ニュース
» 2021年10月21日 10時00分 公開

iOS 15で対応した「ドラッグ&ドロップ」を便利に活用する方法

iOS 15ではファイルの異なるアプリ間におけるドラッグ&ドロップ操作に対応しました。例えば「写真」アプリで選んだ写真をLINEのトークで送ることができる。Siriを使った活用方法もある。

[井上晃,ITmedia]

 iOS 15ではファイルの異なるアプリ間におけるドラッグ&ドロップ操作に対応しました。iPadOSでは既におなじみの機能ですが、iPhoneやiPod touchでは初めて使えるようになったので、まだ試したことがない人も多いのではないでしょうか。本稿では、改めてiOS 15におけるドラッグ&ドロップの操作方法と、実用的な使い方について紹介します。

iOS 15 iOS 15で利用可能になったドラッグ&ドロップを試す

 iOS 15における異なるアプリ間でのドラッグ&ドロップ操作には、両手を使うのがおすすめです。ここでは例として、写真アプリで選択した画像を、LINEで友人に送信する手順で説明していきましょう。

 まずは「写真」アプリ内で表示されたサムネイル画像を長押しし、ドラッグした状態にします。この状態で、しばらくドラッグした状態の写真から指を離してはいけません。

iOS 15 例えば、右手で写真をドラッグし、左手でホームインジケーターバーを上方向にフリック(左)。右手はそのままホールドし、左手でホーム画面などを自由に操作する(右)

 指で画像を押さえつつ、さらにもう1つの指を使ってインジケーターバーを操作し、ホーム画面に戻ったり、アプリを切り替えたりといった操作を行います。

iOS 15 LINEのトーク画面で緑色の「+」が表示された状態になったら指を離す(左)。「送信」をタップすれば画像を共有できる(右)

 LINEの場合には、トーク画面で画像を押さえていた指を離すことで、「トークに送信しますか?」というポップアップが表示されました。ここで「はい」をタップすると、トーク上で指定の画像が共有されます。

 例えば、写真アプリで似たような画像の1つに編集を加えていたとしましょう。それをLINE内の画面から探すのは手間です。こういった場面でドラッグ&ドロップでアプリ間の共有操作を行えれば、画像やファイルを探し直す手間を省けるでしょう。

Siriを併用するのがおすすめ

 しかし、iPadとは違ってiPhoneでは複数アプリのウィンドウを同時表示できないので、どうしても両手を使ったタッチ操作手順が煩雑に感じるのも事実。あらかじめ2つのアプリを起動して準備しておくというのも面倒でしょう。そこで筆者がおすすめしたいのが、「Siri」を併用する方法です。

 例えば、複数のPDFファイルを指定して「Dropbox」アプリへアップロードする手順を想定してみましょう。先ほど同様に今度は「ファイル」アプリでファイルを長押ししてドラッグします。この状態で他の写真もタップすると複数選択が可能です。

iOS 15 「ファイル」アプリで複数のPDFをドラッグし、その状態のままSiriを起動(左)。例えば、「Dropboxを起動して」と指示すればすぐにドロップしたい先のアプリ画面が開く(右)

 続いて、ボタンの長押しやボイスコマンドでSiriを起動し、「Dropboxを起動して」のように指示を出します。すると、複雑なタップ操作をせずに、2つ目のアプリを起動することができました。この例では、フォルダを指定する操作は手動になってしまいますが、指定するアプリや指示の出し方(例えは「Siriショートカット」を事前にカスタマイズしておく)などの工夫によっては、大幅に手順を省略できる場合もありそうです。

テキストのドラッグ&ドロップもできる

 その他、ファイル操作以外に指定したテキストなども、ドラッグ&ドロップ操作の対象であることは知っておきましょう。

iOS 15 選択したテキストもドラッグ操作の対象だ(左)。同様の手順で新規メモを呼び出せば、コピペ操作よりも素早くメモできる(右)

 例えば、Safariで検索をしている最中に、気になった部分を選択し、長押しすることでドラッグした状態になります。この状態でSiriに「新規メモを表示して」と指示すれば、メモアプリで新規メモを作成した画面が起動するので、そこにドロップすれば、コピペ操作などをせずにメモを残せるという流れです。この方法が使いやすいかどうかは人によるでしょうが、ぜひ一度試してみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー