PC USER Pro
連載
» 2018年09月15日 06時00分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Internet Explorerは意外にしぶとい Windowsデフォルトブラウザの功罪 (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

MicrosoftのEdgeブラウザ戦略に誤算

 Windows OSのデフォルトブラウザというのは非常に大きな強みで、Microsoftが長らくIEでこの分野の盟主に君臨してきた理由でもある。かつて欧州委員会の独占禁止法裁定により、Webブラウザを標準で選択していない「Windows N」という特殊なバージョンを欧州に投入せざるを得なくなったほど、その影響力は大きかった。

 だが現状において、世界のインターネットユーザーの半数以上はモバイルへとシフトしつつあるといわれ、スマートフォンのOSであるAndroidやiOSでデフォルトブラウザの地位にある「Chrome」や「Safari」が大きなシェアを獲得している。

 加えて、デスクトップ市場においてもWebブラウザの盟主は既にChromeへと移って久しく、Windows 10のデフォルトブラウザであるはずのEdgeはIEの水準さえ下回っている。Edgeが利用できる唯一のOSであるWindows 10本来のシェアと比較しても低く、Edgeの戦略は現状においてほぼ失敗といってよさそうだ。

 2018年4月には米ZDNetのエド・ボット氏が、米国政府の運営するサイト情報をまとめたDigital Analytics Program(DAP)の分析データを使い、同国内外を含むインターネット経由での生のアクセス情報から、Edgeの利用動向を分析した記事を掲載している。

 同記事では、2017年第2四半期と2018年第1四半期の90日分のデータ比較で、Windows 10からのアクセスがどのWebブラウザから行われたのかをまとめているが、Chromeが56%程度で安定しており、EdgeとFirefoxが微減傾向であるにもかかわらず、なぜかIEだけが3%増加している。

 この傾向は奇妙だが、実はWindows 10に移行したユーザーがデフォルトブラウザであるEdgeを使わず、わざわざIEを起動しているケースが少なからずあるようで、ボット氏は「企業ユーザーの間にWindows 10が浸透しつつあるため」と分析している。つまり、Windows 7からWindows 10への移行が本格的に進むことで、逆にIEのシェアを増やしてしまったという皮肉な状況が生まれたのだ。

analytics.usa analytics.usa.govのサイトでは、米政府運営サイトの生の状況を確認できる。データ的にも興味深い

 ボット氏は「80%のWindows 10ユーザーが最初に行うのは、デフォルトブラウザからEdgeを外すこと」と説明しており、最新の環境を求めるユーザーはChromeへ、企業などレガシーコンテンツにアクセスするユーザーはIEへ流れているという。

 またMicrosoft最大の誤算として「EdgeをWindows 10専用のブラウザにしたこと」を挙げており、結果として最大勢力だったWindows 7ユーザーがWindows 10へと移行した際、逆にEdgeを選択することを妨げている、と考察している(ちなみにAndroid/iOS版のEdgeはある)。

 Edgeのユーザーが少ないということは、IE向けに作られたWebアプリケーションの検証・移行も進まず、使いにくいままの状態でEdgeへの対応が放置されるという悪循環を生み出す。筆者もつい最近、Gmailの表示がEdgeに最適化されていない問題に気付いたことがあった。

 Edgeが今置かれている状況は、決していいとはいえず、Microsoftの今後の対策が気になるところだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう