ニュース
» 2007年11月02日 14時55分 公開

OSはLeopardへ移行中:アップル、MacBook ProのCPU/HDDを強化

アップルはMacBook ProのBTOメニューを拡充。Core 2 Duo 2.6GHzや5400rpmの250GバイトHDDが選択可能になった。搭載OSはLeopardに切り替わっている。

[ITmedia]
MacBook Pro

 アップルは11月2日、MacBook ProのBTOオプションを拡充した。2.4GHz Core 2 Duoを搭載した15/17インチモデルについて、購入時のオプションに2.6GHz Core 2 Duo(+3万1920円)が選択可能になっている。また、HDDのBTOオプションは、15インチモデルが160Gバイト(7200rpm)/200Gバイト(4200rpm)、17インチモデルが160Gバイト(7200rpm)/250Gバイト(4200rpm)といった構成だったが、いずれも200Gバイト(7200rpm)/250Gバイト(5400rpm)のドライブに強化された。

 それ以外の基本スペックに変更はない。ちなみにアップルによれば、10月26日以降に出荷されたMacBook Proは、プリインストールOSがMac OS X v10.5 Leopardに切り替わっているという。

 なお、同日にはMacBookのモデルチェンジも行われた。こちらはアーキテクチャがSanta Rosa世代に移行するなど、大幅にパワーアップしている。

関連キーワード

Mac | Leopard | Apple | MacBook | Mac OS X | Santa Rosa | Core 2 Duo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう