レビュー
» 2020年05月18日 11時38分 公開

超広角カメラがぐっと進化した「Mate 30 Pro 5G」 Huaweiらしいクッキリ画質も強化荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(2/3 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]

超広角カメラで4K動画も撮影できる

 超広角カメラには「シネマカメラ」と名が付いている通り、動画用でもある。超広角で4K動画。手ブレ補正もちゃんと効くし、クオリティーもけっこういい。10秒ほどの短い動画ですがどうぞ。

超広角カメラの4Kで撮影した東急世田谷線。パンしたときも乱れず滑らか

 そこから1枚切り出したのがこちらだ。

HUAWEI Mate 30 Pro 5G 4Kなので約800万画素サイズの画像となる。動画を撮りながらシャッターボタンを押して静止画を撮ることもできる

 スマホで臨場感のある映像を撮ろうと思ったら、超広角カメラで撮りたくなるから、超広角カメラもメインカメラ(広角カメラ)と同じくらい高性能なものを積んでほしい。

その点、Mate 30 Pro 5Gは超広角カメラの性能を上げ、それをシネカメラと位置付けてきたのは目の付け所がよいと思う。

 その点、Mate 30 Proは超広角カメラが高性能なので、それをシネマカメラと位置付けてきたのは目の付け所がよいと思う。室内でのクオリティーが高いのもいい。

 ちなみに、超広角と広角それぞれで4K動画を撮ったので、どのくらい違うのかをチェックしてみてほしい。これだけ画角が違うのだ。

HUAWEI Mate 30 Pro 5G 超広角カメラで撮った動画から切り出したカット
HUAWEI Mate 30 Pro 5G 広角カメラで撮った動画から切り出したカット

花、夜景、料理などをいろいろ撮ってみた

HUAWEI Mate 30 Pro 5G 花を撮ってみたの図。一番目立つ花にちゃんとフォーカスが来ているのがエライ!

 Huaweiといえば欠かせないポートレートやアパーチャ、夜景モードなどの作例も最後に。非常事態宣言期間中なので人物作例はなし。その代わり、江戸時代の旅人(の銅像)さんに登場願った。

 たまたまカメラを向けてみたら、ちゃんと顔認識してくれたので、背景を大きくぼかすスーパーで。ビューティー機能もオンにしているけど……これじゃあ分からんわな。まあいいや。

HUAWEI Mate 30 Pro 5G 顔と認識してくれたのでポートレートモードで撮ってみた
HUAWEI Mate 30 Pro 5G 髪の毛との境界は……髪じゃないので分からない……。でもきれいに背景がボケています

 もう1つ、人間じゃないけど人と認識してくれたので撮ってみた。背景がきれいにボケていた。

HUAWEI Mate 30 Pro 5G この距離で背景がボケるとは。何かすごい。青空青い

 人以外を撮るときはアパーチャモードで。「1x」「2x」「3x」とそれぞれで使えてさらにちょっと寄って撮れるのもいい。

 季節柄、シャガの花をアップで。望遠カメラを使い(2x)、F.095と一番大きくボケる設定にしてみた。

HUAWEI Mate 30 Pro 5G アパーチャモードでF0.95にしてみた
HUAWEI Mate 30 Pro 5G 背景を大きくぼかしてシャガ。ややこしい花なんだけど、なかなかうまく処理していてエラい

 よーく見ない限り自然に背景がボケていてエッジの失敗もない(いやガン見するとあるけれども、ぱっと見で気にならない)。これは優秀。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー