キーワードを探す
検索

「多重債務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。

()

編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、田中氏がさくらインターネットを上場させるまでを取り上げた。初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。

()

テレビをつけていると、法律事務所のCMを見ることが多くなった。「借金で払いすぎた金利を取り戻します」といったことを言っているが、なぜ法律事務所のCMはうさんくさく感じるのだろうか。その理由を考えてみた。

()

貧困ビジネスというのをご存じだろうか。これは湯浅誠氏が考えた“造語”で、「低所得者をターゲットにし、貧困を固定化する役割を果たすビジネス」を指す。その代表的なものとしてヤミ金などが挙げられるが、中でも湯浅氏は「住宅」に着目している。その理由は……。

()

かつて社会問題にもなったヤミ金融。しかし最近では鳴りを潜め、代わって「優しいヤミ金」と呼ばれる悪徳業者が増えてきているという。その実態は明らかにされていないが、ノンフィクションライターの窪田順生氏が悪徳業者の実情に迫った。

()

世界中を揺るがせている米国発の金融危機。その発端はサブプライムローンだが、日本にとっては“他人事”なのだろうか。『日本版サブプライム危機』の著者・石川和男氏は「政策の失敗によって、犠牲者が増えるかもしれない」と危惧する。その政策とは……?

()

総務省は11月26日、「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」の第5回会合を開催し、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、YRP研究開発推進協会、主婦連合、東京都地域婦人団体連盟から意見を聞いた。

()

「今年入社した新人が契約を取れずにいる。助けてくれないか」――気の毒に感じた女性は520万円を支払ったが、「80万円しか残っていない」との連絡が……。このような高齢者を狙った悪質業者が増えているようだ。

()

消費者金融が苦しんでいる。上限金利の引き下げ、貸付制限、過払い金の返還によって、成長が見込めない。市場からは「さらなる再編」を期待される中、今後の株価をトレーダーズ・アンド・カンパニーのアナリストが分析した。

()

自己破産者は2003年に24万人を超えたが、その後は減少を続け、昨年は約16万人だった。しかし改正貸金業法が引きがねとなり、自己破産者が増加すれば……再び社会問題に発展するかもしれない。

()

消費者金融が試練に立たされている。返還請求で巨額の赤字を計上、新貸金業法で事業の縮小が予想される。淘汰か、再編か、業界の悩みが続く。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る