PC USER Pro

マイレッツ倶楽部に“プレミアムなN”が登場──「Let'snote N9」2010年PC秋モデル

» 2010年09月06日 15時00分 公開
[ITmedia]

低価格で企業導入に適したLet'snote Nシリーズ

Let'snote N9

 今回登場したLet'snote N9は、ほかのLet'snote新モデルと同様に、CPUとHDD容量が強化された。CPUは従来モデルと同じTDP35ワットモデルながらCore i5-560M(2.66GHz、Turbo Boost Technology有効時で3.2GHz)に変更され、HDD容量は500Gバイトに増えている。出荷開始は9月11日で、価格は19万円前後。なお、Microsoft Office導入モデルは用意されない。

 標準で導入されるOSは64ビット版のWindows 7 Professionalで、初期設定時に32ビット版 Windows 7 Professionalが選択可能だ。チップセットはIntel QM57 Express、メモリ容量は標準構成で4Gバイト、最大6Gバイトと、そのほかのシステム構成は従来モデルと共通する。

 本体サイズは、282.8(幅)×209.6(奥行き)×23.4〜38.7(厚さ)ミリとLet'snote S9と同じだが、光学ドライブを搭載しないモデルなので、重さは約1.28キロと軽い。オプションの軽量バッテリーを搭載した状態では約1.12キロとさらに軽くなる。本体の重さは従来モデルと同じだが、バッテリー駆動時間は改善され、標準バッテリー搭載時で約14.5時間、軽量バッテリー搭載時で約7時間となった。

 本体搭載のインタフェースには、3基のUSB 2.0にギガビット対応有線LAN、アナログRGB出力、HDMI、PCカードスロット(TYPE II準拠)、SDメモリーカード(SDHC、SDXCにも対応)などを備える。また、無線接続では、Centrino Advanced-N+WiMAX 6250の内蔵で、IEEE 802.11 a/b/g/nとモバイルWiMAXが利用できる。

ついに“N”にも「プレミアムエディション」が登場

 Web販売限定のマイレッツ倶楽部で用意されるLet'snote Nシリーズは、従来「ハイスペックモデル」だけだったが、2010年冬モデルでは、プレミアムエディションが選べるようになった。

 プレミアムエディションでは、CPUが店頭モデルのCore i5シリーズではなく、Core i7-640M(2.8GHz、Turbo Boost Technology有効時で最高3.46GHz)を搭載、データストレージは256GバイトのSSDを採用。ワイヤレス接続も、IEEE 802.11 a/b/g/n、モバイルWiMAX、Bluetooth Ver.2.1+EDR(Class 2)に加えて、NTTドコモのFOMA HIGH-SPEEDデータ通信モジュールを搭載した「無線接続全対応」モデルが選べる。

 なお、プレミアムエディションのデータストレージはSSDのみで、HDD搭載モデルは選べない。また、従来のハイスペックモデルで選べた「無線接続全対応」構成はプレミアムエディションだけとなる。

Let'snote 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
N9 CF-N9 1スピンドル CPU、HDD、バッテリー強化 Core i5-560M(2.66GHz) 4GB(DDR3) 500GB 64ビット版(32ビット版)7 Professional 19万円前後

Let'snote 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU オフィス 重量
N9 CF-N9 12.1型 1280×800 Intel QM57 Express ─            CPU統合 ─            約1.28キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. アドバンテック、第14世代Coreプロセッサを採用した産業向けシングルボードPC (2024年04月24日)
  10. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー