ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「A3ノビ」最新記事一覧

引き出しに収納できるサイズで毎分25枚の高速読み取りが可能なドキュメントスキャナ
エプソンがスキャナの新製品6モデルを発表。(2016/7/7)

マウス社長インタビュー:
誰もが“作る”時代に――クリエイター向けPCブランド「DAIV」始動
マウスコンピューターが新たに立ち上げたクリエイター向けPCブランド「DAIV」。同社小松社長に新ブランド設立の背景や製品に込めた思いを聞いた。(2016/4/12)

写真展:
岩永憲俊 写真展「ハッピーマーケット−パリの市場から−」
(2016/4/1)

写真展:
エプソンフォトグランプリ2015 受賞作品展
(2016/3/17)

写真展:
星野俊光 写真展「海猫夢幻〜東京湾岸に生きる猫たちの記憶〜」
(2016/2/18)

きれい、カンタン、ちいさい:
フラッグシップ機の売りはモノクロ写真!?――エプソンのカラリオ新モデル発表会
ブランド制定から40周年を迎えたエプソンが「カラリオ」の新ラインアップを発表した。新インクの採用により、フラッグシップ機の売りはモノクロ写真印刷だという。PCいらずの年賀状プリンタもフルモデルチェンジで使い勝手が向上した。(2015/9/1)

写真画質のさらなる向上へ:
エプソン、「カラリオ」プリンタ新モデル――写真向けハイエンド複合機、9型液晶で年賀状を実寸表示できる小型機、高光沢顔料A3ノビ機など
5機種7モデルの個人向けインクジェットプリンタをエプソンが投入。注目は写真向けハイエンド複合機、9型液晶を備えた年賀状プリンタ、高光沢顔料のA3ノビ対応モデルだ。(2015/9/1)

競合最安値の新鋭プリンタ:
A3ノビ対応で2万円を切る「HP Officejet 7510」の“戦略的費用対効果”を検証する
世界市場トップのHP Inc.が日本市場における起死回生を目指して投入する新モデルは、コストを抑えつつ多彩な機能を導入した。その使い勝手を試してみた。(2015/9/1)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスインクジェット」の選び方(第4回):
即戦力の「ビジネスインクジェットプリンタ」を選んでみた(単機能モデル編)
本体が低価格で省電力などの利点が評価され、近年法人でのシェアを伸ばしつつあるビジネスインクジェットプリンタ。その選び方を提案する本連載の最終回は、印刷機能に絞った単機能モデルのおすすめ製品を紹介しよう。(2015/3/24)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスインクジェット」の選び方(第2回):
今さら聞けない「ビジネスインクジェット」とページプリンタの違い
本体が低価格で省電力などの利点が評価され、近年法人でのシェアを伸ばしつつあるビジネスインクジェットプリンタ。その選び方を提案する本連載の第2回は、ページプリンタと比べた場合の向き不向きを紹介しよう。(2015/2/10)

キヤノン、10色インク搭載で高画質印刷に対応したA3ノビ対応インクジェットプリンタ「PIXUS PRO-10S」など2モデル
キヤノンは、高画質プリントを実現したインクジェットプリンタ「PIXUS PRO-10S」「PIXUS PRO-100S」の2製品を発表。従来モデルをベースに付属ソフトの機能強化などが行われている。(2015/1/15)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスインクジェット」の選び方(第1回):
「ビジネスインクジェット」は家庭向けプリンタと何が違うのか?
ページプリンタに比べて低価格で省電力などの利点が評価され、近年法人でのシェアを伸ばしつつあるのがビジネスインクジェットプリンタだ。その選び方を紹介する本連載の第1回目は、製品選びの基本ポイントをチェックしていく。(2015/1/15)

ITmedia流液晶ディスプレイ講座III:
PR:HiDPIやRetinaを誤解してない?――4K時代のディスプレイ選びに欠かせない「画素密度」を理解する
スマートフォンやタブレットから始まったディスプレイの高画素密度化は、PCディスプレイの世界にも波及。2014年にはPC向けの4Kディスプレイが台頭し、画面サイズ、解像度とともに、「画素密度」の把握が製品選びで重要になってきた。今回は最新の技術動向も含め、ディスプレイの高画素密度化をテーマに解説する。(2014/12/11)

エプソン、8色インク採用のA3ノビ対応インクジェットプリンタ「SC-PX5V2」の発売日を確定
エプソンは、A3ノビ対応フォトプリンタ「SC-PX5V2」の発売日確定をアナウンス。11月6日に販売が開始される。(2014/11/5)

PC USER 週間ベスト10:
IFA 2014で発表された新タブレット、注目機種は?(2014年9月1日〜9月7日)
今回のアクセスランキングでは、Macのキホン、IFA 2014で発表された新タブレット、Haswell-Eの評判、インテルの新世代CPUなどが上位に入りました。(2014/9/8)

小さめ、A3、6色をアピール:
AKBまゆゆと「センター」を取っていく――エプソン、新カラリオのプリンタ戦略とは?
年末商戦に向けた家庭向けプリンタの発表が相次ぐ中、エプソンも「カラリオ」の新ラインアップを発表。人気モデルの使い勝手を向上しつつ、新コンセプトの小型プリンタでシェア1位を狙う。(2014/9/3)

A3ノビの最上位フォト機も:
エプソン、「カラリオ」プリンタ14年秋冬モデル――大画面化、印刷フローの自動化、女性向け小型プリンタ登場
10機種12モデルの個人向けインクジェットプリンタを秋冬に投入するエプソン。2014年の注目はA4複合機の使い勝手向上、新コンセプトの小型プリンタ、プロ仕様のA3ノビ対応フォト機だ。(2014/9/2)

もちろんプリントの腕も審査の対象です:
インクジェットでプリントした作品が対象――「エプソンフォトグランプリ2014」開幕
良い写真が撮れたら、印刷してみたいと思う人は多いだろう。しかし良い写真をきれいに印刷することは簡単ではない。エプソン販売は印刷済み作品を対象にした写真コンテストを開催する。(2014/7/8)

写真をきれいに印刷する方法を教えてもらおう:
エプソン販売、写真印刷セミナーなどのイベント「それいけ! 写真隊」を開催
エプソン販売は、写真愛好家向けに写真を上手に印刷する方法を伝授するセミナーや、写真展などを同時開催するイベント「それいけ! 写真隊」を日本全国6カ所で開催する。(2014/5/15)

コストはレーザー複合機の1/2以下:
エプソンがコピー機市場に参入――“導入コスト0円”で月額1万円からの新プリントサービスとは?
プリントコストの削減という課題に対し、エプソンはビジネスインクジェット複合機の貸与、インク、保守サービスがまとめて月額1万円(税別)から利用できる新サービスを8月に開始する。これをもって、「コピー機市場へ参入する」と宣言した。(2014/5/13)

エプソン、“ページプリンタ並み”の耐久性を実現したA3ノビ対応インクジェットプリンタ
エプソンは、ビジネス向けモデルとなるA3ノビ印刷対応のインクジェットプリンタ/インクジェット複合機「PX-S7050」「PX-M7050F」を発表した。(2014/3/27)

新技術:
BtoB品質の高速/高画質印刷をインクジェットで――エプソン「PrecisionCore」
エプソンのビジネスインクジェットプリンタ新製品に採用された次世代プリントヘッド技術「PrecisionCore(プレシジョンコア)」。レーザープリンタ並みのスピードと高画質をインクジェットで可能にしたそのテクノロジーとは?(2014/2/28)

インクジェットでレーザー並みの性能を――エプソン、ビジネス向け8機種
エプソンは、ビジネス向けカラーインクジェットプリンタ/複合機の新製品8機種を発売する。新開発したプリントヘッド技術「PrecisionCore」を搭載したことで、印刷スピードと画質を大幅に向上した。(2014/2/27)

CP+ 2014:
注目は「PowerShot G1 X Mark II」、能年玲奈さんもサプライズ登場 キヤノンブース
キヤノンブースでの注目は1.5型センサーを搭載した「PowerShot G1 X Mark II」。その操作性や画質を手にとって体験できる。初日には「EOS M2」のテレビCMに登場する能年玲奈さんも姿を見せた。(2014/2/13)

「キヤノンフォトサークル」創立60周年記写真展が開催
キヤノンは「キヤノンフォトサークル」の創立60周年を記念した企画写真展「60種のレンズで彩る 『私のEFレンズの世界』」の作品募集を2月1日より開始する。(2014/1/20)

キヤノン、A3ノビ印刷にも対応したインクジェットプリンタ「PIXUS iP8730/iX6830」
キヤノンは、A3ノビまでの大判印刷をサポートしたインクジェットプリンタ「PIXUS iP8730」「同 iX6830」を発売する。(2014/1/16)

6色モデル拡充、スマホ&クラウド強化:
キヤノン、500台限定の“シャア専用機”も参戦する「PIXUS」プリンタ13年秋冬モデル
キヤノンは「PIXUS」シリーズの個人向けA4インクジェット複合機4機種を9月5日に発売する。500台限定の「ガンダム」コラボモデルにも注目だ。(2013/8/27)

プロ向けのラインアップも拡充:
「プリンタもクラウドと連携し、スマートデバイスになる時代」――OKI、LEDプリンタ新製品発表会
OKIデータが、ビジネス向けLEDプリンタ「COREFIDO」シリーズの新モデルを発表。シェア10%の目標を達成するため、成長ジャンルの製品を拡充した。デザイン・印刷市場向け「MICROLINE」シリーズの新モデルも新たに投入する。(2013/5/23)

仕事耕具:
5色印刷にも対応――沖データ、デザイン・DTP向けプリンタ「MICROLINE VINCI」3機種
沖データは、デザイン・印刷市場向けLEDプリンタの新ブランド「MICROLINE VINCI」の3機種を発表。5年間の無償保証/メンテナンスに加えて、専用コール窓口でのサポートと当日オンサイト修理が受けられるサービスが付く。(2013/5/22)

“6色W黒”で文書も写真もOK:
5色展開のスリムボディで攻めるA4複合機――キヤノン「PIXUS MG6330」徹底検証
キヤノンの個人向けA4インクジェット複合機で主力となるのが「PIXUS MG6330」だ。インク交換がスマートに行える新しいスリムボディは、驚きの5色展開。その性能と機能に迫る。(2012/12/31)

フルHD液晶×2台、JBLスピーカーセット、カラマネ液晶が当たるかも:
PR:2012年秋冬のEIZOディスプレイ注目モデル対決!――人気投票&豪華プレゼント
疲れ目に効く「FlexScan EV2336W-FS」、ゲームに強い「FORIS FS2333」、正確な色表現の「ColorEdge CX240-CNX」。果たして、どの液晶ディスプレイが最もナイスな選択か、なぜか骨肉の争いが始まるのでした。 ※記事の最後に実機が抽選で当たるプレゼント企画があります!(プレゼントの応募は終了しました/2013年1月6日) → 読者の皆さまからいただいたコメントと投票結果を発表しました!(2013年1月28日)(2012/12/7)

フルサイズ or APS-C 提案される選択肢――ソニーに聞く「フルサイズ」(後編)
ソニーから登場したフルサイズセンサー搭載機「α99」は、「いつでもフルサイズ」とも表現できるよう、さまざまな層が手にして楽しめる製品。ただ、APS-C機との間には価格やサイズなどの障壁も存在する。(2012/11/26)

新CMキャラクターは芦田愛菜さんと桐谷美玲さん:
薄型ボディにクラウド連携、目指したのは“スマート”なプリンタ――キヤノン「PIXUS」発表会
キヤノンがインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの2012年秋冬モデルを発表した。ボディの小型化やクラウドサービス連携などを通じ、昨今のニーズに合致するプリンタを目指す。(2012/9/27)

顔料10色機と染料8色機を刷新:
キヤノン、写真作品向けのA3ノビプリンタ「PIXUS PRO-10/PRO-100」
キヤノンはA3ノビ対応インクジェットプリンタ2機種を発表した。発色や表現力に注力したモデルで、ディスプレイでの見た目に近い色合いでプリントを行う「PROモード」を搭載する。(2012/9/26)

永山昌克がカラーマッチングを実践:
PR:プロカメラマンが「CP+2012」で見て聞いて触った、EIZOディスプレイの写真対応力
カメラと写真の総合イベント「CP+2012」では、ナナオがデジタルフォトに最適なEIZOディスプレイを展示し、ビギナーでも気軽に実践できるカラーマッチングを提案。写真好きの来場者から熱い視線が注がれた。それでは、デジカメレビューでおなじみのフォトグラファー永山昌克氏に、その実力はどう映ったのだろうか?(2012/2/27)

アート紙のA4サイズも追加:
エプソン、3万円台で無線LAN搭載のA3ノビ対応インクジェットプリンタ「EP-4004」
エプソンはA3ノビ対応インクジェットプリンタ「EP-4004」を2月1日に発売する。A3クラスではエントリークラスの製品で、6色染料インクを採用。無線LANも標準装備した。(2012/1/18)

A3フォトの最上位機:
キヤノン、顔料12色インク搭載のA3ノビプリンタ「PIXUS PRO-1」
キヤノンはA3ノビ対応インクジェットプリンタ「PIXUS PRO-1」を2012年6月に発売する。透明インクを含む新開発の12色インクにより、表現力を高めたハイエンドモデルだ。(2012/1/17)

キヤノン、12色顔料インクのA3フォトプリンタ最上位「PIXUS PRO-1」
「PIXUS PRO-1」はプロやハイアマチュアのデジタルカメラユーザーに向けた、A3ノビ対応インクジェットプリンタの最上位モデル。5色の黒を含めた、12色の新インクシステムを採用した。(2012/1/17)

2011年末プリンタ徹底検証:
エプソン「EP-804AR」は、まさに“迷ったらコレ”の完成度か?
年末商戦で最も売れている個人向けインクジェット複合機が「EP-804A」だ。3色のカラバリから、色鮮やかなレッドモデル「EP-804AR」をじっくり使ってみた。(2011/12/18)

オフィス機器購入ガイド:
ビジネスプリンタの選び方――“省エネ”と“多機能”を両立したインクジェット複合機編
低消費電力、多機能、省スペース、そして低価格と、SOHO/SMB環境で重宝するのがインクジェット方式の複合機だ。2011年はA3カラー対応の選択肢が増えた点に注目したい。(2011/11/18)

オフィス機器購入ガイド:
ビジネスプリンタの選び方――“省電力”で“安い”インクジェットプリンタ編
全国的な節電意識の高まりにより、オフィス環境でも注目を集めているのが消費電力の低さでページプリンタを上回るインクジェットプリンタだ。まずはビジネス利用に向いたインクジェットプリンタの条件から考えてみたい。(2011/10/6)

モバイル/クラウド連携も:
「いたれり、つくせり」なプリンタでシェア51%をめざす――2011年「カラリオ」発表会
エプソンがインクジェットプリンタ「カラリオ」の2011年モデルを発表。CMキャラクターの役所広司さんと黒木メイサさんが「いたれり、つくせり」なプリンタをアピールする。(2011/9/1)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年8月15日〜8月21日):
買い時のフルHD液晶ディスプレイは?──「高画質志向の国内メーカー製」が人気
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年8月第3週版】(2011/9/1)

新色は“赤”、メールプリントやAirPrintにも対応:
エプソンが「カラリオ」プリンタ11年秋冬モデルを発表――カラバリ、操作性向上、モバイル/クラウド連携に注力
エプソンは個人向けインクジェットプリンタ10機種14モデルを9月15日より順次発売する。主力のA4複合機は新色のレッドを追加したほか、操作性を向上。スマートフォンやクラウドサービスとの連携も強化した。(2011/8/31)

一気投入はまだまだ続く!:
「ラインアップ強化はシェア獲得に有効」――エプソン、オフィス向けプリンタ製品発表会
今回は11機種、7月にも3機種を発表しているエプソンは、合計14機種をプリンタのラインアップに投入したことになる。製品発表会では、ラインアップ強化の狙いや成果が語られた。(2011/8/25)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年8月8日〜8月14日):
ふと出てきたネガフィルムをさっとデジタル化、「お手軽フィルムスキャナー」も人気
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年8月第2週版】(2011/8/25)

エプソン、ビジネス向けインクジェットプリンタ6機種
エプソンは、インクジェットプリンタ/複合機6機種を発表した。オフィス内の設置を想定し、印字速度を上げ、ランニングコストを抑えたのが特徴だ。(2011/8/24)

病院、学習塾、デザイン事務所での活用例を紹介:
PR:“高速・小型・高耐久”なA4モノクロLEDプリンタがビジネスを加速!――OKI「COREFIDO B431dnB」モニターリポート
OKIデータの「COREFIDO B431dnB」は、さまざまなビジネス環境にフィットする高速・小型・高耐久なA4モノクロLEDプリンタだ。今回は業種の異なる3名のモニターの方に、B431dnBを職場に導入した感想をうかがった。(2011/8/22)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年8月1日〜8月7日):
狙い目は3万円台IPS+超解像対応モデル──ナナオ「FORIS FS2332」が急浮上
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年8月第1週版】(2011/8/15)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年7月25日〜7月31日):
HP、ベンキュー、LG製が急浮上──争い激しい“実売1万円台”の液晶ディスプレイ
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年7月第5週版】(2011/8/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。