レビュー
» 2015年04月09日 11時34分 公開

「LaVie Hybrid ZERO HZ550/AAB」の軽さにまたしても驚くこれぞLaVie Zの直系(3/3 ページ)

[芝田隆広(撮影:矢野渉),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

薄くて軽いクラムシェル限定LaVie Hybrid ZEROの処理能力を測定する

 それでは、ベンチマークテストでHZ550/AABの処理能力を見ていこう。今回は参考までにレビューで紹介した、上位モデル「LaVie Hybrid ZERO HZ750/AAB」(以下HZ750/AAB)の数値と比較した。価格を抑えるためにCore i5-5200Uとシステムメモリ4Gバイトの構成を選んだ場合、上位モデルとどれぐらい性能が異なるのかの参考になるだろう。

製品名 HZ550/AAB HZ750/AA
CPU Core i7-5200U Core i7-5500U
システムメモリ 4GB(LPDDR3 SDRAM、最大4GB) 8GB(LPDDR3 SDRAM、最大8GB)
グラフィックスメモリ 最大2007MB(メインメモリと共用) 最大3839MB(メインメモリと共用)
重さ 約779グラム(内蔵バッテリパック含む) 約926グラム(内蔵バッテリパック含む)
バッテリー駆動時間 約5.9時間 約9.0時間

 まず「WIN SCORE SHARE」を使って、「Windowsエクスペリエンスインデックス」の結果を確認する。「プロセッサ」が7.3、「メモリ」が5.9、「グラフィックス」が4.6、「ゲーム用グラフィックス」が5.0、「プライマリディスク」が7.9で、総合評価は4.6となった。

WIN SCORE SHARE

 次にCPU性能を測る「CINEBENCH R15」、PCの総合性能を計測する「PCMark 8」、グラフィックス性能を見る「3DMark」「FINAL FANTASY XIV A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編」の結果を示したのが以下の表だ。

製品名 HZ550/AAB HZ750/AAB
★50★WIN SCORE SHARE 2.00 プロセッサ 7.3 7.4
メモリ(RAM) 5.9 7.5
グラフィックス 4.6 5.9
ゲーム用グラフィックス 5 5.9
プライマリディスク 7.9 7.6
総合 4.6 5.9
CINEBENCH R15 OpenGL(fps) 21.00 30.69
CPU(cb) 254 293
PCMark 8(2.3.293) Home 2418 2728
Creative 3033 3439
Work 3320 3623
Storage 4901 4901
3DMark(1.4.828) Fire Strike 568 746
Fire Strike Graphics 608 800
Fire Strike Physics 4032 4881
Fire Strike Combined 205 269
Sky Diver 2343 2769
Sky Diver Graphics 2256 2599
Sky Diver Physics 3084 4503
Sky Diver Combined 2190 2550
Cloud Gate 4182 5354
Cloud Gate Graphics 4855 6419
Cloud Gate Physics 2816 3388
Ice Storm 34701 49214
Ice Storm Graphics 36164 52186
Ice Storm Physics 30398 41035
FINAL FANTASY XIV A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編(6.2 ビルド9200) 1920×1080最高品質 631(動作困難) 946(動作困難)
1920×1080高品質(ノートPC) 790(動作困難) 1236(設定変更が必要)
1920×1080標準品質(ノートPC) 1308(設定変更が必要) 2090(普通)
1280×720最高品質 1281(設定変更が必要) 1852(設定変更を推奨)
1280×720高品質(ノートPC) 1569(設定変更を推奨) 2379(普通)
1280×720標準品質(ノートPC) 2512(やや快適) 3808(快適)
CRYSTAL DISKMARK 3.03(1000Mバイト) シーケンシャルリード 494.6 491.4
シーケンシャルライト 124.0 141.1
ランダム512Kリード 394.5 394.5
ランダム512Kライト 124.4 141.7
ランダム4Kリード 28.45 27.90
ランダム4Kライト 88.14 91.33
4K QD32リード 316.8 332.4
4K QD32ライト 124.8 140.9

 グラフィックス機能は両機種ともCPUに統合した「Intel HD Graphics 5500」を使用している。やはりCPUの動作クロックとメモリ容量の違いもあって、CPU性能やグラフィック系の処理となると、HZ550/AABは低めの結果となる。

 ただ、800グラムを切る軽さが最重要項目の本機は、携帯用途がメインであり、3Dゲームが快適に動くか否かを重視するユーザーは多くはないはずだ。ドキュメントやプレゼンテーション資料の作成といったオフィス用途、インターネットを利用したコミュニケーションや情報収集で特に不満が出ることはない。

 ディスク性能を示す「Crystal Disk Mark 3.0.3」の結果では、搭載ストレージがSSDということもあって、十分な速度を発揮している。SSDの容量は128Gバイトで、WindowsのCドライブとしてシステムから認識できるのは約102Gバイト。評価機材では空き容量が約72Gバイトとなっていた。

 携帯用途ということで気になるのが実質的なバッテリー駆動時間だ。カタログスペックは「5.9時間」だが、バッテリーベンチマークテストである「bbench 1.01」(海人氏作)を使って、実使用でのバッテリー駆動時間を検証してみた。検証時の条件は、電源プランを「バランス」、ディスプレイの輝度を40%、無線LAN接続とBluetoothは有効にして「60秒間隔でのWeb巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」で実行。WebブラウザはIneternet Exprolorer 11で、タブブラウズはオフにしている。

 この状態で、満充電からバッテリー残量5%になって休止状態に入るまでの時間を計測したところ、「5間37分42秒」という結果が出た。おおむねカタログスペック通りといえる。こちらも上位モデルのHZ750/AAと比べると短いが、HZ550/AABの軽さはバッテリー容量を減らしたことで実現しているので、ユーザーは本隊の重さとバッテリー駆動時間のトレードオフでどちらのモデルを選ぶのかを判断することになるだろう。

 なお、Web直販のNEC Directでは、税別1万円プラスで大容量バッテリーを搭載した構成を選択できる。この構成でバッテリー駆動時間は公称値で約9時間、本体の重さは約850グラムになる。

とにかく手軽に持ち運べるキーボード入力重視ユーザーに適したLaVie Zの跡継ぎ

 HZ550/AABで目立つのはその圧倒的な軽さだ。CPUやグラフィックスなどのパフォーマンス面は、Core i7-5500Uを搭載した上位モデルと比べるとやや弱い部分もあるが、用途を考えれば、購入をやめるほどの致命的な問題ではない。2015年4月におけるNEC Direct価格は最小構成で税別14万6800円だ。

 なお、NEC DirectでCPUにCore i7-5500U(2.4GHz/最大3GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ 4Mバイト)、システムメモリ8Gバイトの構成を選んだ場合、【4月9日15時まで】のキャンペーン価格で税別16万3800円になる

 本製品はビジネスを中心としたモバイルユーザーにこそ適しているといえそうだ。タッチパネルはないものの、キーボードがしっかりしているので、テキスト入力を重視したい場合には最適なノートPCとなるだろう。

 取り外しキーボードや画面回転などといった派手なギミックはない。しかし、モバイルノートPCとして余分な部分はギリギリまでそぎ落とし、ディスプレイのサイズやキーボードなどのPCとして作業効率に影響する部分は必要なスペックを確保している。まさに、LaVie Zで培ってきたモバイルノートPCのノウハウをすべて受け継いだ安心の1台といえる。

LaVie Hybrid ZERO HZ550/AABの評価機構成をデバイスマネージャーで確認する

評価機材のデータストレージはサムスン電子の「MZNTE128HMGR-000L1」を搭載。CPUはCore i5-5200Uを採用する

NEC Direct

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう