプや画像が大量に送られてくるのかもしれません。

photo 連日送られたというザッケローニ監督のスタンプ

LINEで家族をより身近に

 より手軽に親子のコミュニケーションが取れるようになり、以前よりも家族を身近に感じることができたと実感する人も少なくないよう。今回話を聞いた20代Web記者のAさんは、「家族のLINEグループができてから、(家族間の)わだかまりがとけた」と感じたそうです。

 電話をするといつもケンカになってしまうから、時折キャリアメールを送るだけだった――なんて人も、絵文字やスタンプで楽しく飾れるLINEを使うと、これまでと違う家族の一面を見られるかもしれませんね。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう