ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Apple II」最新記事一覧

立ちどまるよふりむくよ:
初音ミクの「ボカロキーボード」を弾いてわかった これはヤマハ「ショルキー」の復活だ
ヤマハの「ショルキー」覚えていますか?(2017/9/2)

マストドンつまみ食い日記:
PatreonとPatroNet 新旧パトロンシステム
Patreonでオイゲン・ロチコさんを支援して思い出した、「こういうの、20年くらい前にやったことあるぞ」。(2017/7/17)

立ちどまるよふりむくよ:
梯郁太郎氏はなぜAppleから距離を置いたのか
DTMステーションに掲載された2011年の梯郁太郎氏インタビュー「亡くなったローランド創業者・梯郁太郎さん、スティーブ・ジョブズを語る」が超絶面白かったので、Apple側の動きを中心に補完的な情報をまとめてみた。(2017/4/4)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(12):
日本のメーカーに救われたスイス発ベンチャー
昔も今も、シリコンバレーでは数多くのベンチャー企業がしのぎを削ってきた。日本からはなかなか見えてこないであろう、これらの企業を、今回から複数回にわたり紹介する。まず取り上げるのはPCの周辺機器を手掛ける大手メーカー、ロジテックだ。今では世界中で事業を展開する同社だが、このような成長を遂げられることになった影には、ある日本メーカーの存在があった。(2017/3/30)

ものになるモノ、ならないモノ(73):
「神エクセル」が役所ではびこる理由
「神エクセル」問題はなぜなくならないのか? 内閣官房・CIO補佐官に疑問をぶつけた。(2016/12/26)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(11):
初代ファミコンとクラシックミニのチップ解剖で見えた“半導体の1/3世紀”
家庭用テレビゲーム機「任天堂ファミリーコンピュータ」の発売からおおよそ“1/3世紀”を経た2016年11月にその復刻版といえる「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売された。今回は、この2つの“ファミコン”をチップまで分解して、1/3世紀という時を経て、半導体はどう変わったのかを見ていく。(2016/12/20)

立ちどまるよふりむくよ:
ファミコンとクラシックミニを並べて1980年代にタイムスリップしてみたら
オリジナルのファミコンと復刻版を比較して、当時のことを思い出してみた。(2016/11/11)

「サービスで大事なのは愛」:
Slack、競合する「Microsoft Teams」発表に歓迎の全面広告
Microsoftによる競合するチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」発表に合わせ、Slackがライバル登場を歓迎する全面広告をNew York Timesに掲載した。(2016/11/3)

立ちどまるよふりむくよ:
Macintoshの起動音を作った人たち
新しいMacBook Proにはスタートアップサウンドが用意されていないそうだ。これから出てくるMacはすべてそうなりそう。これから先、この音に関するドラマはもう生まれないのか。(2016/10/31)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(5):
インターネット時代の幕開け
今回は、シリコンバレーの発展に欠かせない要素であるPCとインターネットの歴史について、触れてみたい。これら2つは、シリコンバレーだけでなく世界を大きく変えることになった。(2016/8/12)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(4):
「シリコンバレー以前」から「PCの登場」まで
今回から、シリコンバレーの歴史を振り返ってみよう。世界屈指の”ハイテク企業地帯”は、どのようにして生まれたのか。まずは、「シリコンバレー以前」から、Appleが創設され、「Apple II」が登場するまでをご紹介しよう。(2016/8/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ソフトバンクのARM買収は正しい選択か?
3連休の最終日に英国から入ってきたビッグニュース。ソフトバンクグループは英ARMをなぜ買収するのか、それは正しい選択なのかを考察する。(2016/7/20)

立ちどまるよふりむくよ:
その後の音楽を一変させた「MC-8の父」について
その仕組みはMIDIに継承され、今日の音楽制作の基礎となった、デジタルシーケンサーの元祖、ローランド「MC-8」。しかし、その父親的存在であるカナダ人についてはほとんど知られていない。(2016/7/1)

立ちどまるよふりむくよ:
コンピュータで音楽を作る時代はこうして始まった
1982年、8ビットのコンピュータとシーケンサーを使ってライブをやっていた証拠写真が見つかった。自分のだけど。(2016/6/24)

ジョブズの「現実歪曲空間」はこうして生まれた マンガ「スティーブズ」でのチームワーク
原作者、漫画家(2人)、編集者の4人がチームとなって制作。その内情が語られた。(2016/6/1)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

プロの絵描きたちの貴重な作業環境が明らかに! Twitterハッシュタグ「絵描きさんの作業環境が見たい」が盛り上がる
ハイスペックなものからネタ的なものまで。(2016/3/3)

赤松健先生のApple愛が止まらない 40年前のApple IIを漫画執筆用マシンにフルチューン中
一見無謀とも思える試みですが果たして……?(2016/2/18)

技術×ポップカルチャーの「東京コミコン」2016年12月に開催:
ウォズ曰く「テクノロジとはポップカルチャーそのものだ!テスラの自動運転は思わず笑みも浮かぶ」
東京コミコンが2016年12月に幕張メッセで開催される。その企画を主導したのは、アップルの創設者の一人、スティーブ・ウォズニアク氏。テクノロジとポップカルチャーの関係をウォズに聞く。(2015/12/4)

週末アップルPickUp!:
iPhone 6sは? iPad Proは? スペシャルイベント直前ウワサまとめ
感圧タッチ搭載やカメラ強化、新色の追加など。(2015/9/4)

Apple Music立ち上げに当たり、異例のFacebookイベント開設
Apple Musicは米太平洋時間の6月30日午前8時にスタートする。Appleにしてはめずらしく、Facebook上にローンチページを開設した。(2015/6/29)

LiveWorx 2015:
アップル共同創業者が語る「起業時の技術者が持つべき気持ち」とは?
米国PTCおよび同社傘下のThingWorxは2014年5月4〜7日(現地時間)、米国マサチューセッツ州ボストンにおいてユーザーカンファレンス「LiveWorx 2015」を開催。同カンファレンスに伴って実施されたIoTハッカソンの表彰式では、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏がトークセッションを行い、アップル創業時の自身の体験を振り返った。(2015/5/11)

起源は小石:
意外と知らない? 計算機の歴史を神楽坂でたどってみた
東京都新宿区の神楽坂に、東京理科大学近代科学資料館がある。この資料館、実は、小石や算木から日本初の大型商用コンピュータまで、さまざまな年代の計算機を数多く所蔵しているのだ。意外と知らない計算機の歴史を、同資料館の展示品とともにたどっていこう。(2015/3/23)

「デイジーデイジー」歌った半世紀前の音声合成をキャラ化した「chipspeech」、その意外な歌唱力
50年前、30年前に合成された音声で自由に歌わせることができる。しかも日本語で。(2015/1/21)

マンガやアニメを振興する「MANGA議連」とは? 日本漫画家協会理事の赤松健先生に聞いてきた
超党派の議員連合「MANGA議連」はどのようなアニメ・マンガ振興政策を目指すのか。設立総会に出席した赤松健先生に聞きました。(2014/12/19)

熱い思い出がよみがえる? 懐かしのゲームが遊べるiPhoneアプリ5選
知っている人には懐かしい、そして知らない人にも楽しめるレトロゲームをピックアップ。(2014/8/8)

Samsung、韓国に「イノベーション博物館」開設 Apple IIも展示
Samsung Electronicsが韓国の水原市に大規模なエレクトロニクスがテーマの博物館を開設した。同社製品だけでなく、エジソンのフィラメントランプやソニーのポータブルテレビ、Appleの「Apple II」など歴史的な製品が展示されている。(2014/4/22)

アシュトン・カッチャー版「スティーブ・ジョブズ」が描いたもの、描かなかったもの
これから多く出るであろうジョブズの映画の決定版となるか。MacUser編集長などを務め、ジョブズを見続けてきた松尾公也氏による映画レビュー。(2013/8/29)

あの名刺サイズPCはこうして生まれた:
子どもたちがいつでも・気軽に触れられるコンピュータを――「Raspberry Pi」に詰まった創業者の思い
発売1年で100万台以上が売れた小型コンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」の開発者であり、コンピュータの開発スキルの発展を促進するために設立された財団「Raspberry Pi Foundation」の創設者でもあるエベン・アプトン(Eben Upton)氏がイベント出席のため先ごろ来日。Raspberry Piに対する思いや今後の展開、自身の経験などについてお話を伺った。(2013/6/13)

懐かしの「ロードランナー」が30年の時を超えてよみがえる――「Lode Runner Classic」
アクションパズルゲームの金字塔「ロードランナー」のApple II版を忠実に再現した「Lode Runner Classic」が、iOSおよびAndroid向けに販売されている。知っている人も知らない人も、ぜひ1度楽しんで欲しいタイトルだ。(2013/1/24)

プチコンで始めるBASIC新世代育成“虎の穴”(9):
人工無脳は電気ヒツジの夢を見るか?
武骨なようで中身は繊細!? プチコンによるBASICプログラムにおいて、画面上の“見栄え”は非常に難しい問題だ。今回は、やり過ぎない程度のスパイスを加えたサンプルプログラムを紹介する。おや、ハカセの手に「ファミリー○ーシック」が……なぜ!?(2013/1/11)

「Wintel時代は終わった」とSFDCベニオフ氏 都内で「カスタマー革命」を披露
Cloudforce Japanの基調講演に立った米Salesforce.comのマーク・ベニオフCEOは「われわれは10年も前からクラウド革命を予見していた」と主張。「Wintel時代はもう終わり」と話す。(2012/12/6)

海外モバイルニュースピックアップ:
膨大なコレクションを公開――モスクワに私設のApple博物館
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、モスクワにオープンした私設のApple博物館、勝手にあとをついてくるショッピングカート、ツイートのマーケティング活用など。(2012/3/1)

何が出るかな?:
1月2日はアップル恒例の「Lucky Bag」、オンラインストアも特価に
アップルは2012年1月2日に初売りを実施する。毎年恒例の福袋「Lucky Bag」が直営店7店舗で限定販売されるほか、オンラインストアも関連製品を特価で放出する。(2011/12/26)

林信行のアップルまとめ:
2011年、アップルは見かけを変えずに、すべてを変えた
2011年に発売されたアップル製品は、その外観をほとんど変えずに、内部では大きな変革を行った。MacBook AirやiPhone 4Sをはじめとする数々の新製品、OSのアップデート、新サービスのiCloud、そしてジョブズ氏の死。2011年のアップルを振り返る。(2011/12/22)

発売直前レビュー:
「iPhone 4S」は進化した“意志の自転車”
かつてジョブズ氏はMacを「Wheels for the Mind」と呼んだが、iCloud時代の幕開けを飾る「iPhone 4S」は、進化した“意志の自転車”という表現がぴったりだ。林信行氏がiPhone 4Sの使用感をリポートする。(2011/10/13)

初日100万台突破:
「iPhone 4S」に見るスティーブ・ジョブズのDNA
iPhone 4Sの初日の予約件数が100万台を突破した。見た目はiPhone 4とほとんど変わらないが、そのデザインにはモノ作りの本質を目指したスティーブ・ジョブズ氏のDNAが刻まれている。(2011/10/12)

とぴトピ!:
わんとぴちゃんとスティーブ・ジョブズ(ONETOPIピックアップ10/1〜10/7分)
わんとぴちゃんと愉快な仲間が、今週ONETOPI(わんとぴ)でつぶやかれたえりすぐりのトピックをピックアップし、紹介してまいります。iPhoneアプリもできたよ!(2011/10/7)

ロックスター、スティーブ・ジョブズの偽歴史
ジョブズとAppleの歴史は、ロックだった。MacUser編集長などを務め、長くMacとApple、ジョブズを見続けてきた松尾公也氏に追悼文を寄せてもらった。(2011/10/6)

ついにその日が来てしまった:
スティーブ・ジョブズ氏の“航跡”を振り返る
スティーブ・ジョブズ氏が、2011年10月5日(現地時間)に亡くなった。同氏が21歳でAppleを創業してからの波乱に満ちた航海をもう一度たどってみたい。(2011/10/6)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
(続)スティーブ・ジョブズはどこにでもいる
アップルの創業者スティーブ・ジョブズが、CEOを辞任すると発表した。ジョブズといえば数々のヒット商品を生み出してきたが、彼になるためのキーワードは何だろうか。またジョブズ引退によって、日本が学ぶべきことがあるのかもしれない。それは……。(2011/9/15)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
スティーブ・ジョブズはどこにでもいる
AppleのCEOを辞任するスティーブ・ジョブズ。ジョブズは天才だ、魔法のように素晴らしいデバイスを作る、とあがめる人は多いが、わたしの考えは少し違う。(2011/9/2)

Apple、スティーブ・ジョブズ氏からの退任の書簡を公開
Appleが退任するジョブズ氏の「Appleの取締役とAppleコミュニティーへ」とする書簡を公開。「前途に最も輝かしく、最も革新的な日々があると信じている」と同氏は語っている。(2011/8/25)

「Wizardry Online」の発表も――5月21日、「Wizardry 30周年記念イベント」が東京・お台場で開催
ビデオゲームのRPGとしては草分け的存在の「Wizardry」が、APPLE II向けに発売されてから今年で30周年を迎える。その記念イベントが東京・お台場で開催され、オンライン版「Wizardry Online」の発表も行われる。(2011/5/13)

日々是遊戯:
白服の人が跳んだりよじ登ったり……。この映像、何だか分かりますか?
今回紹介する動画は「ゲーム動画」ではありませんが、「あるゲームに関係している動画」です。さて、その「あるゲーム」が何か、あなたには分かりますか?(2011/3/7)

スティーブ・ジョブズ氏がきっと伝記に残したい11のストーリー
スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記が出版されるとうわさされている。もし本当なら、彼はきっとAppleへの華々しい復帰やiPod、iPhoneといった重要製品の話を盛り込みたいだろう。(2010/2/19)

せかにゅ:
Apple製品の「ベスト10」と「ワースト10」は?
以前「Microsoftのワースト製品」を発表した英ITサイトV3.co.ukが、今度はApple製品のベスト10とワースト10を発表した。(2010/2/19)

PC WEEK/eWEEKの昔話:
25年間にわたるPC革命を振り返る
一人のジャーナリストとして1984年にPC WEEK編集部で働くというのは、カリフォルニアのゴールドラッシュを取材するために1849年にサンフランシスコに赴任するようなものだった。(2009/3/3)

Mac誕生25周年:
伝説のデビューから25年、初代Macを振り返る
初代Macintoshがデビューしたのは、今から25年前の1984年1月24日。その四半世紀の歴史はけっして平坦なものではなかったが、とにかくここまでは来た。おめでとう、Mac。(2009/1/24)

Macworld Conference & Expo 2009:
アップル創業者が黒いタブレットMacを発表
Macworld Expoの初日、展示会場はアップル創業者のスティーブによる新しいタブレット型Macの発表で沸き立った。日本語対応の手書き文字認識も搭載。(2009/1/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。