スマホ移行の約1割がMVNOを選択 MVNOユーザーは中古端末の利用率が高い

» 2017年10月27日 15時17分 公開

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、10月26日にMVNOのSIMカードの販売動向と購買行動調査に基づくMVNOの利用状況を発表した。

 MVNOが提供するSIMカード市場は好調に拡大を続け、2017年1〜9月のSIMカード販売数量は前年比35%増。月次の前年比では大手キャリアの新プランが出た夏頃にやや伸び悩んだが、8月と9月に再び伸長している。契約後に毎月料金を支払うポストペイドの成長率は事前入金・購入するプリペイドより高く、1〜9月では数量前年比41%増になった。

 ポストペイドを通信タイプ別に分けるとデータ通信専用タイプが伸び悩んでいる一方、音声・データ通信両用タイプは前年比45%増となっている。このことから、MVNOのSIMカードをメインで利用するユーザーの増加がうかがえる。

Photo

 2017年6月に実施した「携帯電話購買行動調査」によると、現在スマートフォンを使用しているユーザーのうち、大手3キャリアからMVNOへ移行したのは6%。そのうちフィーチャーフォンからスマートフォンへの切り替えは9%で、MVNOはスマートフォンの端末価格や月額利用料金の高さがネックであったフィーチャーフォンユーザーから支持を得ていることが分かる。

Photo

 また、中古端末の利用率はスマートフォンユーザー全体では2%だが、MVNOのSIMカードを利用するスマートフォンユーザーでは14%。MVNOでは端末価格と通信料金の分離がより明確であり、中古端末を選択肢の1つとするユーザーが多いと考えられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  8. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年