レビュー
» 2017年11月01日 09時00分 公開

先行レビュー:それは、手のひらに収まる“未来” 先進性と合理的な操作性が融合した「iPhone X」 (3/3)

[石野純也,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

望遠側カメラが光学式手ブレ補正対応で進化、パフォーマンスも最高峰

 進化したのはインカメラだけではない。アウトカメラもiPhone最高峰の仕上がりになっている。iPhone Xはデュアルカメラ仕様で、片方が広角、もう一方が望遠という構成はiPhone 8 Plusと同じだ。センサーもiPhone 8/8 Plusと同じ。センサーが大型化しており、より高速に、ゆがみが少ない写真が撮れるという特徴も共通している。

iPhone X 背面に広角と望遠のカメラを搭載
iPhone X iPhone Xで撮影した写真。色がよりビビッドになり、ご飯もおいしそうに見える

 iPhone 8 Plusと比べて進化したのは、望遠側だ。iPhone Xは望遠側も光学式手ブレ補正に対応しており、暗い場所でもシャッター速度を稼ぎやすくなった。これによって、よりノイズの少ない写真を撮ることができる。望遠側を利用するポートレートモードも、この進化の恩恵を受ける機能の1つだ。さらにレンズも8 PlusのF2.8からF2.4に明るくなっている。

iPhone X 望遠側のレンズで撮った写真。ノイズがより少なくなった
iPhone X 望遠カメラを利用するポートレートモードの画質も向上している

 プロセッサにはiPhone 8/8 Plusと同じ「A11 Bionic」が搭載されており、パフォーマンスの高さは折り紙つきだ。詳細はiPhone 8/8 Plusのレビューを参照してほしいが、CPU性能、GPU性能ともに高く、スマートフォンとしては最高峰の性能を誇る。あらためてiPhone Xでベンチ―マークを取ってみた結果は、以下の通りだ。

iPhone X
iPhone XiPhone X CPUのスコアは、シングルが4252、マルチが1万229で、iPhone 8/8 Plusに近い数値。GPUのスコアも同レベルで、スマートフォン最高峰のパフォーマンスといえる

 Qi方式でのワイヤレス充電に対応しているのもiPhone 8/8 Plusと同じで、本体を持ってケーブルをきっちり刺さなくても充電ができるのは、非常に気軽といえるだろう。欲をいえば、もう少し充電速度が速くなってほしいが、これについては今後のアップデートに期待したいところだ。

iPhone X 背面にガラスを採用したことで、Qi方式のワイヤレス充電に対応する

 約1カ月前に掲載されたiPhone 8/8 Plusのレビューで指摘した通り、全ての人が一気に未来に行きたいとは限らない。この2機種が2017年に発売された意義も、そこにある。実際、アプリが独特なディスプレイ形状に対応するには、ある程度時間がかかるだろう。

 ただ、そんな人も一度、iPhone Xは手に取って比較、検討してみてほしい。没入感の高いディスプレイや、Face IDの精度の高さ、そしてTrue Depthカメラを応用した機能の数々には、間違いなく驚かされるはずだ。人によっては、iPhoneに初めて触れた、あのときのワクワク感がよみがえってくるかもしれない。

 発売後に詰めていかなければいけない部分はあるものの、iPhone Xには、Appleが思い描く未来が詰まっている。64GB版で11万2800円、256GB版で12万9800円(いずれもSIMロックフリー版で税別)と、スマートフォンの価格としては高価にも思えるが、未来を買えるのであれば、決して高くはないはずだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10