満足度の高いケータイメーカー、トップは

» 2009年06月17日 15時13分 公開
[ITmedia]

 ネットエイジアは6月16日、ケータイ端末の満足度に関する意識調査の結果を発表した。同調査は5月25日から同27日まで、10代から30代の携帯電話ユーザーを対象に行ったもので、回答サンプル数は500人。

 現在使用しているケータイメーカー(複数利用している場合は、最も使用している端末のメーカー)を聞いたところ、トップはシャープで25.0%、以下、パナソニック モバイルコミュニケーションズが16.4%、NECが12.6%、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが8.0%と続いた。

 ケータイの総合満足度について、各メーカーのユーザーごとに見ると、「かなり満足」と「まあまあ満足」を合わせた「満足」層がもっとも多かったのはシャープユーザーで、86.4%が満足していると回答。これに僅差でソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズユーザーが85.0%で続き、NECユーザーの84.1%、富士通ユーザーの83.9%、パナソニック モバイルコミュニケーションズユーザーの82.9%が満足と回答している。

 現在利用しているケータイの各項目についての満足度を聞いたところ、「やや不満」と「かなり不満」を合わせた「不満」がもっとも高かったのは、「反応スピード」(インターネットの画面表示・切り替え)で、不満を感じている人の割合は46.8%となった。また「バッテリーの持続性」が42.4%、「反応スピード」(インターネット以外の操作)が39.4%と並んだ。

 ケータイを買い替える予定があるかを聞くと、「2年以内に買い替える予定である」という回答が34.6%で、50.4%が「具体的な予定はないが、いずれは買い替えたいと思っている」と回答。買い替え予定がある人と、いずれ買い替えたいと考えている回答者425人に、どのメーカーのケータイに買い替えたいと思うかを、最大3つまでの限定回答形式で聞いたところ、トップは「シャープ」で52.5%、2位は「パナソニック モバイルコミュニケーションズ」で40.5%、3位は「NEC」で26.6%、4位は「ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ」で23.5%となった。

 さらにこの結果を、各メーカーのユーザー別に見ると、どのメーカーも、現在そのメーカーを利用しているユーザーの6割から8割が同じメーカーに買い替えたいと回答している。ただし、全体結果でトップとなった「シャープ」では、パナソニック モバイルコミュニケーションズ端末ユーザー、東芝端末ユーザー、日立製作所端末ユーザーの約5割がシャープ端末に買い替えたいと回答するなど、シャープ人気の高さがうかがえる。

 なお、アップルでは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ端末ユーザーが他のユーザーよりも高く、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ端末ユーザーの4人に1人iPhoneに買い替えたいと考えていることが分かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年