レビュー
» 2020年12月17日 10時30分 公開

ドコモの「ahamo」はどれだけ安い? 他社サブブランド、楽天モバイル、MVNOと比較(3/3 ページ)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ドコモの現行プランと比較

 最後に、ドコモの現行プランとして、4G向けで定期契約ありの「ギガホ」「ギガライト」と比べてみた。

ahamo ahamoと4G向けギガホ、ギガライトとの料金比較

 ギガライトは1GBまでが月額2980円だが、1GBを超えると月額3980円に上がってしまい、1GBちょっと使っただけでahamoより高くなってしまう。こうした事態を見越してか、ドコモは1GBで高速データ通信をストップする「ギガプラン上限設定オプション」を2021年3月1日から提供する。「1GBで十分」という人はahamoに乗り替える必要はないだろう。

 一方、「みんなドコモ割」により、ファミリー割引の対象回線数に応じて2回線なら500円、3回線以上なら1000円が割り引かれる。仮に1000円が割り引かれるとしたら、3GBまででも月額2980円でahamoと同額になる。「家族3人がドコモを使っていて3GBで十分」という人も、ギガライトのままでいいだろう。さらに、「dカードお支払割」と「ドコモ光セット割」を適用すれば5GBでも2980円になるので、適用する割引によってどちらが安いかが変わってくる。

 ギガホは月額6980円で30GBだが、現在はキャンペーンにより60GBまで増量されている(終了時期は未定)。みんなドコモ割を適用すれば、月額5980円まで割り引かれる。この時点でahamoより3000円高いが、40GBの差(60GB−20GB)をどう捉えるかだろう。

 なお、ギガライトとギガホはともに、音声かけ放題は付いておらず、ahamoと同じ5分かけ放題のオプションを付けると、700円が加算される。ある程度通話をする人は、データ容量も加味しながら乗り換えを検討するのがよさそうだ。

 ……とここまで現在のギガライト、ギガホと比較してきたが、ドコモは既存プランの改定を予定しており、詳細は12月中に発表する予定。この比較は間もなく意味をなさなくなりそうなので参考程度にとどめてほしいが、ahamoとどれだけ価格差が縮まるか、あるいはプランの仕組みが変わるのか、注目したい。

ahamo ギガライトは各ステップの容量を上げるのか、はたまた値下げをするのか……?

 (2020年12月18日13時15分追記)ドコモは「5Gギガホ」と「ギガホ」を改定した「5Gギガホ プレミア」と「ギガホ プレミア」を発表。今回紹介しているギガライトの改定は発表されていない。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう