スパイ時計のようなギミックが楽しい「HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro」山根康宏の海外モバイル探訪記

» 2023年05月26日 14時57分 公開
[山根康宏ITmedia]

 中国では子ども向けのスマートウォッチがかなり売れています。一人っ子政策や両親の共働き、誘拐対策などもあり、特に都市部では子どもがスマートウォッチをはめていることも珍しくないのです。

 スマートウォッチというとApple Watchを思い浮かべる人が多いでしょうが、子ども向けのキッズウォッチでは中国では小天才社のシェアが高く、XiaomiやHuaweiもさまざまな製品を出しています。その中でHuaweiの販売する最新キッズウォッチはまるでスパイウォッチのようなギミックが特徴。子ども向けというのがもったいなく、大人も使いたくなるような機能が搭載されています。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro

 「HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro」は1.6型(360×320ピクセル)ディスプレイを搭載する子ども向けのスマートウォッチ。バッテリーは800mAh。OSはHarmonyOS 2を搭載しており、同OS搭載のHuaweiスマートフォンの他、AndroidやiPhoneとの連携もできます。

 キッズウォッチならではの機能としては、nanoSIMが利用可能で単体で4G通信に対応。またフロントディスプレイ面と裏面それぞれにカメラを搭載し、単体でのビデオ通話もできます。カメラはフロントが500万画素、裏面が800万画素です。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 見た目は普通の子ども向けスマートウォッチだ

 パッと見ると普通のスマートウォッチですが、HUAWEI WATCH KIDS 5X Proは腕時計の本体部分が自在に動きます。ヒンジで90度立ち上がる他、360度回転させることができるのです。腕にはめたまま本体を立ててビデオ通話すればまさにスパイウォッチ感覚。なかなか楽しい製品です。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 時計本体は自在に動く

 そしてこのメインディスプレイを裏返すと、なんと裏面には1.52型の電子ペーパーディスプレイも搭載されているのです。バッテリー容量が少ないときや、炎天下でカラーディスプレイが見にくいときなど、こちらの画面に切り替えて使うこともできるというわけ。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 裏側は電子ペーパーを搭載
HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 電子ペーパーウォッチに早変わりする

 これだけでも楽しくつかえるHUAWEI WATCH KIDS 5X Proですが、さらに時計本体を取り外すこともできるのです。外した後は首からぶら下げてペンダントのように使うことも可能。まだ手首が細い低学年の子どもには、ペンダントとしてぶら下げて使わせるのがいいかもしれません。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 時計本体を外すこともできる

 内蔵アプリは活動量計やモバイルペイメントのAlipay、他にHuaweiのキッズウォッチ同士でコミュニケーションが取れるSNSアプリなどが入っています。歩数計などは大人向けのHuaweiの一般的なスマートウォッチとUI(ユーザーインタフェース)が同じなので、同社製品を使っている人にとっても使いやすいでしょう。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 活動量計のUIは大人向け製品と同等

 電子ペーパーディスプレイ側でも歩数を見るなどある程度のことはできるようです。カラー画面と電子ペーパー画面のデュアルディスプレイ搭載スマートフォンは、過去に何機種か登場したものの、成功しませんでしたが、子ども向けスマートウォッチなら十分「アリ」と思えます。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 電子ペーパー側では基本的なことができる

 価格は1999元(約3万9000円)と、子ども向けとはいえ結構高価。そこでHuaweiはディスプレイを片面だけにした「HUAWEI WATCH KIDS 5X」も1599元(約3万1000円)で出しています。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 廉価版となる「HUAWEI WATCH KIDS 5X」
HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 裏面に電子ペーパーディスプレイは搭載されていない

 ところで、HUAWEI WATCH KIDS 5X Proはいきなり出てきた製品ではありません。中国のキッズウォッチトップメーカーである小天才が既に時計本体が回転するモデルを数年前から出しており、2022年には本体が外れる「Z8」を1999元で発売。高価にもかかわらず中国で人気製品になっています。HuaweiはこのZ8人気にあやかり、さらに両画面とすることで「ハイエンドキッズウォッチ」市場で覇権を握ろうとしているのでしょう。中国の子ども向けスマートウォッチから目が離せなくなりそうです。

HUAWEI WATCH KIDS 5X Pro 元祖スパイウォッチの小天才「Z8」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  4. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  9. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー