ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「航空券」最新記事一覧

新連載! 茂田カツノリの「ギークシティ深センの遊び方」:
世界最大の電気街、深セン「華強北」とっておきガイド
ドローンがブンブン飛び、LEDはギラギラと輝き、ホバーボードは走りまくり、町中にIoTシェアサイクルやEVのタクシーやバスが走り回り、屋台では皆がスマホで電子決済する近未来ハイテンションシティ「深セン」。そこにほぼ毎月通う茂田カツノリ氏が「深センの今」をお伝えする。第1回は、世界一の華強北電気街攻略法。(2017/12/7)

11月「AI」導入事例ニュースフラッシュ:
AIで攻める住信SBIネット銀行、DWHも刷新して準備万端?
11月のAI関連ニュースを導入事例を中心におさらい。今月は住信SBIネット銀行の動きや、画像解析系の事例が注目を集めました。(2017/11/28)

Windows XPのあの壁紙「草原」を撮影した写真家、今度はスマホ用壁紙を撮影
ルフトハンザ航空が配布しています。(2017/11/26)

Pivotal.IO 2018:
ANAシステムズ、ヤフー、NTTデータが、Pivotalの採用について説明
Pivotalジャパンは2017年11月16日、同社イベント「Pivotal.IO 2018」を開催、ANAシステムズ、ヤフー、NTTデータが、Pivotalの製品やサービスを活用した取り組みについて説明した。(2017/11/17)

てるみくらぶは禁断の「粉飾くらぶ」 逮捕2日前、「カネ返せ!」怒号飛び交った債権者集会
今年3月、経営破綻した「てるみくらぶ」。山田社長は破綻の危機に直面しながらも高額の役員報酬を受け取っていた。さらに破綻直前まで集客を続けており、旅行客らの怒りは大きい。(2017/11/13)

「ヤフオク!」で転売目的で入手したチケットの出品禁止に 11月8日から
ヤフオク!側で転売目的で入手したと判断した商品は削除されていきます。【追記あり】(2017/11/8)

航空券購入サイトの顧客行動分析をAIで自動化――JALとNECが実証実験
JALとNECが、航空券の購入予測分析を自動化する実証実験を開始。AIを活用した顧客データの解析で購買行動の要因を自動で発見できるようになり、迅速な予測分析が可能になった。(2017/11/8)

全日空とピーチ、民泊世界最大手と提携 国内旅行市場を開拓
全日本空輸と格安航空会社のピーチ・アビエーションは、民泊仲介サイト世界最大手Airbnbジャパンと国内旅行市場の開拓に向けた協業を開始したと発表した。(2017/11/7)

宇宙から“風”観測――飛行機の燃料ロス抑えるアイデア 宇宙ビジネスコンテストで大賞
宇宙から観測した高精度の風データで、飛行機の燃料ロスを削減して経済効果を見込むアイデアが、宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster2017」で大賞を受賞した。(2017/10/30)

「小さく始めて大きく育てる」:
JALのチャットボット「マカナちゃん」に学ぶ、AI活用の“肌感覚”
「AI Business Forum」で開催された講演に、日本航空Web販売部の岡本昂之主任が登壇。ビジネスへのAI活用を成功させるためのコツについて語った。(2017/10/30)

チャンギ空港が「世界一」である理由 無人化技術でコスト圧縮 危険人物も見抜く
待ち時間の短縮と人件費を含むコスト圧縮を両立しながら、増大する利用者を取り込む工夫が随所に見られた。(2017/10/25)

「スーパースターセール」:
ジェットスター、中部発着便をセールで「片道6円」に
LCC「ジェットスター」が、中部国際空港を発着する国内・国際線の航空券が片道6円になる「スーパースターセール」を10月17〜22日に実施する。(2017/10/16)

メルマガ読者基盤を生かして成長:
メルマガの「まぐまぐ」、エボラブルアジアが買収
エボラブルアジアが、メルマガ最大手のまぐまぐを子会社化すると発表。メルマガやメディアの読者基盤を生かして旅行サイトのプロモーションにつなげる狙い。(2017/9/12)

運用コストを6割カット:
「トラフィックの8割以上がボットだった」――JAL、「Bot Manager」で航空券予約サイトへの迷惑ボットを撲滅
日本航空は、海外地区のJAL Webサイト(航空券予約サイト)への全アクセスの8割以上を占めていた迷惑ボットの照会アクセスを制御する「Bot Manager」を導入。迷惑ボットを排除した結果、運用コストを約6割削減した。【訂正】(2017/8/25)

PR:「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た
案外素直に攻略へ取り組む子どもたちに、「理不尽」が容赦なく襲いかかる。(2017/8/16)

認識系API活用入門(6):
人工知能会話アプリが作りやすくなる文章解析サービス「LUIS」を学習させるには
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、LUIS(Language Understanding Intelligent Service)の概要とLUISへアプリケーションを登録する方法、LUISに学習させる方法を紹介する。(2017/8/15)

ビットコイン、分裂騒動なんのその 価格高騰、利用シーン拡大
「ビットコイン」を利用できる店舗が増えている。8月初めに分裂し、利用者が離れる懸念もあったが、大きな混乱もなく騒ぎは収束した。(2017/8/10)

重要システムのクラウド移行が成功した理由
アジャイル開発+クラウドが決め手、アメリカン航空のWeb刷新成功事例を見る
世界最大の航空会社、アメリカン航空はWebサイト刷新プロジェクトを実施した。成功の鍵は、拡張性に優れ堅牢なクラウド基盤と、組織変革を支援する開発手法にあった。(2017/8/14)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
特集は、フラッシュのブレークスルーとなった3D NANDについて技術的に解説する。他に、増加傾向にあるDNSのセキュリティリスク、Webの内容を勝手に取得して利用するスクレイパーからコンテンツを守る方法、MongoDB導入事例などをお届けする。(2017/6/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(42):
こんなことも知らないんですか? ベンダーって勉強不足ですね
集団訴訟を管理するシステムを開発したベンダーが、要件になかった項目を“自主的に”追加しなかったからと弁護士に訴えられた。弁護士の常識vs.ベンダーの常識、勝つのはどっちだ!?(2017/6/12)

急速な事業拡大に耐え切れず:
格安航空券の「サンクスツアー」運営元が破産
帝国データバンクによると、格安航空券販売サービス「サンクスツアー」などを運営するシナジーコーポレーションが破産した。(2017/6/7)

産業用VRカレイドスコープ(3):
日本語入力とPCリテラシーの低さが生む、海外製VRソフトの障壁
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、海外製の産業用VRソフトと、それを実際に日本で利用しようとする場合の課題点について説明します。(2017/5/22)

富士急ハイランド、アトラクション優先券をネット販売 GW混雑に対応
ゴールデンウィーク期間限定で、富士急ハイランドの「絶叫優先券」デジタル前売り券が、ヤフーの「PassMarket」で販売。(2017/4/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
実は怖い、インド便のトイレ
航空会社のトラブルが相次いでいる。男性が警察に引きずり出されたり、母親がベビーカーを奪われたり。いずれも米国の航空会社で起きたわけだが、客室乗務員によると「インド便で深刻な問題がある」という。どういうことかというと……。(2017/4/27)

AWS、アプリケーションの会話型インタフェースを構築するAIサービス「Amazon Lex」発表
Amazon Web Services(AWS)は、さまざまなアプリケーション向けの会話型インタフェースの構築を容易にする「Amazon Lex」の提供を開始。自然言語での高度な対話ボットを短時間で簡単に構築できるようになるという。(2017/4/25)

機内でベビーカーを取り上げられた母親が号泣する動画が物議 アメリカン航空が不適切な対応を謝罪
他の乗客が、乗務員と口論になる一幕も。(2017/4/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
全世界で使える ドーハ空港でOoredooのプリペイドSIMを買ってみた
ドーハのハマド空港では、世界各国で使えるプリペイドSIMが売っています。乗り継ぎ便で、しばらくドーハに滞在するときにも便利です。早速購入して使ってみました。(2017/4/14)

航空業界が過剰予約を擁護、ユナイテッド問題受け
ユナイテッド(United)航空問題を受け、航空各社は、定数以上の座席を販売することで航空券の値上がりを抑えることができるとし、オーバーブッキングを擁護している。(2017/4/14)

ユナイテッド航空機から引きずり降ろされた乗客の動画が物議 オーバーブッキング時のルールとは?
ユナイテッドの対応が非難を浴びている。その全貌が乗客らの証言から明らかに。(2017/4/11)

持ち株会社も破産:
てるみくらぶ関連会社 「自由自在」が破産
格安海外旅行会社「てるみくらぶ」関連会社の「自由自在」と、持ち株会社の「てるみくらぶホールディングス」が破産。(2017/3/30)

てるみくらぶ関連会社「自由自在」も破産
てるみくらぶの関連会社「自由自在」とグループ持ち株会社「てるみくらぶホールディングス」が破産。(2017/3/30)

6カ月で負債50億円膨らむ:
てるみくらぶ、破産直前の債務超過額は126億円
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」の資産内容を、東京商工リサーチが明らかに。債務超過額は126億円。関連会社8社の状況も判明した。(2017/3/29)

旅行者の負債100億円:
海外旅行会社「てるみくらぶ」が破産 返金は困難か
航空券が発券できないなどのトラブルが起きていた格安海外旅行会社の「てるみくらぶ」が自己破産。(2017/3/27)

NoSQL活用事例
MongoDB導入で航空券発行サービスから総合旅行支援サイトへ進化
複数の航空会社のオンライン航空券発行サービスを提供していたAmadeusは、NoSQLの「MongoDB」を導入したことにより柔軟な検索が可能になり、複雑な条件検索が可能な総合旅行支援サイトに生まれ変わった。(2017/2/28)

Computer Weekly:
MongoDB導入で航空券発行サービスから総合旅行支援サイトへ進化
複数の航空会社のオンライン航空券発行サービスを提供していたAmadeusは、NoSQLの「MongoDB」を導入したことにより柔軟な検索が可能になり、複雑な条件検索が可能な総合旅行支援サイトに生まれ変わった。(2017/2/22)

サウジアラビアの王子が購入した航空チケットで客席に陣取るハヤブサ80羽がシュール 人間の乗客はなぜか無反応
中東ではよくあることなんでしょうか……?(2017/2/3)

「HCI」からの脱皮を図る本当の理由:
米ニュータニックスCEOが語る、「複雑な」プライベートクラウドの次と「曖昧な」ハイブリッドクラウドの次
米ニュータニックスのCEO、Dheeraj Pandey氏へのインタビュー。同氏は、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)、オンプレミスITインフラ、パブリッククラウドなどに関し、さまざまな興味深い発言をしている。(2017/2/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
すべては笑顔のため「鉄旅オブザイヤー'16」
2016年に開催された鉄道旅行商品を表彰する「鉄旅オブザイヤー2016」の表彰式が行われた。今年はDC賞、ベストアマチュア賞も創設されて盛り上がった。受賞を逃した作品にも素晴らしい企画があった。審査は楽しく、そして悩ましいところもある。(2017/1/27)

雲の上なら見晴らし最高、初日の出フライトの「特等席」っぷり
見晴らしの良い上空から初日の出を眺められる「初日の出フライト」。地上の天候が悪くても年に1度のシャッターチャンスを逃すことがないとして、人気が拡大している。(2017/1/2)

「肉と魚」だけじゃない:
ふるさと納税、新しい“2つのトレンド”
身近なものとなったふるさと納税。寄付額も昨年度から1.6倍の2600億円になると見られ、件数・金額ともに成長している。ふるさと納税で人気なのはやはり王道の肉と魚介類だが、2016年には新たな2つのトレンドが生まれたという――。民間ふるさと納税サイト「さとふる」に聞いた。(2016/12/28)

「世界で戦える学生募集」 メルカリ、米国に100人の学生を派遣へ 採用活動の一環
メルカリは、大学生・大学院生100人を米国に派遣するインターンシップ「BOLD INTERNSHIP in USA」の参加希望者の募集を始めた。(2016/12/21)

アップルPickUp!:
冬休みの旅行に役立つ「iPad」活用術
iPad Proを片手にホリデーシーズンを楽しもう。(2016/12/9)

「ジミー・ペイジ演奏せず」のロックイベント、参加者の1人が主催者を提訴 「事実関係、明らかにしたい」
11月に開かれたロックイベントでジミー・ペイジ氏が演奏するかのように宣伝していたにも関わらず、実際は演奏しなかった問題で、参加者の1人で弁護士の奥山倫行さんが、主催者を相手取って訴訟を起こした。(2016/12/1)

目的地がどこか不明な航空券「どこかにマイル」、JALが6000マイルで提供
羽田空港から日本国内の“どこか”の空港に、通常の半分以下の6000マイルで行ける「どこかにマイル」を、JALが12月に始める。(2016/11/30)

通常の半分以下のマイルで:
6000マイルで羽田と“どこか”の国内空港を往復 JALとNRI
日本航空と野村総合研究所は12月12日午前11時から新サービス「どこかにマイル」の提供を開始。6000マイルで羽田空港からJALグループの直行便が運航する全国の“どこか”の空港に行ける。(2016/11/29)

セブン銀行、デビットカードのシステム連携基盤にEBSを活用
口座の利便性向上や決済ニーズに応えるサービスの展開など新サービスの素早い展開と、コスト削減を目的に、IBMのエンタープライズサービスバス(ESB)製品「IBM Integration Bus」を採用している。(2016/11/25)

インシデント対応レポート:
経団連にマルウェア「PlugX」「Elirks」が侵入、APT攻撃と判断
経団連の事務局コンピュータが外部と不正通信を行っていたことが判明し、調査からAPT(高度な標的型攻撃)と断定した。(2016/11/16)

貴社は大丈夫?:
PR:なぜあのサービスは一向にパフォーマンス改善されないのか?
ECなどのWebサービスを利用する際、サイトが重くて離脱してしまった経験はないだろうか? サービス事業者側から見ると、これは大きなビジネス機会の損失になっているのは火を見るよりも明らかだ。そうした事態を招かないためにすべきこととは……。(2016/11/16)

レッドハットのクレイグ・ムジラ氏に聞く:
PR:一般企業における、コンテナ、DevOps、マイクロサービスへの道筋
コンテナ、DevOps、アプリケーションのマイクロサービス化への取り組みについては、まだきっかけをつかめていない企業が多いのではないだろうか。そこで米レッドハットのアプリケーションプラットフォームビジネス担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・ムジラ(Craig Muzilla)氏に、一般企業におけるアプリケーション開発・運用の新たな世界へのシナリオについて聞いた。(2016/11/7)

LINEで搭乗 「エア・ドゥ」から登場 航空会社初のサービス提供
マスコットキャラクター「ベア・ドゥ」のLINEスタンプも配信。(2016/10/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。