ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「口座」最新記事一覧

自称金融機関勤務の視聴者がニコ生放送中に生主の口座残高暴露!? 波紋広がる
実名があがったゆうちょ銀行に問い合わせてみました。(2016/9/20)

電力自由化で勝者になるための条件(14):
収入管理の業務コストは大きい、口座振替やコンビニ収納の仕組みを用意
小売電気事業者に必要な収入管理の業務は特殊なものではなく、既存の事業の仕組みを利用できる。料金の収納方法として口座振替やクレジット決済を用意するほか、コンビニ収納も欠かせない。収入管理には大きなコストがかかるため、効率を重視して仕組みを構築する必要がある。(2016/9/16)

印鑑不要 口座開設から窓口・ATM取引まで「手のひら認証」で 大垣共立銀行が来春スタート
印鑑の代わりに手のひら静脈認証を行い、口座開設や窓口・ATM取引が使えるサービスを大垣共立銀行が2017年春に始める。(2016/9/14)

スマホで口座開設、印鑑不要に 三菱東京UFJ銀行がスタート
三菱東京UFJ銀行がスマホアプリで預金口座を開設できるサービスを始めた。(2016/9/12)

ネット不正送金で法人被害減少、ウイルス早期検知に効果
信用金庫における法人口座被害が大きく減少したものの、都市銀行の個人口座被害が増えた。(2016/9/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ローカル鉄道と地域を支える“寄付ツーリズム”のすすめ
熊本地震における南阿蘇鉄道の被害が甚大だ。その支援のため、第三セクター鉄道4社が合同で寄付金を募る復興祈念切符を販売している。南阿蘇鉄道も義援金受け入れ口座を開設した。鉄道ファンとしては参加したい。寄付から始まる特別な思いが、大きな満足となる。(2016/4/29)

熊本城復旧のための支援金専用口座が開設 支援の申し出に応えて
市長がTwitterに投稿しています。(2016/4/23)

ヤフー、銀行口座から直接決済できる「預金払い」、電子マネー「Yahoo!マネー」などを発表
ヤフーが、同社の決済サービス「Yahoo!ウォレット」の新サービスとして、「預金払い」や「Yahoo!マネー」「さっと割り勘 すぐ送金 from Yahoo!ウォレット」などの新サービスを発表。今夏から提供するという。(2016/4/19)

電子マネー「Yahoo!マネー」、初夏にスタート 個人間送金アプリも提供
ヤフーが銀行口座からチャージする電子マネー「Yahoo!マネー」を初夏に開始。手数料無料の個人送金アプリも提供する。(2016/4/19)

2015年のネット不正送金被害は過去最悪に、対策未実施口座が7割も
被害件数は2014年より減少したものの、被害額は約30億7300万円と過去最悪になった。(2016/3/3)

警察庁、2015年の不正送金被害額が過去最悪の約30億と発表
法人名義の口座が狙われたことが要因。(2016/3/3)

SIM通:
口座振替にも対応しているMVNOとSIMカードのプランまとめ
MVNOの支払いは、クレジットカードのみ受付の業者が多く、キャリアから買い替えを躊躇する層も多いようです。そこで、口座振替に対応したMVNOを紹介します。(2016/2/4)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
NISAはお勧めできない? 意外と知らないNISAの落し穴
2016年1月からNISA口座の預け入れ限度額が120万に増え、ジュニアNISAもスタートして話題になっているNISA。そんなNISA口座のデメリットとは……?(2016/1/8)

じぶん銀行、au ID連携で口座開設が可能に――au WALLETのチャージ5%増額キャンペーンも
au IDと連携し、個人情報を入力せずにじぶん銀行の口座開設が可能になる。また、新規で口座を開設した人を対象とした、au WALLET プリペイドカードのチャージ5%を増額するキャンペーンも実施する。(2016/1/7)

「シストレ24」で勝ちを狙う:
PR:人間VS. 人工知能! 初めてのFXで有利なのは? インヴァスト証券の担当者に聞いてきました
インヴァスト証券が提供するFXのシステムトレード「シストレ24」が注目されています。この分野で口座数ナンバーワンらしいので、ユーザーにとって何らかのメリットがあるはず。FISCOリサーチレポーターの三井智映子が、同社にお邪魔して人気の秘密を聞いてきました。(2015/12/4)

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト口座へ振り込んだ1万4000件の電話番号流出か
三菱東京UFJ銀行の一部の口座入出金明細が不正アクセスで漏えいし、出会い系サイトに振り込んだ人の電話番号約1万4000件が流出した可能性が高いという。(2015/12/1)

