世界を変える5G

ドコモの「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition」の店頭販売がスタート ドコモショップとGalaxy Harajukuで購入可能

» 2021年08月02日 12時50分 公開
[井上翔ITmedia]

 NTTドコモが6月3日に発売したサムスン電子製スマートフォン「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」。当初はドコモオンラインショップ限定で販売していたが、このほど全国のドコモショップと、サムスン電子ジャパンが運営するショーケース(常設展示場)「Galaxy Harajuku」(東京都渋谷区)でも購入できるようになった。

パッケージなど Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B

Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51Bの概要

 Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51Bは、その名の通り「Galaxy S21 5G SC-51B」をベースにオリジナルカラー「Phantom Blue(ファントムブルー)」をまとい、オリンピックロゴを印字した他、「東京2020オリンピック」に関連するプリインストールコンテンツの追加などを行ったモデルだ。同オリンピックに出場した選手に提供される端末と、見た目も近い。

 ドコモオンラインショップにおける販売価格(税込み、以下同)は11万2464円で、ベースモデルの9万9792円と比べると1万2672円高くなっている。

サムスン電子のN206 サムスン電子は1998年の「1998年長野オリンピック」からオリンピックのワールドワイドパートナーとしてモバイル通信機器を提供している。写真は1998年長野オリンピックの際に提供されたNTTドコモの「デジタルムーバ N206」(NEC製)のOEM機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー