ニュース
» 2017年05月30日 19時21分 公開

「Googleとの提携は大化けする」「料金はガツンと行く」 KDDI田中社長の一問一答 (2/2)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

囲み取材

―― IoTは新しいものにすぐつながることが魅力だと思うが、au HOMEの場合、auが扱う商品しかつながらず、IoTとして魅力が低下すると思うが。

田中氏 まず、ここからスタートしようという状態。回線はauひかりからスタートして、いろいろ広げていきたいと思っている。取りあえず、Googleさんもこの後やってくると思うので。

KDDI田中社長 囲み取材に応える田中社長

―― Appleもいろいろやってくると思うが、その辺との関係はどうするのか。

田中氏 Appleはまだこれからなので。

―― Googleアシスタントとの連携は、いつ頃から視野に入れていたのか。

田中氏 去年(2016年)もすったもんだしていた。なんとか、いろいろ乗り越えて(今日に至った)。

―― AppleのHomeKitとの連携も考えているのか。

田中氏 いや……特に何も考えていない。

―― au HOMEは国内通信事業の次の柱、かなり重要なところになるのか。

田中氏 僕らは“テッキー(技術者)”だから特にそうかもしれないが、ステイする(とどまる)とよくないと思っている。いろんなことにチャレンジしなくてはいけないということで、今年は「やってみよう」とスタートした。ホームは音声と近い。日本人は外だとしゃべらないが、家だと割と自由に話すというところからスタートした。

―― 主要なサービスとして積極的に進めていくのか。

田中氏 ビジネス的にどうこうというよりは、新たな使い方を広げていくのが狙い。これが単なるWeb検索なり、SNSの箱だけになっちゃうとつまらない。

―― Googleアシスタントの連携は、スマートフォンベースで考えているのか、「Google Home」を念頭に置いているのか。

田中氏 Google Homeというか、まあ、au HOMEと連携していきたいと(笑)。

―― 自社でスマートスピーカーを出す可能性があるのか。

田中氏 ノーコメント。

―― Googleのスピーカー(Google Home)を使ってau HOMEと具体的にどういうサービスが考えられるか。

田中氏 ノーコメント。

―― 今回、VR対応のスマホが2つ(HTC U11とGalaxy S8/S8+)ある。KDDIとしてVRに注力するのか。

田中氏 コンテンツの方もトライすると面白いと思っている。VRも、こなれてきたというと上から目線だが、疲れ感がなくなってきた。少し力を入れようと思っている。

―― 他社はVRにそれほど注力していないように思えるが、“VRのKDDI”のような感じで取り組むのか。

田中氏 HTCともアーリーステージでいろいろ見せてもらっていて面白いと思っていた。ゲームはいいが、もう少し賢くできればいいと思っていた。

―― ゲストとのトークセッションで、「今年はauユーザーをえこひいきする」というコメントがあった。具体的には何をするのか。

田中氏 夏がやってくるので、いろいろな発表をしていきたいと思っている。

―― 質疑応答で「料金もガツンと行こうか」というのは、どのくらいガツンとしているのか。

田中氏 (笑)少し、頑張ろうと。

―― その料金は9月に発表するのか。

田中氏 話題を変えましょう(笑)

―― au HOMEはiPhoneユーザーも使えるのか。

田中氏 iOS用、Android用両方のアプリを提供する。auユーザーでなくても使える。

―― au HOMEでは安心・安全についてどう考えているか。

田中氏 今回は安心・安全を中心にIoT機器を入れた。Googleさんとはau HOMEのコンセプトに対して共感してくれたところからスタートしている。音声を使っていろいろやっていくというau HOMEのコンセプトで、最初のアプリケーションとして、安心・安全を中心にスタートした。

―― IoT機器自身を守る方の安全はどうか。

田中氏 今回の機器については、KDDIの技術者がチェックしてきたので、いきなりセキュリティが破られることはないと思う。

―― auひかりからスタートするが、次はCATVに順次広めるのか。

田中氏 広げていくということでご勘弁を。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう