iPhoneのカメラで「空中に浮いているような写真」を1人で撮る方法iPhone Tips

» 2022年04月23日 12時00分 公開
[雪城あさぎITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 友人と集合写真を撮影する時は、小さく集まってインカメラで撮影するのもいいが広い背景をバックにアウトカメラで撮影すると当時の思い出を印象深く残せる。Live Photoなら前後の数秒も合わせて撮影するため思い出しやすく、インカメラよりアウトカメラが高画質なので見やすいという利点もある。

 そんなときに使えるのがタイマー機能だ。カメラアプリで上向き矢印のマークをタップすると選択でき、オフの他に3秒か10秒を選べる。タイマーを設定した状態でシャッターボタンをタップするとカウントダウンが始まり、フラッシュライトが点滅する。

iPhoneカメラタイマーiPhoneカメラタイマー 画面上部に表示されている矢印マークをタップし(画像=左)、画面下部のタイマーマークをタップする(画像=右)

iPhoneカメラタイマーiPhoneカメラタイマー タイマーは3秒か10秒を選べる(画像=左)。画面ロックを解除している場合、タイマーのカウントダウンは大きく画面全体に表示される(画像=右)

 タイマー機能はカメラを固定して撮影するのに向いている。例えば三脚のような固定具があれば、適当な場所にiPhoneを固定できるため、3000円程度の製品でも1つ持っておくと便利だ。筆者はイタリアのマンフロット製ミニ三脚を利用している。

 冒頭で「集合写真を撮るのに向いている」と述べたが、iPhoneから手を離して撮影できるという点では「自分でタイマーを仕掛けて自分を撮る」こともできる。うまく調整すると、数年前に流行した「空中に浮いているような写真」も撮れる。

iPhoneカメラタイマー 千代田区外神田、秋葉原の近くの万世橋にて撮影。ちょうど昼過ぎで人の少ないタイミングだった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー