ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LaVie Hybrid」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LaVie Hybrid」に関する情報が集まったページです。

Wi-Fi 6もLTEも光学ドライブも内蔵可能:
コスパ良好でテレワークにも対応! 堅実なビジネスPC「MousePro NB5」を試す
マウスコンピューターの「MousePro NB5」シリーズは、光学ドライブをはじめ、Wi-Fi 6やLTEも内蔵可能なビジネス向けの15.6型ノートPCだ。豊富なBTOメニューが用意されている中から、コスパに優れた“全部入り”モデルをチェックした。(2020/3/12)

CES 2020:
なぜ今、NECPCは米国再進出を目指すのか? 薄型・軽量ではない日本クオリティーの持つ意味
NECパーソナルコンピュータ(NECPC)が、米国市場に再びチャレンジすることになった。2015年のテストマーケティングとは異なり、今回はNECブランドで挑むのはなぜか。同社のデビット・ベネット社長に話を聞いた。(2020/1/29)

子ども専用PCも登場:
「フォトグラファーに届け!」と願うNECPCが「LAVIE VEGA」に込めた思いと機能
1月21日、NECパーソナルコンピュータがLAVIEシリーズの新モデルについて、発表会を開催した。この春モデルに込めた同社の狙いとは何か。(2020/1/23)

「世界最軽量」よりも「バランス」――LAVIE Pro Mobileの新たなる挑戦
「世界最軽量」を追い求めてきたNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズ。その後継である「LAVIE Pro Mobile」では、その看板をあえて掲げていない。その背景には何があるのだろうか。(2019/5/15)

プロシューマー向け13.3型モバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile」登場 カスタマイズモデルは「LTE」「16GBメモリ」対応
NECパーソナルコンピュータの軽量モバイルPC「LAVIE Hybrid ZERO」の13.3型モデルが、新たな名前を得てモデルチェンジ。いわゆる「プロシューマー」をターゲットに、実用性を重視した設計となっている。(2019/5/14)

第8世代Coreプロセッサを搭載して軽さ据え置き――13.3型「LAVIE Hybrid ZERO」に2018年秋モデル登場 使い勝手も改善
NECパーソナルコンピュータの2in1 PC「LAVIE Hybrid ZERO」の13.3型モデルがCPUを刷新。コア数の増加で処理能力を向上しつつ、重量は従来から据え置いた。新色も登場する。(2018/10/16)

プレミアムスタンダードノート「LAVIE Note NEXT」見参 “ゼロベース”で開発
NECパーソナルコンピュータの15.6型ノートPCに、新しいプレミアムモデルが登場する。PCの買い換えサイクルが延びる中、長く使うために必要な機能を厳選して搭載している。(2017/10/17)

モバイルにクアッドコアのパワーをもたらす:
第8世代Coreプロセッサーを発表 最大40%の性能アップ
Intelから第8世代Coreプロセッサーが発表された。その概要を速報しよう。(2017/8/21)

世界最軽量に返り咲き? 富士通の13.3型ノートPC「実は761gでした」
富士通とNECのノートPC世界最軽量合戦にはまだ続きがあった。(2017/2/23)

もっと若者にPCを――「LAVIE Hybrid ZERO」「LAVIE Note Mobile」 2017年春の挑戦
世界の先進国と比べて、日本の若者のPC普及率は低い。なぜ若者はPCを使わないのか――疑問を突き詰めて開発されたのが、NECパーソナルコンピュータの軽量2in1 PC「LAVIE Hybrid ZERO」と新モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」だ。(2017/2/7)

2017年PC/タブレット春モデル:
新設計でより軽くなった13.3型に注目――「LAVIE Hybrid ZERO」2017年春モデル登場
超軽量ノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の2017年春モデルが3月2日に登場する。フルモデルチェンジを果たした13.3型モデルは、同じ画面サイズの2in1 PCとしては世界最軽量の約769gを実現。また、11.6型のデタッチャブルモデルについてもマイナーチェンジを実施する。(2017/2/7)

2016年PC/タブレット秋冬モデル:
第7世代Coreを採用した主力ノートなど「LAVIE」2016年秋冬モデル
NECが個人向けPC「LAVIE」4シリーズ39モデルを投入した。(2016/9/13)

2016年PC/タブレット夏モデル:
新デザイン、プロセッサ刷新モデルも 動画が楽しい「LAVIE」2016年夏モデル
NECパーソナルコンピュータが、個人向けPCの2016年夏モデルを発表した。(2016/5/10)

PC USER 週間ベスト10:
Amazonプライム会員と一般会員の格差は広がるばかり?(2016年4月4日〜4月10日)
Amazonの配送料改定が大きな注目を集めています。他にもHPの新ロゴにまつわるエピソードや、オート調光サンバイザーのレビューなど、ユニークな記事が目立った1週間でした。(2016/4/11)

LTE対応SIMスロット搭載:
一度手にすればきっと驚く――約798gで世界最軽量2in1の11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に迫る
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズは、とことん軽量を追究したノートPCだ。2016年春モデルとしてラインアップに加わった11.6型モデルの実力をチェックしてみよう。(2016/4/8)

モノ作りの米沢を発信:
「米沢牛だけじゃない!」――市長も約798グラムの世界最軽量「LAVIE」に“ラブ”コール
NECパーソナルコンピュータは、11.6型2in1ノートPCとして世界最軽量となる「LAVIE Direct HZ(D)」の出荷を2月25日より開始した。生産拠点の米沢事業場が立地する米沢市長のもとには、純米沢産ともいえる同製品が届けられた。(2016/2/26)

試行錯誤で使いやすく魅力的に:
11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に匠が込めた“燃え上がる魂”(後編)
11.6型のデタッチャブルPCで世界最軽量を実現した「LAVIE Hybrid ZERO」。そのオプション品である「フラットカバーキーボード」は、さまざまな苦労の末に生まれてきた。キーボードの「匠(たくみ)」と、直販サイトの担当者の話を聞いてみよう。(2016/1/28)

ただ「軽い」だけじゃない:
11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に匠が込めた“燃え上がる魂”(前編)
11.6型のデタッチャブルPCで世界最軽量を実現した「LAVIE Hybrid ZERO」。同機を開発した「匠(たくみ)」たちは、その粋を結集し、単に「軽いPC」以上のものを作り上げた。まずは、商品企画と機構設計の匠の話を聞いてみよう。(2016/1/23)

NEC、11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に直販限定カラー「プレシャスゴールド」
NECは、11.6型デタッチャブルPC「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズの直販モデルに限定カラーの「プレシャスゴールド」を用意する。(2016/1/21)

もっと自由に、もっと気軽に:
2016年春の「LAVIE Hybrid Frista/ZERO」で変わるライフスタイル
LAVIEの2016年春モデルは、「Hybrid Frista」と「Hybrid ZERO」が主役。両機種の特徴を、NECパーソナルコンピュータの担当者が語った。(2016/1/18)

PC USER 週間ベスト10:
2年分インク付きプリンタが自宅の印刷革命を起こす?(2016年1月11日〜1月17日)
今回のアクセスランキングは、2年分のインクが付属するエプソンのプリンタ新製品に大注目です。(2016/1/18)

今後はパートナーとの「共創」も鍵:
2015年も「LAVIE」がトップシェアだった理由とは?
2013年から3年間、NECパーソナルコンピュータは個人向けPCの販売シェアにおいて1位の座をキープしている。2016年春モデルの発表会で、同社の留目社長はその秘訣(ひけつ)の一端を説明した。(2016/1/13)

2016年PC/タブレット春モデル:
第6世代Coreを採用し、新デザインに進化──「LAVIE Hybrid Frista」
15.6型フリースタイルPC「LAVIE Hybrid Frista」は、CPUに第6世代Coreを採用したほか、デザインを刷新。インタフェースのレイアウト変更でより使いやすくなった。(2016/1/13)

2016年PC/タブレット春モデル:
11.6型タブレット・デタッチャブルタイプ登場 13.3型はCPUを刷新――「LAVIE Hybrid ZERO」
超軽量ノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の新モデルが登場。11.6型タブレット・デタッチャブルノートが新たに登場するほか、13.3型のクラムシェル・2in1も、第6世代Core iプロセッサを搭載してリニューアルする。(2016/1/13)

PC USER 週間ベスト10:
CESで注目された新型PC/スマホ/ガジェットは?(2016年1月4日〜1月10日)
今回のアクセスランキングは、ラスベガスで行われたCES 2016の話題に注目が集まりました。(2016/1/13)

CES 2016:
驚異的な軽さ! 11.6型の新2in1「LAVIE Hybrid ZERO」の実機に触れた
NECは、薄型軽量の「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズ新モデルをCES 2016で参考出展中だ。実機に触れて、驚きの軽さをチェックした。(2016/1/7)

CES 2016:
NEC、超軽量2in1ノート「LAVIE Hybrid ZERO」新モデルをCES 2016に参考出展 Core M搭載タブレット単体で500グラム以下
圧倒的な軽さで支持を集めるモバイルノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の新モデルは、キーボード着脱式の11.6型デタッチャブル2in1ノートだ。CES 2016でお披露目する。(2016/1/5)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したノートPC
今年発売された製品の中からジャンル別に注目モデルを選出するアワード企画。ノートPC部門のベストチョイスは?(2015/12/31)

2in1、ノート、デスクトップまで:
達人レビュアーが独断で選ぶ2015年のイチオシPC
2015年もさまざまなPCが登場し、注目機種を次々とレビューしてきた。その中でも個人的に強く印象に残ったPCを挙げていこう。(2015/12/30)

得た技術と失われた技術
覚えている? この10年間にノートPCで起こった「10の変化」
2005年といえば、インテルの“Sonoma”こと第2世代Centrinoが登場したころ。CPUは“Dothan”で動作クロックは最高で2.13GHz、チップセットは“Alviso”といえば10年間という時間を感じることができるだろうか。(2015/11/29)

超軽量で持ち運びも楽々:
お店にはない! 「LAVIE Direct HZ」のハイスペックなクラムシェルモデルを使ってみよう
「LAVIE Hybrid ZERO」のクラムシェルモデルは、とにかく軽い。でも、スペックが……という人。直販限定の「LAVIE Direct HZ」なら、ハイスペックモデルも選べます。(2015/11/13)

メディアなしのPOSAカードで販売:
「Office 2016」の日本向けラインアップ発表――単独発売は9月30日、Office Mobileにも365提供
9月23日から「Office 365」サブスクリプション契約ユーザー向けに提供されている「Office 2016」だが、永続ライセンス版の国内販売は9月30日に始まる。(2015/9/30)

2015年PC/タブレット秋冬モデル:
Windows 10でさらに使いやすい2in1に──「LAVIE Hybrid ZERO/Frista/Standard」
OSの変更以外にも“Frista”ではCPUを強化。“Standard”では“会話もできる”LAVIEボイスを導入した。(2015/9/15)

2015年PC/タブレット秋冬モデル:
Windows 10全面採用、Skylakeノートも登場──NEC「LAVIE」秋冬モデルの見どころ
NECパーソナルコンピュータは、9月15日に「LAVIE」ブランドの2015年秋冬モデルを発表した。9月中旬から順次発売する。(2015/9/15)

“Braswell”Celeonの性能は?:
11.6型ディスプレイ2in1 PC「HP Pavilion 11-k000 x360」の“7万円前後の使い勝手”を試す(後編)
見た目鮮やかなデザインが目を引く日本HPの2in1 PC。今回は、新世代CeleronとHDDの組み合わせによる費用対効果を試してみる。(2015/8/28)

都心のアウトドアイベントでPCの面白さをアピール:
「自分のPCが欲しい?」「特に〜」という子供たちにYOGA Tablet 2とLaVie Tabを使ってもらう夏
ヤクルトスワローズが神宮球場でキャンプイベントを開催。NEC・レノボ・ジャパングループがYOGA Tablet 2とLaVie Tab Sでサポートした。(2015/8/17)

“eクーポン適用で5万円台”にも注目:
これは“ほどよい2in1──「Lenovo MIIX 3」の“優れたバランス感覚”を試す(後編)
“Miix”から“MIIX”に変わった三代目を使い勝手を検証。今回は、価格を重視して採用したAtom Z3735の費用対効果を改めて試してみる。(2015/7/22)

魅惑のアルミ×カーボン×狭額ボディ:
隠れた名機か? 13.3型“世界最小”モバイルノートPC――「XPS 13 Graphic Pro」徹底検証(前編)
デルの「XPS 13 Graphic Pro」は、13型クラスで世界最小をうたうモバイルノートPCだ。その洗練されたボディと性能、使い勝手をじっくりチェックしていこう。(2015/7/13)

薄型軽量金属ボディで気になる表面温度は?:
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(後編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な使い心地と処理能力に迫る。(2015/6/22)

トップインタビュー:
レノボとNECから学ぶ“賢い”事業統合の進め方
グローバル規模での企業のM&Aが活発だ。だが、異なる組織の統合には課題も多い。そうした中、相次ぐ企業買収により収益を着実に伸ばしているのがレノボ・グループである。事業統合に携わったレノボ・ジャパンの留目社長がその勘所を語った。(2015/6/12)

NEC Direct、最大40%割引の「新製品とくとくフェア」開催中
NECは、同社Web直販サイト「NEC Direct」で、期間限定の割引セールを開催した。クーポンとの組み合わせで夏モデルも春モデルも割引価格で購入できる。(2015/5/29)

6月放送CMのメイキングも公開:
武井さんと浮いてしまうほどに軽いZERO──LAVIE新ブランドロゴ説明会
2015年夏モデルから表記をすべて大文字にしたLAVIE。ロゴデザインも一新したその理由を紹介した。(2015/5/19)

2015年PC/タブレット夏モデル:
着脱式も加わってラインアップ充実──「LAVIE Hybrid ZERO/Advance/Frista/Standard」
本体とキーボードが分離する2in1“LaVie U”が「LAVIE Hybrid Standard」として加わった充実のラインアップでユーザーの選択肢が広がった。(2015/5/12)

2015年PC/タブレット夏モデル:
LaVieからLAVIEへ。ロゴマークを一新して2in1モデルを拡大──NEC「LAVIE」夏モデルの見どころ
NECの個人向けPCラインアップのロゴがすべて大文字に変更。Hybridには“Standard”シリーズが登場。アプリ機能を強化した夏モデルの見どころをチェックする。(2015/5/12)

Miix 2 8をまだ仕事で使っています:
ZAGG「Auto-fit 8 Folio Keyboard For Android & Windows」で8型Windowsタブレットは快適になるか
どんなに狭いテーブルでも使える8型Windowsタブレットの機動力。しかし、それは、快適に使える外付けキーボードがあってこその話だ。(2015/4/15)

よし納税するか 米沢市のふるさと納税返礼に「ThinkPad X1 Carbon」や「ThinkPad X250」など採用
そこそこの納税額が必要だけどね……。(2015/4/13)

それぞれ限定100台、納税急げ:
米沢市、ふるさと納税返礼品に「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X250」「LaVie Direct HZ」などを採用
3月にあった市長の発言通り、米沢市はふるさと納税返礼品としてThinkPadシリーズとLaVieシリーズを採用した。対象はそれぞれ100台限定となる(13日12時39分追記)。(2015/4/13)

PC USER 週間ベスト10:
「Apple Watch」と「新しいMacBook」に人気集中!(2015年4月6日〜4月12日)
今回のアクセスランキングは、トップ10のうち7本もの記事が「Apple Watch」と「新しいMacBook」で占められました。(2015/4/13)

これぞLaVie Zの直系:
「LaVie Hybrid ZERO HZ550/AAB」の軽さにまたしても驚く
LaVie Hybrid ZEROには、2in1モデルのほかに軽量重視のクラムシェルモデルがある。実機を持ってその軽さに驚くのはいつものことだが、さてその実力は?(2015/4/9)

「ふるさと納税でThinkPad」も計画中:
“米沢生産”ThinkPadはこうして作る
“500台限定のJapan Limited Edition”で始まったThinkPadの米沢生産モデル。そこでは、NECの“細やかな”生産ノウハウが日本のThinkPadを生み出していた。(2015/3/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。