ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MacBook Air」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Mac/iPad - ITmedia PC USER
MacBook - ITmedia PC USER
質問!Macintosh→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でMacintosh関連の質問をチェック
Apple Online Store × ITmedia PC USER

関連キーワード

11型Airから新MacBook Proに移行――USB PDはサードパーティー品でも使える?
ついに登場したAppleの新型MacBook Pro。筆者が日々持ち歩いて活用してきた11型のMacBook Airはラインアップから外れてしまった。果たして新MacBook Proへの移行はうまくいくのか、モバイルで活用する筆者の視点からレビューした。(2016/11/29)

「11インチMacBook Air」が公式オンラインショップから消滅
Appleが新しい「MacBook Pro」を発表した後、オンラインショップから「11インチMacBook Air」が姿を消した。(2016/10/28)

次期MacBook Pro、10月末に出荷開始?
MACお宝鑑定団のスクープ。MacBook Airも改定される。(2016/10/18)

Xiaomi、ついにノートPC市場参入──Windows 10搭載「Mi Notebook Air」
XiaomiがWindows 10搭載ノートPC「Mi Notebook Air」を中国で発売する。4999元(約7万9000円)の13.3インチと3499元(約5万5400円)の12.5インチの2モデルで、MacBook Airを意識したような筐体にはロゴがない。(2016/7/28)

PC USER 週間ベスト10:
女子大生のデコMacBookに注目!(2016年6月27日〜7月3日)
今回のアクセスランキングは、早稲田大学戸山キャンパスの生協推奨PCにMacBook Air(11インチモデル)が採用されたインタビュー記事にアクセスが集中。間もなくアップグレード期限を迎える「Windows 10」の話題もランキングを席巻しています。(2016/7/11)

あらゆることに準備は完璧:
文系女子大生がMacを選ぶ、たった1つの明快な理由
早稲田大学戸山キャンパスの2016年度生協推奨PCに、初めてMacBook Air(11インチモデル)が採用された。推奨PCとなった理由、売れ行き、そしてMacユーザーとなった女子大生たちの生の声を取材した。(2016/6/29)

4Kディスプレイも選べる、外付けGPUも接続できる:
黒いアルミボディーに1680万色キーバックライト――男心をくすぐる12.5型Ultrabook「Razer Blade Stealth」をひもとく
ゲーミングデバイスでおなじみのRazerから、質感の高いアルミボディーや1680万色から選べるバックライトキーボード、そして外付けGPUをつなげばゲーミングPCにもなる「Razer Blade Stealth」が登場。MacBook AirやNew XPS 13をライバルに見据える薄型軽量ノートPCの実力は?(2016/6/21)

Spigen、Amazon限定・週替わりアウトレットセールを開催――iPadほか各種アクセサリーが最大92%オフ
Spigen Amazonストアで、最大92%オフの週替わりアウトレットセールが開催。対象はiPad 2/3、iPad Air、iPad mini、MacBook Air/Pro、PlayStation Vita、Moto 360用のアクセサリーと、スマホ用の汎用(はんよう)アクセサリー。(2016/3/11)

油絵みたいなムーミンがMacBook Airに 一般発売に先駆け販売
ねぇ、ムーミン。私のMacBook Airのとこ来て。恥ずかしがらないで。(2015/11/24)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
今回は、「MacBook Air」をプレゼント!
今回の@ITメルマガ購読キャンペーンは、アップルの「MacBook Air」(13インチ)を抽選で1名さまにプレゼント!(2015/11/16)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第8回 MacBook AirにWindows 10をインストールしてみる
MacBook AirにBoot Campを使ってWindows 10をインストールしてみる。OS Xに付属のBoot Campアシスタントを使えば、それほど難しい作業ではないが、いくつか気を付けなければならない点もある。(2015/10/7)

MacBook Airより大きい12.9インチ「iPad Pro」今秋発売か
歴代最大サイズとなる見込み。(2015/8/21)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
オフィスで使いたい「Microsoft Surface」「MacBook Air」、違いってある?
スマートフォンやタブレットの普及により、業務で利用するクライアント端末にも変化が見られています。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/8/7)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第7回 Mac上で仮想化技術を使ってWindows OSを実行させる
Macの仮想化ソフトウエアを使ってWindows OSを実行してみる。全画面表示にすれば、MacBook AirがWindows PCに早変わりする。(2015/7/29)

MacにぴったりのポータブルHDDはコレ!:
MacBook Airと「My Passport for Mac」でドヤリングがはかどる
ストレージ容量の少ない最近の薄型ノートPCと組み合わせて使いたいのがポータブルHDD。WDの外付けHDD「My Passport for Mac」をMacBook Airで試した。(2015/6/23)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第6回 Windows PCとファイルを共有できるようにしよう
MacBook Airに移行しても、Windows PCや社内のWindowsサーバーとファイルのやりとりができないと不便だ。そこで、今回はMacBook AirとWindows PCとのファイル共有を試してみる。(2015/6/17)

測色器で表示品質をチェック:
「新しいMacBook」の12型RetinaディスプレイをPro/Airと徹底比較した
MacBook Airで見送られてきたRetinaディスプレイを搭載しながら、より薄型軽量のボディに仕上げた「新しいMacBook」。新採用となる12型Retinaディスプレイの表示品質を測色器で計測し、現行のPro/Airとじっくり比較する。(2015/4/21)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第5回 Macのリモートデスクトップを使いこなす
MacBook AirとWindows PC間でリモートデスクトップ(RD)接続を行う方法を紹介する。キーボードが異なることなどから、注意すべき点もある。そこでRDの設定方法や注意点などを解説していく。(2015/4/9)

動画で360度チェック:
アップルの新型「11インチMacBook Air」に哀愁を感じた
マイナーアップデートなうえに値上げと厳しい状況が続く新型「11インチMacBook Air」だが、実際のところはどうなのだろうか。動画で見ていこう。(2015/4/6)

製品解剖:
「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデルを分解
Appleの「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデル。Thunderbolt 2を搭載し、SSDも高速になったといわれている。発売されたばかりの同モデルを、iFixitが分解した。(2015/3/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「新しいMacBook」は過去を捨て、どのように変わったか?
新世代MacBook Airとうわさされた12型の薄型軽量ノートは、予想外の「MacBook」だった。その大胆な仕様は万人に受け入れられるまで少し時間がかかるかもしれないが、今後のノートブックコンピュータを変えていく可能性も秘めている。(2015/3/10)

ボディや液晶はそのまま:
「MacBook Air」に第5世代CoreとThunderbolt 2を搭載
Core M搭載でファンレス設計の薄型軽量ボディをまとった「新しいMacBook(12型)」の発表に伴い、「MacBook Air」にはCPUとインタフェースを強化した新モデルが登場。モデルチェンジとともに値上げも行った。(2015/3/10)

12インチMacBook Airも発表? Appleの3月9日イベント予想まとめ
「Spring Forward」というコピーから、「Apple Watch」の発表イベントとみられている3月9日のAppleのイベントでは、12インチのMacBook Airも発表されるかもしれない。(2015/3/6)

フォーカルポイント、タイピングしやすい角度にMacBookを設置できるチルトスタンド
フォーカルポイントは、MacBook Air/Proなどの利用に向くノートPC用チルトスタンド「Twelve South ParcSlope for MacBook」を発売する。(2015/2/13)

充電とデータ転送を高速化
新型「MacBook Air」で採用? リバーシブルになった「USB Type-C」の魅力
新型「MacBook Air」で採用のうわさがある新しいUSBコネクタ規格「USB Type-C」。リバーシブル化によってUSBデバイスの利用がさらに広がる可能性がある。(2015/2/5)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第4回 メール環境の移行は一筋縄ではいかない(後編)
前回に続き、メール環境をWindows PCからMacBook Airに移行する方法を解説していく。OutlookとWindows Liveメールに続き、今回はThunderbirdと秀丸メールのメールクライアントの移行などを行う。(2015/2/4)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第3回 メール環境の移行は一筋縄ではいかない(前編)
Windows PCからMacBook Airへの移行で懸念材料となっていたメール環境について報告していく。Windows PCからMac OS X上のメールクライアントへどのように移行すればよいのか、さまざまな移行方法を試してみた。(2015/1/28)

週末アップルPickUp!:
2015年も攻めるよ! アップル新製品のウワサまとめ
12型MacBook Air? Apple Watchはいつ出るの? 次期iPhoneは? 5分で分かる2015年のアップル新製品予想まとめ!!(2015/1/9)

うわさの12インチMacBook AirのポートはUSB Type-Cのみ?──9TO5Mac報道
Appleが開発中とうわさの12インチMacBook Airには昨年8月に仕様策定が完了した上下リバーシブルな「USB Type-C」が採用され、現行11インチより薄く、横幅も狭くなると9TO5MacがApple内部の情報源の話として伝えた。(2015/1/7)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第2回 MacBook Airへの環境移行に踏み出そう
MacBook Airの初期設定や環境構築を行い、Windows環境からの移行を行う。Windows OSで使い慣れたアプリケーションの代わりは見つかるのか、どこまでMacBook Airでこれまでと同様の環境が構築できるのか。(2014/11/20)

PC販売ランキング(2014年10月6日〜10月12日):
アップル祭りの余韻? 「13インチMacBook Air」下位モデルがランクイン(2014年10月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/10/27)

Retina搭載12インチの新MacBookはまだ発表されない?──re/code報道
Appleが10月16日に開催するメディアイベントでRetina搭載の新MacBook Airが発表される可能性はないとre/codeが伝えた。開発中ではあるとしている。(2014/10/14)

PC販売ランキング(2014年9月8日〜9月14日):
Appleの「13インチMacBook Air」の128GバイトSSD搭載モデルがランクイン(2014年9月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年9月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/9/29)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第1回 Macってどうでしょう
最近、街のカフェやIT系イベントなどでMacBookを使っている人を見かけることが多くなってきた。Windowsユーザーとしても、そのスタイリッシュな外観は気になるところ。ただ、MacBookとWindows PCはOSも異なるし、アプリケーションなどの既存資産もあって移行は簡単ではなさそうだ。本連載では、長年のWindowsユーザーである筆者がMacBook Airを実際に使って、困ったことや考えたことなどを記していきたい。第1回である今回、まずはMacBook AirとWindowsパソコンとのハードウェア仕様の違いを見ていこう。(2014/9/25)

週末アップルPickUp!:
新型「iPhone」に続いて、iPadも大型化する?
12.9型サイズですか、って「MacBook Air」より画面が大きくなるの!?(2014/8/29)

iPhoneは含まれていないが……:
中国、政府調達リストからApple製品を一部除外
中国政府は、「iPad」「MacBook Air」などAppleの10製品を、政府調達リストから除外した。米国の機密情報収集活動が明らかになったことで、米国の技術製品に対する不信感が高まったことを受けての措置だとみられている。(2014/8/12)

Microsoft、今度は「Surface Pro 3」と「MacBook Air」の比較広告
「Surface Pro 3」の新CMは、AppleのMacBook Airと並べてその性能を比較するというものだ(動画あり)。(2014/8/12)

Apple、MacBook AirのEFIファームウェア・アップデートを公開
AppleがMacBook Air(Mid 2011)のEFIファームウェア・アップデートをリリースした。(2014/7/31)

週末アップルPickUp!:
あなたのMacBook Airを個性的に。ステッカーデザインを集めた「Stickers」
1秒間に4.5台のiPhoneが売れているってすごいですね。(2014/7/25)

林信行がMacユーザー視点でSurfaceをチェック:
この夏「Surface Pro 3」は最もクールな“ノートパソコン”――MacBook Airの有力なライバルに
Windowsマシンにこれだけワクワクさせられたのは久しぶりだ。Surface Pro 3は、今、最もクールなガジェットの1つだと思う。(2014/7/24)

ロア、牛革×ホログラム加工のMacBook Air対応インナーケース「Hologram Croco」など2製品
ロア・インターナショナルは、韓国GAZEブランド製となるMacBook Air対応インナーケース2製品「Gold Python」「Hologram Croco」の販売を開始する。(2014/7/14)

MacBook Air/iPad Air/iPhone 5Sなど豪華プレゼントが当たる!:
@ITから「読者調査2014」のお知らせ
@ITでは、今後のよりよいメディアづくりのため、読者アンケートを実施しています。ご回答いただいた方の中から抽選で1名さまに、「MacBook Air/iPad Air SIMフリー版/iPhone 5S SIMフリー版/Amazonギフト券」のいずれかご希望のものをプレゼントします!(2014/7/10)

週間ランキング
「MacBook Air」「Surface Pro 3」のどちらかをもらえるとしたら……
「Surface Pro 3」と、長く人気を維持する「MacBook Air」(2014年モデル)はどちらが購入に値するか。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/7/4)

評価されたのはこのマシン
人気の「MacBook Air」と「Surface Pro 3」を徹底比較、意外な結論に納得できる?
タブレットながらキーボードを付ければノートPC並みの生産性を発揮する「Surface Pro 3」と、長く人気を維持する「MacBook Air」(2014年モデル)はどちらが購入に値するか。気になる点を徹底比較した。(2014/6/27)

Microsoft、「Surface Pro 3」販売でMacBook Air下取りキャンペーン
北米のMicrosoft Storeが、状態のいいMacBook Airであれば650ドルで下取りする。ただし「Surface Pro 3」を購入するのが条件だ。(2014/6/24)

Apple、MacBook AirのEFIファームウェア・アップデートを公開
AppleがMacBook Air(Mid 2013およびEarly 2014)のEFIファームウェア・アップデートをリリースした。(2014/6/11)

週間記事ランキング
新型「MacBook Air」を嫌いにならないでください
マイナーチェンジした「MacBook Air」。新鮮味に欠けるという評価もある中、他社との競争が激化する市場での勝算はあるのか? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/6/6)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
MacBook Air、プレゼント!
(2014/6/3)

Haswell Refresh世代のAirを検証:
新型MacBook Airの発熱、騒音、バッテリー性能をチェック
液晶ディスプレイの品質を評価した前回に続き、今回はボディの発熱や動作音などをチェックしていく。(2014/6/2)

他社の猛追をどうかわす
徹底レビュー:新「MacBook Air」は依然として最強の“キラキラノートブック”か
米Appleの「MacBook Air」がマイナーチェンジした。期待された「Retinaディスプレイ」の採用が見送られ、さらに米Microsoftなどの競合がひしめく中、新MacBook Airはどこまで購買意欲をそそるのか?(2014/5/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。