連載
» 2018年06月18日 16時00分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:「次世代Surface」にまつわる3つの開発コード名 2018年後半に何が出る? (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

2018年後半に出てくるMicrosoftの新ハードウェアはどうなる?

 Microsoftが準備している新ハードウェアの開発コード名については米ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏も触れており、サムス氏の情報を補足している。

 まず、Surface Pro 6(仮称)にあたる製品といわれるCarmelについては、「2019年半ばがリリースのターゲットになっており、ハードウェアの大幅なデザイン変更が加わる見込み」だという。

 低価格SurfaceことLibreについては同氏も同じ開発コード名を確認しているものの、Microsoft関係のリーク情報で知られるWalkingCatはTwitterで「Lex」と言及しており、この部分は一致していない。

 またサムス氏が触れていない情報として、「Intelの第8世代Coreプロセッサを搭載したSurface ProとSurface Laptopの次世代モデルについては、2019年秋の投入が見込まれる」という。ただし、USB Type-Cサポートの有無は分からないとしている。

 ちなみに、Surface Studio 2の情報も現時点では不明だが、こちらの開発コード名は「Capitola」だと米Windows Centralのザック・ボーデン氏は説明しているようだ。

 以上の情報をまとめると、2018年後半に投入が見込まれるMicrosoftの新ハードウェアは比較的地味な内容になりそうな予感がある。Surfaceの後継機とは別に、今後は本当に製品が投入されるのかも含め、Andromedaというキーワードが盛り上がってくるかもしれない。夏以降の追加情報を楽しみに待ちたいところだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう