新MVNOサービス「ヤマダニューモバイル」提供開始 月額500円から

» 2017年04月03日 12時57分 公開
[田中聡ITmedia]

 U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社、Y.U-mobileが、4月1日に新たなMVNOサービス「ヤマダニューモバイル」の提供を開始した。全国約1000店舗のヤマダ電機や、ベスト電器、マツヤデンキなどのグループ店で購入できる。

ヤマダニューモバイル

 ヤマダニューモバイルは、これまで「YAMADA SIM powered by U-mobile」として販売していた、ヤマダ電機ブランドの通信サービスをリニューアルしたもの。NTTドコモの回線を利用しており、データSIM、データ+SMS付きのSIM、音声SIMの3タイプを提供する。なお、2月のリリースでは「ヤマダファミリーモバイル」としていたが、サービス名が変更となった。

 データSIMの料金は、常時200kbpsの「シンプルプラン」が月額525円(税別、以下同)。3.3GBプランが月額900円、5.3GBプランが月額1450円、10.3GBプランが月額2260円、20.3GBプランが4050円、30.3GBプランが5450円。SMS付きはデータSIM+120円(30.3GBプランは+70円)。音声SIMはデータSIM+700円がかかり、通話料金は30秒あたり20円。毎月の通信容量をオーバーすると、通信速度は200kbpsに制限される。3日間の速度制限は設けていない。

ヤマダニューモバイル 料金プラン

 従来のYAMADA SIMとの大きな違いは、200kbpsの低速プランが追加されたことと、LTE使い放題プランがなくなった代わりに10.3GB〜30.3GBの大容量プランが追加されたこと。

 初期費用として、3000円の契約事務手数料と、394円のSIM発行手数料がかかる。音声SIMには12カ月の最低利用期間が設けられており、期間内に解約をすると、9800円の解約事務手数料がかかる。データSIMには最低利用期間と解約手数料は設定されていない。

 利用料金に応じてヤマダ電機のポイントがたまるほか、余ったデータ容量を翌月に繰り越せる。今後は、繰り越した容量を他のユーザーとシェアできる機能を追加する予定。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー