ニュース
» 2012年07月23日 08時05分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「やたらと省電力」な新ブランドHDD「WD Red」に注目! (2/4)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「評判がよければ、今後も入れていきたい」――Club 3Dブランドのカードが出回る

 ドスパラ パーツ館のグラフィックスカードコーナーには、アキバで見慣れない「Club 3D」というメーカーのRadeon系カードが並んでいた。「オランダの会社が作っていて、欧州で10%程度のシェアを持っているブランドです。ここまでまとまって入荷したのは、おそらく初めてだと思います」と語る。

 店頭に並んでいたのは、Radeon HD 7850のOCモデル「Radeon HD 7850 royalKing」と、HD 7750搭載のファンレスモデル「Radeon HD 7750 royalQueen」、HD 5450搭載のファンレスモデル「Radeon HD 5450 Noiseless Edition」の3種類。価格は順に2万800円と1万980円、2480円だ。

 同店がとくに期待しているのは上位のRadeon HD 7850 royalKing。「HD 7850の最安ラインでオーバークロック仕様ということで、コストパフォーマンスの高さが目を引きますね」とのことだ。

ドスパラ パーツ館に入荷したClub 3Dのグラフィックスカード。上位シリーズはトランプの役柄をモチーフにした名称が付けられる

 一方、HD 7750カードの新製品では、玄人志向「RH7750-LE1GHD/1ST」の注目度も街全体で高かった。ロープロファイル対応で、スロット1段分に収まる厚みに抑えたコンパクトなカードだ。価格は1万2000円弱。

 パソコンハウス東映は「このクラスのGPUだとmini-ITXマザーと組み合わせて使いたいという人が多いのですが、そうなると物理的にも場所をとらないものが望ましいわけです。RH7750-LE1GHD/1STはぴったりのカードなんですよ」とプッシュしていた。

玄人志向「RH7750-LE1GHD/1ST」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう