調査リポート
» 2018年08月15日 18時00分 公開

テスティーの若年層向け電子マネー調査 保有率は52.8%、利用率第1位は「交通系」

テスティーが10〜20代を対象とした電子マネーに関する調査を実施。電子マネー保有率は52.8%で、利用率第1位は「交通系」。決済場所は「コンビニ」や「交通機関」に集中していることが分かった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 テスティーは8月15日、10〜20代の若年層1194名(10代566人/20代628人)を対象とした「電子マネーに関する調査」の結果を発表した。電子マネーの保有率は10代が44.2%、20代が60.7%となり、若年層全体では52.8%が電子マネーを「持っている」と回答。保有している電子マネーの種類を尋ねたところ、10代と20代ともに第1位は「交通系」、第2位は「nanaco」、第3位は「WAON」となった。

 特に20代、は商品購入などでポイントが貯まる交通系以外の電子マネーの保有率も高い。

Photo

 電子マネー決済を利用する場所について聞いたところ、10代と20代ともに少額決済が可能かつ日頃から頻繁に利用する「コンビニ」や「交通機関」に集中。20代は10代と比べコンビニやスーパー以外の飲食店や日用品購入でも電子マネーを利用している割合が高くなった。

Photo

 電子マネー決済の普及を望んでいるか尋ねたところ、10代と20代ともに約6割が「(普及してほしいと)思う」と回答。現金決済が多数派だったものの、電子マネー決済の普及を望む若年層は多いことが判明した。

Photo

関連キーワード

電子マネー | コンビニ | 調査 | nanaco | 飲食店 | WAON


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう