ニュース
» 2011年05月30日 20時42分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2011:ASUS、「Padfone」初公開 (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“spun”仕上げのメタリック天板が光り輝く最薄3ミリノートPC

 ノートPCでは、薄型ノートPCの2モデルが公開された。その1つ、「new UX Series」は、厚さが最薄部で3ミリ、最も厚い部分で17ミリという薄いボディを採用する。本体の重さは1.1キロと、厚さに比して重く感じるが、これは、アルミニウムのユニボディを採用するとともに、天板に“spun”フィニッシュとASUSが呼ぶ円を描くヘアラインを施して特徴のある輝きを放つメタリックパネルを採用しているためだ。バッテリー駆動時間も7時間以上を目指すとしている。

 また、性能も重視しており、CPUには、“Sandy Bridge”世代のCore i7シリーズの搭載も可能という。ストレージデバイスはSerial ATA 6Gbps対応のSSDを予定しており、スリープ状態からの復帰が数秒(カンファレンスのスライドでは2秒とある)で可能になると説明している。本体搭載のインタフェースでは、USB 3.0を用意するほか、接続する周辺機器にPCが起動していない状態でも充電できる「USB Charger +」対応コネクタも備える。

最薄部3ミリ、最厚部17ミリの薄型ボディを採用する「new UX Series」

その薄いボディとあわせて、ASUSが“spun”フィニッシュと呼ぶ、円を描くヘアラインを施した天板もnew UX seriesの訴求ポイントだ(写真=左)。その効果で特徴のある輝きを放つnew UX seriesをアピールするASUS台湾本社CEOのジェリー・シェン氏(写真=右)

 Eee PCでも、新モデル「Eee PC X101」が公開された。こちらもボディサイズが最も厚い部分で17.6ミリと薄いボディを採用する。液晶ディスプレイサイズは10.1型ワイドで、搭載するCPUは「Atom N435」とASUSは説明する。本体の重さは950グラムを予定している。

 Eee PC X101では、OSにMeeGoを導入したモデルを用意する。ただし、“オプション”として、Windows 7シリーズ(それ以上のエディションは明らかにしていない)を導入して、データストレージにSSDとHDDを搭載するモデルも選択できるとのことだ。

17.6ミリの薄型ボディを採用するEee PC X101は(写真=左)、カラーバリエーションとしてレッドとブラウンが展示されていた(写真=右)


 カンファレンスでは、このほかにも、27型ワイド液晶ディスプレイを搭載する液晶一体型PC「ET2700XVT」や2011 International CESで登場したEee PC Slider「SL101」、ステレオ立体視表示に対応したタブレットデバイス「Eee Pad MeMO 3D」、そして、ジェスチャー操作などに対応するワイヤレスユーザーインタフェース「WAVI Xtion」などが紹介された。Padfoneの詳細仕様などもふくめて、詳しい情報は展示ブースが公開される後日に改めて紹介する予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう