ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エアコン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!家電製品→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で家電製品関連の質問をチェック
「エアコン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

猛暑対策展:
置くだけで周囲を冷やす「バケツエアコン」 なんと社長がたった1人で開発していた
発表段階から、Twitterなどでは「天才」と話題になっていました。(2018/7/20)

「昔はエアコンがなくても大丈夫だったのは今より気温が低かったから」は本当か 日本気象協会に聞いた
答えは気象庁の「ヒートアイランド監視報告2017」にありました。(2018/7/18)

「エアコンの嫌なニオイが完全に消えた」 “窓全開、16度で1時間つけっぱなし”で本当にニオイが取れる理由
自分で簡単にできる。(2018/7/11)

エネルギー管理:
電力需給に応じてエアコンを自動制御、ダイキンが実証へ
ダイキン工業がNEDO事業のもと、ポルトガルで開発を進めていた空調自動デマンドレスポンス実証システムが完成。電力需給に応じ、最適にエアコンを自動制御する実証を2018年7月から開始した。(2018/7/3)

扇風機やエアコンの思わぬ火災に注意 動きが悪い扇風機や、電源コードの延長接続をしたエアコンに発火の可能性
毎年夏に扇風機とエアコンの事故が発生しています。(2018/6/30)

エアコンをよく使う夏場、カビ対策はどうしたらいいの? 原因、対策方法まとめ
エアコン内部にカビが発生する原因から、カビを防止する方法までご紹介。(2018/6/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeで多機能スマートリモコン「RS-WFIREX3」を使って分かったこと シンプルな音声コマンドでエアコンを快適に操作可能
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX3」をGoogle Homeで使用する場合の設定方法から使い方、メリット・デメリットを紹介する。(2018/6/7)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoで多機能スマートリモコン「RS-WFIREX3」を使って分かったこと エアコンの電源オン・オフ、運転モードや温度まで操作可能
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Alexaの「スマートホームスキル」と「カスタムスキル」の両方に対応したラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX3」を紹介する。(2018/6/5)

エアコンが冷えない場合の原因と解決方法、教えて!
(2018/5/31)

エアコンと連動する「アシストサーキュレータ」をダイキンが発売 壁掛け対応 スマホやAlexaから操作も
ダイキン工業は、同社製エアコンと連携動作する「アシストサーキュレータ」を発売する。冷気や暖気を効率よく循環させる他、エアコンのアシストやエアカーテンとしても利用できる。(2018/5/18)

夏本番を迎える前に エアコンの“正しい試運転” ダイキンが呼びかけ
エアコンを本格的に使用する夏の本番前の“正しい試運転”や点検方法について、ダイキン工業が呼びかけている。(2018/5/7)

電流センサー搭載IoTリモコン「eRemote Pro」が先行販売 エアコンの稼働状況を可視化
リンクジャパンは、室内に設置しているエアコンの稼働状況を可視化するIoTリモコン「eRemote Pro」の先行予約販売を開した。チケット購入型クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」などで購入できる。(2018/4/10)

エアコンクリーニングをやるのは、いつの時期がおすすめ?
エアコンクリーニングの頻度、予約が取りやすい閑散期などについて解説します。(2018/4/6)

KODAWARI、スマホのワイヤレス充電に対応したカーマウント「CAMO Wireless Charging Car Mount」
KODAWARIは、車内のエアコン吹き出し口に設置して使用するワイヤレス充電に対応したカーマウント「CAMO Wireless Charging Car Mount」を発売。Qualcomm Quick Charge 3.0規格に対応したシガーソケットであれば9V出力で1.5倍の高速充電が可能だ。(2018/4/3)

なぜ、ダイキンのエアコン「リソラ」は7つのカラーで誕生したのか?
日産「Be-1」コンセプトなどで知られるプロダクトデザイナーの坂井直樹氏も参画したダイキンのエアコン「リソラ」。ホワイトが主流のエアコンに7つのカラーを持ち込んだ真意とは?(2018/3/27)

エアコンの室外機って掃除した方がいいの?
エアコンの効果を保つ室外機の掃除の仕方、注意点などをご紹介。(2018/3/8)

エアコンクリーニングのメリットって、何があるの?
業者によるエアコンクリーニングで改善するトラブルにはどんなものが?(2018/3/1)

工場ニュース:
タイに2工場を新設、エアコンのグローバル展開を強化
三菱重工サーマルシステムズは、タイにある同社の合弁企業が既存2工場の設備を増強し、新設した第3工場と電装工場で生産を開始したと発表した。今後、家庭用・業務用エアコンのニーズ拡大に対応して生産能力を増強する。(2018/2/27)

メカ設計と試作:
目が不自由でも、機能が分かって使いやすいスイッチとは
三菱電機は、盲学校の横浜訓盲学院と共同で家庭用エアコンのリモコンを試作した。(2018/2/20)

冬のエアコンはつけっぱなしの方が得? こまめに消す場合との電気代の差をダイキンが調査
寒さはまだまだ続くようです。(2018/2/18)

大雪でエアコンが効かなくなったらまず「室外機」をチェック ダイキンの対策ページが分かりやすいと話題に
シャープさんのお墨付き。(2018/1/26)

エアコンの故障相談にチャットbotが自動応答――ダイキン、AIを活用した故障診断サービスを開始
ダイキン工業が、AIを活用したチャットbotを顧客サポートに導入し、エアコンの故障診断サービスを開始した。チャット画面に表示される質問に答えていくことで、故障の診断結果が分かる。(2018/1/24)

雪で寒いのにエアコンが効かない! どうして?……Twitterに相次いで「SOS」
「全然エアコンが効かない」「エアコンから冷たい風でてくる」――22日、Twitterにこんな「SOS」が続々と寄せられた。大雪でエアコンが効かなくなるのはなぜなのか。(2018/1/23)

Twitterに相次ぎ「SOS」:
大雪で寒いのにエアコンが効かない! どうして?
首都圏の大雪で、家庭で暖まろうとエアコンをつけたところ停止してしまったなどのトラブルがTwitter上に相次いで寄せられている。(2018/1/23)

トヨタもAlexa採用 北米の一部モデルで
トヨタが北米向けの一部車種でAlexaを採用。車内でAlexaと対話でき、ニュースや音楽を聴いたり、自宅のエアコンを操作するといったことが可能になる。(2018/1/10)

ドアや浴室までつながるIoTサービス、LIXILが提案
「OK,Google、おはよう」と言うだけで窓のシャッターが開き、照明やエアコンが動き出す。LIXILがドアなどの建材や住宅設備機器までを連携させるIoTサービスを発表した。(2017/12/4)

ウェアラブルニュース:
冷暖両方の対策に対応する、冷暖房付き作業服を発売
ミツフジは現場作業員の冷暖対策の一環として、服の中の温度を調整できる冷暖房付き作業服「hamon Air Brave」を発売した。エアコンを使用できない環境下でも、より快適に過ごすことができる。(2017/12/1)

東京モーターショー 2017:
「OK Google、クルマのエンジンをかけて」、三菱自が2018年からスタート
三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、スマートスピーカーの「Amazon Echo」や「Google Home」を通じてエンジンの始動やエアコンの設定、ドアの解錠・施錠を行う様子を紹介した。スマートスピーカーの普及が先行している北米で、2018年から同様のサービスを提供する。(2017/11/2)

医療技術ニュース:
エアコンの冷暖房の風が脳活動に影響、無風の方が平穏な状態に
九州大学とKFTは、冷暖房時に生じる風が脳活動に及ぼす影響を明らかにした。風の有無による脳波/心理時間/皮膚温度などの違いを計測・解析した結果、風が無い方が脳波の振幅が低く、平穏状態を示していることが分かった。(2017/10/6)

薄さと質感を突き詰めたエアコン、ダイキン「リソラ」
ダイキン工業は、インテリア性を重視したエアコンの新シリーズ「risora」(リソラ)を2018年3月に発売する。自動車の内装部品などにも使用される表面処理を施して高級感を演出した。(2017/9/28)

エアコンの風は脳を不安にさせる――九大調査
冷房や暖房の風が苦手な人は、脳が嫌がっているのかもしれない――九大などの研究チームが冷暖房時に生じる風が脳活動に及ぼす影響を明らかにした。(2017/9/14)

三菱電機 PSS75SA2FT:
定格75Aを可能にしたパワー半導体モジュール
三菱電機は、パワー半導体モジュール「1200V 大型 DIPIPM Ver.6」シリーズのラインアップを拡充し、40kW級のパッケージエアコンに対応する75A/1200V品「PSS75SA2FT」を発売した。(2017/9/8)

凍らせて洗う「白くまくん」
日立のエアコンといえば“白くまくん”。その名称にぴったりの新機能をひっさげて2017年秋の新製品を投入します。(2017/9/7)

省エネ機器:
世界の空調・給湯器市場、日系メーカーの存在感が高まる
世界の空調・給湯機器市場は今後も堅調に拡大しそうだ。空調機器では特に、日系メーカーが高いシェアを誇るビル用マルチエアコンが高い伸びを示すことが予想されている。給湯機器では電気温水器などの従来品からエコキュートをはじめとするCO2冷媒製品への移行が進みそうだ。(2017/8/16)

エアコンのフィルター掃除って、水洗いだけでいいの?
部屋の掃除ついでに簡単にできるフィルター掃除の方法をご紹介。(2017/8/16)

CarPlayはどうなる?
未来のボルボ車はAndroid OSが基本機能を制御
VolvoはGoogleと共にAndroidベースのシステムを開発している。ナビゲーションやオーディオ機能のみならず、Androidがエアコンやパワーウィンドウなども制御するという。(2017/8/10)

外出先からエアコンの稼働状況が分かるスマート学習リモコン「eRemote pro」
リンクジャパンが新しいリモート学習リモコン「eRemote pro」を発売する。外出先から自宅のエアコン稼働状況を把握し、操作できるのが特徴だ。(2017/8/9)

スマホで家電を一括管理 出先からでも操作可能なスマート家電コントローラーが便利そう
帰宅前にエアコンを起動したり、消し忘れた家電をオフにしたり。(2017/8/9)

「エアコンを28度に」は間違い? 7割以上がクールビズを勘違い――三菱電機ビルテクノ調査
「ビジネスパーソンの7割以上がクールビズを勘違いしている」――そんな調査結果が発表された。(2017/8/7)

エアコン室外機を模した信楽焼の手作りフィギュア、ヴィレヴァンオンラインに登場
小さくてかわいい、手作りの室外機。(2017/7/18)

エアコンについている「自動温度調節機能」はAIと呼べるのか?
AIとは何なのか。(2017/7/15)

暑くて寝苦しい夜、エアコンはつけっぱなしか、タイマーか? ポイントは別のところにあった
(2017/7/5)

スマートホーム:
気象予測でエアコンを最適制御、省エネと快適性の両立へ
UR都市機構、環境エネルギー総合研究所、日本気象協会、IIJ、中部電力は、気象予測データなどを基にエアコンを最適に制御する技術の開発に着手する。2017年10月から約100戸の賃貸住宅で実証実験を行う計画だ。快適性と省エネ性の両立を目指すとしている。(2017/6/12)

気象予測を基にAIとIoTでエアコンを自動制御――UR賃貸住宅で実証実験へ
UR都市機構と、環境エネルギー総合研究所、日本気象協会、IIJ、中部電力は、AIとIoTを活用した快適な低炭素化住宅の実現を目指す共同研究で合意。気象データなどを基にエアコンを快適に省エネ運転する実証実験を行う。(2017/6/8)

Spigen、エアコン吹き出し口に取り付けられる車載ホルダーを発売
Spigenは、ワンタッチで取り付けできるエアコン吹き出し口式車載ホルダー「A203」を発売。Amazonストアでは発売記念として30%オフで提供し、保護ケース「シン・フィット」との同時購入で500円オフになるキャンペーンも行う。(2017/6/6)

扇風機の経年劣化やエアコンの電源コードのねじり接続で火災のおそれ 使用前の確認をNITEが呼びかけ
夏になる前に。(2017/5/27)

「早めにエアコンの試運転を」 空調大手のダイキンが呼びかけ
エアコンの試運転時期について大手空調機メーカーのダイキンが案内した。(2017/5/16)

ドン・キホーテのPB「情熱価格PLUS」でアイリスオーヤマのエアコンを販売――人感センサー搭載で4万9800円から
(2017/4/28)

モーター専用回路の活用:
PR:高性能マイコンを活用した複数モーターを制御するシステムの設計について
洗濯機やエアコンなどの家電機器をはじめとして、複数のモーターを同時に制御するアプリケーションは多い。昨今では、複数のモーター制御を安全を担保しながら実現しなければならず、設計者の悩みの種になっている。そこで今回は最新の高性能マイコンを活用した複数のモーター制御システム設計方法を空調システムを例に挙げて紹介する。(2017/4/24)

エアコンの試運転を春にするべき理由とその方法
(2017/4/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。