ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Surface Laptop」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Surface Laptop」に関する情報が集まったページです。

テキスト入力一本勝負(後編):
11型iPad ProとSurface Go、テキスト入力で使えるのはどっち?
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folio、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、テキスト入力での使い勝手を検証する。(2019/6/14)

テキスト入力一本勝負(前編):
11型iPad ProとSurface Goをキーボードセットで比べてみた
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせ、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、前後2回に分けて使い勝手を検証する。(2019/6/13)

Surface Goの“正しい”使い方:
立って使う2in1 PCなら「Surface Go」っていいじゃん
日本マイクロソフトの2in1 PC「Surface」シリーズ。人気モデルの「Surface Pro 6」に続き、最も小型な「Surface Go」を試してみた。(2019/5/20)

Dial回せば円満に?:
Surface Pro 6で暗い影を落とした夫婦関係を修復する方法
日本マイクロソフトの2in1 PCで人気の高い「Surface Pro 6」。実際にSurface Proを使っているユーザーにリサーチして、その悩みと解決方法を考えてみた。(2019/5/17)

2in1 PCの原点に返ってみる:
2in1 PCの最前線「Surface Pro 6」を試して分かった驚き
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCの「Surface」シリーズ。その豊富なラインアップの中から、人気モデルの「Surface Pro 6」をチェックした。(2019/5/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceの成功は日本なくしてありえなかった」と“Surfaceの父”パネイ氏が語る日本への思い
Microsoftのデバイス事業を率いるパノス・パネイ氏が来日し、プレス向けにトークセッションを開いた。Microsoftの2in1 PC「Surface」シリーズを中心に話を聞いた。(2019/5/13)

まさかこんなに使えるヤツだったとは:
「Surface Laptop 2」にもっと光を! プレミアムなモバイルPCを使って実感したこと
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCが「Surface」シリーズだ。登場から7年近くがたち、ラインアップも豊富になったSurface各モデルの魅力に改めて迫る。まずは「Surface Laptop 2」からだ。(2019/4/19)

税別10万円切り“フルディスプレイ”ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を日本投入
ファーウェイ・ジャパンが新型ノートPC「MateBook 13」を発表した。スペインで行われた「MWC19 Barcelona」において発表されていたモデルで、3月15日から順次発売される。(2019/3/5)

日本マイクロソフトが「Surface Headphones」の予約販売を税込4万円で開始 「Surface Studio 2」は48万円〜
日本マイクロソフトが、同社の直販サイトでワイヤレスヘッドフォン「Surface Headphones」と液晶一体型PC「Surface Studio 2」の予約注文を始めた。直販価格は前者が税込3万9938円、後者は同48万384円〜となっている。(2019/1/5)

2018年ベストガジェット:
達人レビュアーが選んだ2018年のイチオシPC
魅力的な新製品が登場した2018年。PC USERで数々の製品をレビューしてきた鈴木氏に「買わない選択肢がない」と言わせたのは……2018年ベストPCはこれだ!(2018/12/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
MicrosoftはどこまでSurfaceに本気なのか 2019年のハードウェア製品を予測する
2018年もさまざまなモデルが登場したMicrosoftの「Surface」シリーズだが、2019年以降はどのような展開となるのだろうか。さまざまな情報から同社のハードウェア製品を読み解いていこう。(2018/12/25)

ITはみ出しコラム:
2019年の「Surface」新モデルはどうなる? 米名物記者が予想
Microsoftの「Surface」ブランドについて、立ち上げから現在、そして未来予測までを取材してまとめた書籍「Beneath A Surface」が米国で発売。Surfaceにまつわる裏話や2019年以降の新モデル予測に注目です。(2018/12/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10「October 2018 Update」のファイル消失問題とは何だったのか
ファイル消失問題によって配信停止に追い込まれていたWindows 10の大型アップデート「October 2018 Update)」。ようやく配信が再開されたが、Windows 10における開発体制や配信手順には見直しが必要との声が少なくない。(2018/11/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「Mac mini」の“小型パソコン”を大きく超えた可能性に迫る
4年ぶりに新モデルが登場した「Mac mini」。実機を試用してみると、最新のMacを気軽に入手できるエントリー機としての役割を超え、「Pro」と付いてもおかしくないほどの実力を備えていた。(2018/11/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Air」を検証して分かった“8年ぶり刷新”の成果
やっと投入された新しい「MacBook Air」の実機をいち早くレビュー。12型「MacBook」、13.3型「MacBook Pro」との比較も交えつつ、多角的にこの新モデルの実力を探る。(2018/11/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「iPad Pro」を試して判明した驚異の実力 もはやパソコン超えか
新しい「iPad Pro」を使い始めてみると、「仕事の全てをここに集約できるのではないか」という考えが頭を離れない。パソコンを仕事や学習の道具として毎日持ち歩くライフスタイルを送っている全ての人にとって、「次の世代のパーソナルコンピュータ」となる製品だ。(2018/11/6)

「Surface Studio 2」と「Surface Headphones」、日本で2019年発売決定
(2018/10/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
月2800円でSurface GoとOffice 365が使える「Surface All Access」の狙い
スマホの割賦販売のように、SurfaceデバイスとOffice 365を月額24.99ドルから利用できる「Surface All Access」。その内容とMicrosoftの狙いとは?(2018/10/10)

ITはみ出しコラム:
Windows 10の新機能「スマホ同期」って何ができるの?
Windows 10大型アップデート「October 2018 Update」の注目機能、「Your Phone(スマホ同期)」アプリをインストールしてみました。(2018/10/7)

黒い「Surface Pro 6」「Surface Laptop 2」、日本で10月16日発売 11万9800円から
日本マイクロソフトが「Surface」シリーズ新製品の国内展開について発表した。(2018/10/3)

第8世代Coreを採用した「Surface Laptop 2」登場
最大85%高速化し、新色ブラックが登場。国内発売は10月16日。(2018/10/3)

Microsoftが10月2日に発表した黒い「Surface Pro 6」含む4つの新製品まとめ
Microsoftが10月2日にニューヨークで開いたイベントで、「Surface Pro 6」「Surface Laptop 2」「Surface Studio 2」「Surface Headphones」を発表した。各製品を簡単に紹介する。(2018/10/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
直前予想 10月2日に発表の「新Surface」とは?
例年10月に「Surface」関連の新製品を発表しているMicrosoft。10月2日午後4時(日本時間で10月3日午前5時)のイベントで何が登場するのか。直前の予想をまとめる。(2018/10/1)

「Surface Laptop」、Consumer Reportsのお勧めバッジ復活「Surface Go」はまだ
Consumer Reportsが昨年「Surface Laptop」などから剥奪したお勧めバッジを復活させた。今年発売の「Surface Go」についてはまだお勧めできないとしている。(2018/9/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが10月2日に発表する「新Surface」は何か
Apple、Googleに続いて、新製品発表の予告をしたMicrosoft。例年10月に「Surface」関連の新製品を発表しているが、2018年は何が登場するのだろうか。(2018/9/11)

Microsoft、10月2日に発表イベントをニューヨークで開催へ Surfaceシリーズアップデート?
Microsoftが10月恒例の発表イベントを、今年は2日(日本時間の10月3日午前5時)にニューヨークで開催する。毎年「Surface」シリーズのアップデートや「Windows 10」の秋のアップデートについて説明してきた。(2018/9/9)

ここまでサブノートは進化した 「Surface Go」ファーストインプレッション
税込み7万円以下で購入できる10型の「Surface Go」。その使い勝手をチェックした。(2018/9/1)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Office 365」でコラボレーションの世界を飲み込むMicrosoft
Microsoftは「Office 365」をさらに強化し、さまざまなコラボレーションツールを取り込んでいく構えだ。年次パートナーイベント「Inspire 2018」の開催直前に発表された3つのアップデートを整理する。(2018/7/16)

Surface Go、名前の由来は「ポケモンGO」? 米MSのキーマンに聞く
「Surface Go」の「Go」ってどういう意味? ネーミングの由来を聞いた。(2018/7/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2画面は見送り? 低価格モデルは出る? 次期Surfaceの行方
2画面モデルや低価格モデルなど、Microsoftの次期「Surface」に関するウワサが話題になっているが、これらは本当に投入されるのだろうか。2018年7月上旬までの最新情報をまとめる。(2018/7/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftのモバイル秘密兵器「Andromeda」は、2画面折りたたみ型「Surface」なのか
モバイル市場をターゲットにしたMicrosoftの新プロジェクトといわれる「Andromeda」とは、ポケットサイズで2画面折りたたみ型の新「Surface」なのだろうか。(2018/7/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「次世代Surface」にまつわる3つの開発コード名 2018年後半に何が出る?
ここ数年は秋に「Surface」ブランドの新ハードウェアを投入してきたMicrosoft。2018年後半以降の新機種に関係すると思われる3つの開発コード名を追う。(2018/6/18)

日本マイクロソフトが「Surface バーチャル ショップ」開設 Surface Proの数量限定セットモデルも
日本マイクロソフトは、Surfaceのラインアップなどを確認できるバーチャル展示サイト「Surface バーチャル ショップ」を開設した。(2018/6/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ウワサの「低価格Surface」は本当に発売されるのか
「Microsoftが2018年後半に400ドルの低価格Surfaceを投入する計画」というウワサは本当なのだろうか。Surfaceシリーズのこれまでの歴史と、Microsoftの現状から、その可能性を考える。(2018/5/22)

Surface Pro LTE Advancedの個人向けモデル販売開始
税別10万円切りのSurface Laptop Core m3搭載モデルも限定販売。(2018/5/1)

問い合わせコストの削減も狙える?
「業務にはMacを使うべき」4つの理由、Apple愛好家がIT担当者をうならせる
Apple製品を愛するユーザーが多いというのは避けられない事実だ。職場でMacをサポートするIT担当者は、複数の要素を念頭に置く必要がある。(2018/4/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」を新しい動作モードとして広めようとするMicrosoft
Microsoftの「Windows 10 S」に対するスタンスが変化しつつある。一部には「Windows 10 Sは死んだ」といった論調の報道もあるが、実際は死んだどころか、むしろ特定用途ではメインストリーム製品としてプッシュする勢いで扱いが変わってきているのだ。(2018/2/27)

「Windows 10 S」の選択や「Intune」「AutoPilot」の導入が鍵
「Windows 10」の安全性を限界まで高めるには? 楽して導入する方法とは?
「Windows 10」を可能な限り安全に運用するには、どうすればよいのか。Windows 10デバイスの導入に伴う作業負荷を軽減する方法とは。これらの課題の解決策を考える。(2018/2/19)

Windowsコラム
「Windows 10 S」が「S Mode」に変わるかもしれない その理由は?
特に教育分野で注目された「Windows 10 S」だが「S Mode」としてその提供形式を変えるという。MicrosoftがS Modeで実現しようとすることは何だろうか?(2018/2/17)

「Windows 10 S」は単体エディションとしては終了し、「S Mode」に?
Microsoftが、UWPアプリしか使えない軽量OS「Windows 10 S」を次期Windows 10アップデートで終了し、各エディションの「S Mode」として提供するとThurrottが報じた。(2018/2/5)

達人レビュアーが選んだ2017年のイチオシPC
2017年も多くのPCや2in1が登場し、注目製品をじっくりレビューしてきた。この1年で印象深いモデルを選出していこう。(2017/12/31)

Microsoft、クラウド好調で2桁台の増収増益 「Surface Laptop」も好調
Microsoftの7〜9月期決算は、「Azure」などの商用クラウド事業が好調で2桁台の増収増益だった。クラムシェル型ノート「Surface Laptop」も好調で、Surface端末の売上高は12%増だった。(2017/10/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」は仕事マシンのOSとして無視できない存在に
当初は文教向けに機能制限したOSという位置付けだった「Windows 10 S」だが、ビジネス用途でかなり広がりを見せてきた。(2017/10/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートで「ストア」が変わる
AppleやGoogleのアプリストアに後れを取っているWindowsストア。いよいよWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」でテコ入れされるようだ。(2017/9/28)

米国では279ドルで販売
Windows 10 S格安PC「VivoBook W202NA」の学校以外でも使いたくなる魅力的な特徴
ASUS「VivoBook W202NA」は「Windows 10 S」を搭載した低価格PCだ。教育現場での使用を想定した、高い耐久性とメンテナンス性が特徴だ。(2017/9/17)

「Surface Laptop」の「Windows 10 Pro」への無料更新、来年3月末までに延長
Microsoftが「Surface Laptop」の「Windows 10 S」から「Windows 10 Pro」への無料アップグレード期間を、当初の2017年12月31日までから2018年3月31日までに3カ月延長した。(2017/9/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceはおすすめしない」 Consumer Reportsの格付けに思うこと
米国で影響力がある情報誌のConsumer Reportsが、「Surface」シリーズを「おすすめしない」と評価。Microsoftはこれに反論し、注目を集めている。(2017/8/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートに合わせて登場する「次世代Surface」とは?
2016年10月は「Surface Studio」を発表した米Microsoft。2017年10月にも新製品を発表するか。(2017/8/15)

「Surface Laptop」と「Surface Book」、Consumer Reportsが“お勧め”取り消し
米非営利消費者団体の情報誌「Consumer Reports」が、Microsoftの「Surface Laptop」と「Surface Book」につけていた“お勧め”を取り消した。会員ユーザーの調査結果から出した「予測信頼度」に基づく決定としている。(2017/8/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが米国で始めた「Surface Plus」の狙い
個人、法人を問わず、Surfaceを使い続けたいユーザーに向けたプログラムが米国で始まった。(2017/8/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。