ニュース
» 2020年11月05日 14時21分 公開

3眼カメラを搭載したミッドレンジ機「AQUOS sense4」がドコモから 4万円前後

NTTドコモが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS sense4 SH-41A」を11月12日に発売する。約5.8型のIGZOディスプレイや4570mAhバッテリー、トリプルカメラなどが特徴。ドコモオンラインショップ限定色として、レッド、ブルー、イエローも用意する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS sense4 SH-41A」を11月12日に発売する。

AQUOS sense4 ドコモ向け「AQUOS sense4 SH-41A」
AQUOS sense4 左からライトカッパー、ブラック、シルバー、ライトブルー

 AQUOS sense4は、LTE対応のミッドレンジスマートフォン。AQUOS senseシリーズは価格と機能のバランスにこだわったシリーズで、AQUOS sense4も一括4万円前後とハイエンド機と比べて安価にしている。

 カラーはライトカッパー、ブラック、シルバー、ライトブルーに加え、ドコモオンラインショップ限定色として、レッド、ブルー、イエローも用意する。なお限定3色については11月6日に発売する。

AQUOS sense4 ドコモオンラインショップ限定のレッド、ブルー、イエロー

 約5.8型のフルHD+(1080×2280ピクセル)IGZOディスプレイを搭載。前モデル「AQUOS sense3」の4000mAhよりも大きな4570mAhバッテリーを内蔵しており、電力消費を5%削減するという。

 アウトカメラは約1200万画素の広角と超広角、約800万画素の望遠という3つで構成される。被写体やシーンを自動検知して撮影する「AIオート」に「ナイトモード」が追加され、夜景も自動で明るく撮れるようになった。被写体の背景をぼかす機能も利用できる。

 プロセッサはSnapdragon 720Gを搭載し、AQUOS sense3比でCPU性能は約2倍、GPU性能は約4倍向上している。メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB。最大1TBのmicroSDも利用できる。

 サイズは約71(幅)×148(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量は約177g。IP68の防水・防塵(じん)やおサイフケータイにも対応する。ワンセグ/フルセグは搭載していないが、FMラジオは搭載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう