ニュース
» 2021年03月22日 17時10分 公開

ドコモ、公式アカウントからのメールを明示する新機能を提供 フィッシング詐欺対策に

NTTドコモは、同社や申込企業・団体の公式アカウントから送信されたメールだと明示する「ドコモメール公式アカウント」5月中旬以降に提供予定。公式アカウントのマークが表示され、送信元の判別が容易になるという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、5月中旬以降に同社や申込企業・団体の公式アカウントから送信されたメールであることを明示する新機能「ドコモメール公式アカウント」を提供開始する。

 本機能は実在する企業やサービスを装い、個人情報を盗み出そうとするフィッシング詐欺メールの対策として導入。「ドコモメール」のアプリやブラウザ版上でのメールに公式アカウントのマークが表示され、送信元の判別が容易になるという。

NTTドコモ 利用イメージ

 提供開始当初に導入が決定している企業はSMBCグループ、佐川急便、日本郵政グループ、三菱UFJ銀行、LINE、楽天。NTTドコモが提供する各種サービスでの通知も含まれる。

 ドコモメール利用者は自動適用され、導入を希望する企業・団体は一定の条件付きでWebサイトの法人窓口から受け付ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう