ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Surface Laptop」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Surface Laptop」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

MicrosoftがSurface Laptop Goの更新プログラムを公開、Windows 11環境でバッテリー駆動時間が改善
米Microsoftは12月3日(現地時間)、ノートPC「Surface Laptop Go」の更新プログラムを公開した。この更新をインストールするにはWindows 10の「バージョン2004(20H1)」以上であることが必要だ。(2021/12/7)

学校向けノートPC「Surface Laptop SE」は11月30日から出荷 価格は3万580円から
Microsoftが教育機関(学校)向けに投入する「Surface Laptop SE」の出荷が11月30日から始まる。CPUとその他スペックの異なる2モデルが教育機関限定で販売されるという。(2021/11/25)

「ドライブの最適化」の基礎知識【後編】
無料でできる、Windows 10の「ドライブの最適化」を使う簡単な方法
「Windows 10」が標準搭載する「ドライブの最適化」は、PCの動作の安定性や速度の向上に役立つ。適切に使用するには、どのような手順を踏めばよいのか。順を追って説明する。(2021/11/14)

Microsoftが学校向けノートPC「Surface Laptop SE」を発表 日本では2022年前半に発売 直販価格は3万580円から
Microsoftが、教育機関(学校)での利用に特化した廉価なノートPCを投入する。日本では2022年前半に発売予定で、ビジネス向け直販では3万580円から購入できる見通しだ。(2021/11/10)

Microsoft、教育機関向け「Windows 11 SE」リリース 「Chrome OS」対抗で
Microsoftは「Chrome OS」対抗の教育向けOS「Windows 11 SE」を発表した。同時発表の「Surface Laptop SE」を含む教育向けノートPCにのみ搭載する。かつての「Windows 10S」よりも管理しやすくなっている。(2021/11/10)

Microsoft、3万580円からの教育機関向けPC「Surface Laptop SE」でChromebookに対抗
Microsoftは「中学校向け」の新ノートPC「Surface Laptop SE」を発表した。日本での販売価格は3万580円から。搭載するOSは「Windows 11 SE」だ。(2021/11/10)

「ドライブの最適化」の基礎知識【前編】
いまさら聞けない、Windows 10の「ドライブの最適化」は何のためにあるのか?
長くPCを使用していると、PCの動作の安定性や速度が低下することがある。その際に役立つのが、「Windows 10」が標準搭載する「ドライブの最適化」だ。ドライブの最適化はどのような役割を果たすのか。(2021/11/7)

「Windows 11」×「Surface」の実力は【後編】
Windows 11搭載「Surface Pro 8」の気になる中身 PC市場の起爆剤か?
「Windows 11」の登場は、PCベンダー各社による新製品ラッシュを引き起こした。「Surface Pro 8」をはじめとするWindows 11搭載の「Surface」シリーズは、PC市場にどのような影響をもたらすのか。(2021/11/5)

Windowsフロントライン:
2度あることは3度ある 低価格PCで教育市場奪還を目指すMicrosoftの挑戦
Microsoftが力を入れている教育市場だが、苦戦が続いている。これを覆すべく取り組まれている動きを見ていこう。(2021/11/2)

「Windows 11」×「Surface」の実力は【前編】
Windows 11のためのSurface「Surface Laptop Studio」は“あれ”がすごい
「Windows 11」は、「Surface」シリーズにどのような変化をもたらすのか。Microsoftは「Surface Laptop Studio」をはじめとするWindows 11搭載機種を通じて、その方向性を示そうとしている。(2021/10/30)

「Thunderbolt」初採用の新Surface
ハイスペ機「Surface Laptop Studio」と16時間動く「Surface Pro 8」、買うならどっち?
MicrosoftのSurface新製品「Surface Laptop Studio」と「Surface Pro 8」は、同社で初めて「Thunderbolt」ポートを搭載しただけでなく、それぞれ異なる特徴がある。気になる両者の違いとは。(2021/10/23)

キーワードは「チップからクラウドまで」:
PR:テレワークで従業員が“ハッピー”になる、PC選びの決め手はどこにある?
新たに導入するPC機種選定はスペック表にあるCPUやメモリなどの数字だけを見比べていないだろうか。特にセキュリティは「後付け」で対応すればいいとなおざりにされがちだ。テレワークが普及した今、PCの選び方もアップデートすべきだ。(2021/10/11)

Windows 11がついにリリース!:
主要PCメーカーのWindows 11プリインストールPCまとめ
約8年ぶりとなる新OS「Windows 11」がついにリリースされた。ここでは、Windows 11をプリインストールした各社の最新PCをまとめた。(2021/10/5)

Windowsフロントライン:
正式リリース前のWindows 11事情まとめ
10月5日に一般リリースされるWindows 11だが、最低動作要件を満たさないPCはどうなるのか、今後どのくらいのペースで増加していくのか、現時点で見えていることをまとめた。(2021/10/4)

新型Surfaceは画面がひっくり返って「液タブ」に クリエイター向け「Surface Laptop Studio」登場
米Microsoftは9月22日(現地時間)、同社のモバイルデバイス「Surface」シリーズの最新モデル「Surface Laptop Studio」を発表した。クリエイター向けに位置づけられており、ディスプレイが180度回転することで、液晶ペンタブレットのように使うことができる。(2021/9/23)

厚さ約19mmで液晶ディスプレイを手前に引けばタブレットの2in1 PC「Surface Laptop Studio」が登場
MicrosoftがSurfaceシリーズの発表会を開き、2in1 PCの新機軸として「Surface Laptop Studio」が登場した。「史上最もパワフルなSurface」と銘打たれているのが特徴だ。(2021/9/23)

Microsoftが2021年Surfaceイベントで発表したことまとめ
Microsoftが恒例秋のSurface新製品発表イベントを開催。「Windows 11」搭載の4端末と、折りたたみAndroid端末「Duo 2」などを発表した。Windows端末は10月5日発売の予定だ。(2021/9/23)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」番外編:
どうしたMicrosoft、どうなるWin 10? 「Windows 11」説急浮上の背景と“モヤモヤ”を解説しよう
「Win 10は最後のメジャーアップデート」って言ったじゃないか――! と、心の中で叫んだユーザーは多いのではないでしょうか。Win 10運用の課題や疑問を解説する本連載、終了したはずでしたが、急きょ番外編をお届けします。Microsoftは、ここに来て一体何をしようとしているのでしょうか? 6月25日の“Xデー”を前に、予想してみましょう。(2021/6/23)

Microsoftが「Surface Laptop 4」国内提供を開始 12万8480円から
日本マイクロソフトは、同社製ノートPC「Surface Laptop 4」の国内提供を開始した。【更新】(2021/4/14)

Microsoft、在宅Web会議向けWebカメラ、スピーカー、ヘッドセットを発売へ
MicrosoftがリモートワークのWeb会議向けアクセサリを発表。USB-Aで接続するWebカメラ、USB-C接続のコンパクトなスピーカー、共有ワークスペース向けのワイヤレスヘッドセットなどだ。「Surface Headphones 2+」は日本でも発売する。(2021/4/14)

Microsoft、「Surface Laptop 4」発売 AMDの13.5インチが12万8480円から
MicrosoftがSurfaceシリーズの新ノートPC「Surface Laptop 4」を発売した。日本でも既に発注可能だ。13.5インチと15インチモデルがあり、プロセッサはIntelとAMDから選択できる。(2021/4/14)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xの迷走にChromebookの陰
2019年の発表当初は「Surface Neoに搭載される2画面デバイスに最適化されたOS」という触れ込みだったWindows 10Xだったが、その役割も変わるようだ。そこには、GoogleのChromebookが大きく影響しているという。(2021/3/30)

商材をお探しの皆様へ、「Surface Laptop Go」と「Surface Pro X」は要チェック:
PR:リモートワーク需要に応え顧客の心をつかみたい企業必見! クラウドと最新デバイスの組み合わせが見逃せない理由
コロナ禍により、働き方が大きく変化した。それでも企業は新しい働き方を確立し、ビジネスを加速させ、新たな価値を提供していかなければならない。このニューノーマルな時代を生き残る“秘策”はあるのだろうか。(2020/12/23)

コロナ禍、M1 Mac──2020年、自分の仕事環境がどう変化したのか振り返り、2021年を予測してみる
激動の2020年が終わろうとしている中、ITジャーナリストの西田宗千佳さんが仕事環境の変わり具合を振り返り、2021年への展望を語る。(2020/12/3)

Windowsフロントライン:
2021年のWindows 10とPCの関係
世界的な新型コロナウイルスの流行下で、Windows 10のバージョン別シェアはどのような推移をしているのだろうか。最新の状況をチェックした。(2020/12/2)

発売日レビュー:
大注目の「Surface Laptop Go」を徹底テスト! 試して分かった性能とキーボードの使いやすさ
日本マイクロソフトから、新しいノートPC「Surface Laptop Go」が発売された。新たなエントリークラスのSurfaceはどのようなものか、レビューしていく。(2020/10/13)

「Surface Laptop Go」の先行展示がスタート 全国42店舗で オンラインイベントも
日本マイクロソフトが10月13日に発売する「Surface Laptop Go」の先行展示がスタートした。北海道から福岡県まで、全国の42店舗で実機に触れられる。(2020/10/8)

日本の個人向けはOffice付属:
軽くて手頃な「Surface Laptop Go」登場 Core i5(Ice Lake)搭載で8万4480円(税込み)から
Microsoftのクラムシェル型ノートPCに、エントリー向けモデルが登場した。従来モデルよりも手頃で軽いことが特徴だ。個人向けモデルにはOfficeが付属する。【追記】(2020/10/2)

「Surface Pro X」、新プロセッサ「SQ 2」と新色プラチナ追加のアップデート
Microsoftが昨年10月に発表したArmベースの2in1ノート「Surface Pro X」のアップデートを発表した。独自プロセッサ「SQ 1」の強化版「SQ 2」を搭載し、新色プラチナを追加した。(2020/10/2)

Microsoft、軽量な「Surface Laptop Go」を8万4480円から
Microsoftがクラムシェル型ノート「Surface Laptop Go」を発表。日本でも10月13日に8万4480円(税込)からで発売する。12.4インチディスプレイで、重さは1.11キロだ。(2020/10/2)

Windowsフロントライン:
2020年秋、Surfaceハードウェアは何が出る?
Microsoftがこの秋に発表するであろう新型Surfaceについて、予想が絞られつつある。最新情報をまとめた。(2020/9/22)

Windowsフロントライン:
2020年のSurfaceハードウェア祭りはミドルレンジが狙い目?
例年、秋の10月はMicrosoftがSurfaceに関する発表会を開き、新モデルの投入をお披露目する時期だ。それを前に、飛び交っているさまざまなキーワードを整理した。(2020/9/11)

「Surface Laptop 3」のディスプレイに亀裂が入る問題、Microsoftが無償修理
Microsoftが昨年10月に発売した「Surface Laptop 3」のディスプレイに亀裂が入るという報告があったとして、こうした症状は保証期間中であれば無償で修理すると発表した。過去に有償修理している場合は払い戻す可能性がある。(2020/5/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Neoは間に合わない!? 2020年に登場するMicrosoftの新ハードウェア
新型コロナウイルスの影響は、Microsoftにも大きなダメージを与えている。2020年内に登場予定だった2画面デバイス「Surface Neo」も例外ではないようだ。(2020/5/1)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(19):
PCを「買う→借りる」に切り替えても損をするのはなぜ? MSとIntelの本社を訪ねて分かった、DaaSのメリットと注意点
Windows 10をきっかけに企業向けPCに広がりつつある「Device as a Service」(DaaS)。PC購入や運用のコストや手間をなくすといわれる一方、ベンダーにとってもユーザーにとっても危険な“誤解”が含まれていることをご存じでしょうか。そんな落とし穴を乗り越えている数少ないベンダー、IntelとMicrosoftを米国で訪問しました。(2020/3/5)

Windowsフロントライン:
Windows+Snapdragonが飛び立つ日
Qualcommが「Snapdragon Tech Summit 2019」を開催した。そこで明らかにされた新SoCによって、Windows on Snapdragonはどのように羽ばたいていくのだろうか。(2019/12/20)

新型2in1モデルをチェック:
生まれ変わった「Surface Pro 7」、テキスト入力ツールとしての実力は?
2in1 PCの顔となる新型の「Surface Pro 7」が発売された。生まれ変わった新モデルの使い勝手を確かめてみた。(2019/11/12)

Windowsフロントライン:
Surface Pro Xが先行展示されているMicrosoft Storeを巡ってみた
Microsoftの直営店である「Microsoft Store」では、先行して新型Surfaceシリーズの展示と販売が行われている。店舗での扱いや反応を見ていこう。(2019/10/31)

Windowsフロントライン:
Surface Pro XとSurface Laptop 3にみる、MicrosoftがSnapdragonとAMDプロセッサを採用した理由
Microsoftが発表した新モデル「Surface Pro X」と「Surface Laptop 3」。それらに搭載されるプロセッサから、ぶれないMicrosoftのハードウェア思想を見ていく。(2019/10/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「2画面のSurface」はMicrosoftがチャレンジ精神を取り戻した証か
2012年に登場し、Microsoftの戦略とともに製品の位置付けを変えてきた「Surface」シリーズ。2画面の新端末「Neo」と「Duo」は、久々に「新たな市場を開拓する」意志を感じた、SurfaceらしいSurfaceだ。本来あるべきチャレンジスピリットを取り戻したかにみえる。(2019/10/8)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xと「Surface Neo」「Suface Duo」の疑問を整理する
Microsoftがニューヨークで発表会を開催し、Surfaceシリーズのラインアップを一新。新たなモデルも投入するなど、アグレッシブな姿勢を示した。そこに浮かび上がる疑問を整理してみた。(2019/10/3)

「Suface Pro 7」「Surface Pro X」「Surface Laptop 3」日本上陸へ Pro 7とLaptop 3は10月23日発売
10月2日(米国東部夏時間)に発表された新しいSurfaceファミリー。これらのうち「Suface Pro 7」と「Surface Laptop 3」が10月23日に日本で発売されることが決まった。「Surface Pro X」についても、時期は未定ながら日本で発売する予定だ。(2019/10/3)

「Surface Laptop 3」登場 15型モデルには初のAMDプロセッサ
MicrosoftのSurfaceブランドのラップトップ(クラムシェルノートPC)が第3世代に。13.5型と15型の2サイズ構成で、15型モデルには、Surfaceとしては初めてAMDプロセッサが搭載される。【追記】(2019/10/3)

MicrosoftがSurfaceイベントで発表したことまとめ
Microsoftがニューヨークで開催したSurfaceイベントで発表した新製品6モデルをまとめた。折り畳みタブレットの「Surface Neo」と電話にもなる「Surface Duo」は2020年ホリデーシーズン発売の予定だ。(2019/10/3)

Windowsフロントライン:
新型Surface登場? Microsoft CEOも登場する10月2日のイベントでは何が発表されるのか
米Microsoftが、10月2日(現地時間)にニューヨークで新製品発表イベントを開催する。そこで登場するのは何か。周辺情報を踏まえた上で予測してみよう。(2019/10/1)

次世代Surfaceがついにベールを脱ぐのか、10月の新製品イベントを予測する
10月2日にMicrosoftがニューヨークで新製品の発表イベントを行う。例年、Surfaceを中心としたハードウェアが登場しているが、2019年はどうなるのだろうか。(2019/8/30)

テキスト入力一本勝負:
12.9型iPad ProとSurface Pro 6、「キーボードも使えるタブレット」としてはどちらが優秀?
前回は、専用キーボードと組み合わせてテキスト入力が行えるタブレットとして、11型iPad ProとSurface Goを比較した。今回はその両製品の兄弟モデルといえる画面サイズ違いの2製品、12.9型iPad ProとSurface Pro 6について、テキスト入力での使い勝手を検証する。(2019/8/21)

Microsoftが久しぶりにAppleディスり広告「僕はマック・ブック」
Microsoftが久しぶりにApple製品との比較CMを公開した。実名がマックことマッケンジー・ブックという実在の人物にMacBookとSurface Laptop 2を比較させるというものだ。(2019/8/1)

テキスト入力一本勝負(後編):
11型iPad ProとSurface Go、テキスト入力で使えるのはどっち?
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folio、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、テキスト入力での使い勝手を検証する。(2019/6/14)

テキスト入力一本勝負(前編):
11型iPad ProとSurface Goをキーボードセットで比べてみた
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせ、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、前後2回に分けて使い勝手を検証する。(2019/6/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。