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト運営者の口座からサイト利用者の電話番号が漏えい 1万4000件か
すでに電話番号を用いた架空請求詐欺も発生し、同行は謝罪とともに注意喚起しています。(2015/12/1)

gooスマホ部:
LINEでみずほ銀行口座の明細照会するのは安全なのでしょうか
とても便利そうですが、個人情報がもれたりしないのでしょうか。(2015/11/17)

iコンシェルのマチキャラがお知らせるドコモの家計簿アプリ「マネレコ」
ドコモは、iコンシェルと連携できる家計簿アプリ「マネレコ」の提供を開始した。口座の入出金や請求情報をマチキャラがポップアップで知らせてくれる。(2015/11/12)

ロンドン警視庁、TalkTalkの情報流出事件で15歳少年を逮捕
流出した契約者のクレジットカード番号や銀行口座番号は悪用できないとTalkTalkは強調。攻撃の発端はSQLインジェクション攻撃だったと伝えられている。(2015/10/27)

引き続き警戒を:
FBIら、オンライン銀行詐欺マルウエア「Dridex」ボットネットを遮断と発表
米司法省は2015年10月13日(米国時間)、オンラインバンキングのアカウント情報を盗み取り、銀行口座から金銭を窃取する目的で用いられるマルウエア「Dridex」が展開するネットワーク(ボットネット)を遮断したと発表した。(2015/10/19)

みずほ銀行、LINEのトークで口座残高や入出金明細が確認できるサービス提供開始
専用のスタンプを送ると「○○円」すぐに表示、これは便利!(2015/10/15)

ネット口座狙う偽装メール、8日朝から1万3000通以上 トレンドマイクロが警告
最悪、銀行口座の預金を勝手に送金させられるなどのおそれもあり、注意が必要です。(2015/10/10)

2015年上期の不正送金は15.4億円、信金・信組の被害は10倍増
ネットバンキングの不正送金が754件発生し、個人口座の被害も増加に転じた。(2015/9/3)

マイナンバー改正法が成立 銀行口座にも適用可能に
金融機関の預貯金口座とマイナンバーをひも付けられるようにする改正マイナンバー法が成立した。(2015/9/3)

“5分で会社が作れる”「会社設立 freee」 書類作成から口座開設までワンストップ
Q&A形式で必要事項を入力すると会社設立に必要な書類を自動で作成できるオンラインツール「会社設立 freee」がリリースされた。利用は無料。(2015/6/23)

企業メールに侵入で代金詐取、欧州で犯罪組織を摘発
犯罪集団は企業の電子メール通信に割り込んで顧客をだまし、自分たちが操る銀行口座に代金を振り込ませていた。(2015/6/12)

検察庁の偽サイトに注意 職員かたる電話でアクセス指示
検察庁は、職員を装った者から偽サイトへのアクセスを電話で指示され、銀行口座などの入力を求められる事態が発生しているとし、注意を呼び掛けている。(2015/6/5)

マイナンバー法改正案が衆院可決 預金口座にも適用
マイナンバー法改正案と個人情報保護法改正案が衆議院で可決。2018年より預金口座や予防接種の記録なども対象になる。2015年6月に成立する見通し。(2015/5/21)

商品購入やアプリ利用で現金がたまるオンラインモール「ドコモ口座 キャッシュゲットモール」
NTTドコモは、オンラインでのショッピングやアプリのインストールなどを行うと現金がたまるオンラインモール「ドコモ口座 キャッシュゲットモール」を提供開始した。(2015/4/13)

ドコモ、プリペイドカードサービス「ドコモ口座Visaプリペイド」の専用アプリを提供開始
NTTドコモは、口座開設からVisaプリペイドカードの発行まで行える「ドコモ口座Visaプリペイドアプリ」をリリース。合わせて特典プログラムやキャッシュバックキャンペーンも実施する。(2015/3/31)

半径300メートルのIT:
あなたの銀行口座が狙われている――情報セキュリティ10大脅威 2015
IPAが発表した10大脅威、堂々の1位を飾ったのは「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」。明確に日本国内の口座を対象とした攻撃もあります。(2015/3/30)

マイナンバー、2018年から預金口座に適用 改正案が閣議決定
改正マイナンバー法案では、マイナンバーを2018年から預金口座に適用できるようにする。(2015/3/10)

知らないうちにお金が貯まるオンラインサービス「Digit」
なかなか貯金が増えない人向けに、銀行口座をバーチャルな貯金箱と連係させるだけで、自動的に、無理のない範囲で貯金できるサービス「Digit」が米国で公開された。(2015/2/20)

2014年のネット不正送金被害は約29億1000万円、前年比2倍に
警察庁がまとめた不正送金被害は、2013年の約2倍となる約29億1000万円だった。法人名義口座に係る被害が拡大している。(2015/2/12)

常陽銀行の対策も紹介
ネットバンキングの不正送金が急増、今すぐすべき「3つの対策」とは?
インターネットバンキング口座の不正送金事件が相次いで明るみに出ている。銀行も対策に余念がないが、ユーザーである企業も決して他人任せにはできない。では、具体的に何をすべきか?(2015/2/6)

LINEの決済サービス「LINE Pay」スタート 相手の口座知らなくてもLINEの友人に送金
LINEと連携した送金・決済サービス「LINE Pay」がスタート。まずは、LINEを通じてユーザー間での送金が行える機能などを提供する。(2014/12/16)

「一方的に決済口座を楽天銀行に一本化」「納得できる説明ない」サウンドハウスが楽天への出店取り止めを発表
「一方的な暴挙」と強く批判。(2014/11/19)

楽天市場、銀行決済の振込先を「楽天銀行」に一本化 「日本の商習慣ではありえない」と撤退表明の店舗も
「楽天市場」で代金の支払いに銀行振込を利用する際の振込先が楽天銀行の口座に一本化された。楽天は「安全に利用してもらうため」と説明するが、「日本の商習慣ではありえない」と反発し、撤退を表明する店舗も現れた。(2014/11/19)

じぶん銀行の「プレミアムバンク for au」で円定期預金の金利優遇がスタート
auユーザーを対象としたじぶん銀行の特典プログラム「プレミアムバンク for au」で、円定期預金の金利優遇がスタート。新規口座開設者はよりお得に。(2014/10/9)

「docomo ID」で不正ログイン6000件 リスト型攻撃受け
「docomo ID」がリスト型攻撃による不正ログインを受け、6072ユーザーの氏名や住所、口座情報などが流出した可能性。(2014/10/1)

docomo IDに不正ログイン 6072人の個人情報流出の恐れ
9月27日から29日にかけて、docomo IDに外部から不正ログインがあった子をが確認された。6072人の携帯電話番号、氏名、自宅住所、自宅電話番号、生年月日、口座情報などが閲覧された可能性があるという。(2014/10/1)

ネット不正送金被害は半年で18.5億円に、法人被害が急増
2014年上期のインターネットバンキング不正送金事件では地方銀行や信用金庫・信用組合に拡大し、法人口座の被害が大幅に増加した。(2014/9/4)

米大手金融機関に相次ぐ不正侵入、口座情報が盗まれる
攻撃者はソフトウェアの一般には知られていない脆弱性を突いて銀行のWebサイトに侵入した。“何層”にもわたって実装されていた高度なセキュリティ対策をかわして情報を盗んだとされる。(2014/8/29)

4コマまんが「飯田橋のふたばちゃん」:
【その116】スイス銀行で口座開設!
スイス銀行って架空の存在なのね。(2014/8/28)

Apache Cordovaに深刻な脆弱性、Androidアプリから情報流出の恐れ
例えば攻撃者がオンラインバンキングアプリからログイン情報を盗み出して、ユーザーの銀行口座から預金を引き出したり、別の口座に送金したりすることも可能だという。(2014/8/7)

「金融情報を漏らした企業とは二度と取引せず」 日本人は82%
米セキュリティ企業が日米英独豪5カ国で実施した情報漏えいに関する調査で、銀行口座やクレジットカードなどの金融情報を漏えいした企業と一切取引したくないと答えた消費者は平均65%に上る。(2014/8/1)

ベネッセ情報流出に便乗した勧誘に注意! 国民生活センター
「このままでは口座凍結される」などと不安をあおる不審な電話が発生しています。(2014/7/23)

NTTドコモ、請求書払いへの変更受付を中止――8月20日から
NTTドコモは、利用料金の支払い方法変更時の手続きを一部変更し、請求書払いへの変更受付を中止する。口座振替またはクレジットカード払いへの変更のみ受付ける。(2014/7/18)

日本に集中するFlash Player脆弱性の悪用攻撃、対策はパッチ適用
Flash Playerの既知の脆弱性を突く攻撃が5月中旬から日本で急増し、銀行口座の情報を盗み取るマルウェアに感染する恐れがある。(2014/5/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。