ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「やる気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「やる気」に関する情報が集まったページです。

仕事が「つまんない」ままでいいの?(46):
モチベーション、無理に「上げよう」としていない?――やる気が出ないときの処方箋
やる気マンマンですごしたい――多くの人がこう思っているはずです。でも、やる気を出すのは難しい。どうすればコントロールできるのでしょうか。(2018/10/17)

働きたくないでござるぅ……(ぺたぁ) とあるジムニーのやる気のないワイパーさんがかわいい
働くワイパーさん。(2018/10/4)

ドローン物流 ANAのやる気 将来の事業化見据え年内にも実証実験
国土交通省と環境省が連携募集した「ドローン物流」検証実験の事業者の一つに、ANAホールディングスが選ばれた。(2018/10/1)

「ぐでたま」宇宙へ行っちゃった JAXAとの異色コラボで「やる気のない宇宙飛行士」誕生
宇宙に行ってもぐでっとしてそう。(2018/9/7)

真説・人工知能に関する12の誤解【特別編】:
あなたたちは、本当に「AI開発プロジェクト」をやる気があるのか?
データもない、分析技術もない、開発するエンジニアもいない――。AIを開発しようという企業には「3つのカベ」が立ちはだかるといわれていますが、それよりももっと根本的な「当事者意識」の問題があるのを知っていますか?(2018/8/30)

殿、執筆の御支度を 恭しくペンをささげ持つ「カニペンホルダー」が人気
頼れる部下や相棒のようで、なんかやる気出そう。(2018/8/23)

7色のビール「レインボーやる気ビール」が京都の焼肉バルに登場 カラフルに残暑を乗り切れそう
フレーバーも、もちろん7種類!(2018/8/21)

製造業派遣労働者を対象にしたライフスタイル実態調査:
「仕事力」に効くのは野菜や果物、「やる気」は現場のロールモデル
製造業の派遣労働者を対象としたライフスタイル実態調査「モノづくりの現場での、派遣という働き方白書」をUTグループが発表。派遣労働者のパフォーマンスを最大限発揮させ、仕事のやる気を起こさせるヒントが白書から垣間見ることができる。(2018/8/10)

「あなたに期待している」はやる気アップ?:
昇給しても「やる気が出ない」社会人は約半数 理由は「もともと安月給」「仕事が増える」
2018年に月給が上がったビジネスパーソンのうち、約半数が「モチベーションは上がらない」と回答。その理由は?――エン・ジャパン調べ。(2018/7/19)

めんどくさいニャ〜 運動しようと張り切る飼い主を横目にやる気なさそうにゴロゴロする猫ちゃん
飼い主さん、ガンバレ。(2018/7/14)

「女性エンジニアが少ないとやる気が出ない」 講演の「不適切な表現」でヤフー謝罪 「チェック不足だった」
「女性エンジニアが少ないと男性エンジニアのやる気が出ない」――ヤフーの若手エンジニアによる講演に「不適切な表現」があったとしてヤフーが謝罪した。(2018/6/25)

別宅 きょうの横山家:
「めちゃくちゃはかどる……!」 どうにもやる気が出ない時は、あえて休んだ方が結局効率が良かった例
休みすぎるおそれもありますが、その場合も切羽詰まって急ぐので、結果的には捗ることに?(2018/6/24)

なんというやる気製造サービス……! 創作物について気軽に進捗報告できる「進捗ノート」が創作勢にありがたい
自身にやる気を焚き付けたい創作勢は要チェックです。(2018/6/15)

「ガチ」の人はかっこいい:
「今どきの若者はやる気がない」大人の4割 若者の6割はこれに反発
大人世代の4割が「今の若者はやる気がない」と思っているのに対し、6割の若者はこれに賛同していない──こんな意識のズレが、男性向けコスメブランド「ギャツビー」を展開するマンダムが実施した意識調査で浮かび上がった。(2018/6/15)

不安を取り除けば、開花する:
売り手市場時代の「受け身の新人」をやる気にさせる「伝え方」のワザ
毎年聞こえてくる、「今年の新人は使えない」との指摘はなぜ生まれるのか。新人はどうすれば育つのか。新入社員の育成ノウハウに詳しい、リクルートマネジメントソリューションズを取材した。(2018/6/12)

宿題をやると“やる木”が育つIoTペン「しゅくだいやる気ペン(仮)」 コクヨが開発プロジェクトを始動
コクヨは、子どものやる気を育てるIoTペン「しゅくだいやる気ペン(仮)」の開発に着手した。鉛筆に取り付けて筆記量を計測し、筆記量に応じてスマホアプリ内の“やる木”が育つ仕組みで、子どもが自発的に宿題に取り組めるように支援する。(2018/6/8)

こんなガッキー初めて見た 新垣結衣、チキンラーメン新CMでやる気ゼロの“ぐで垣さん”になる
ぐで垣さん「このまま何もしないで生きていたーい」。(2018/6/8)

コクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン(仮)」始動 書くとたまる「やる気パワー」でアプリの「やる木」育成
クラウドファンディングで出資を募集中。返礼品は体験会や企画会議への参加権です。(2018/6/8)

男性ホルモン減少の原因は……:
「会社に行きたくない」 その不調、“男性更年期障害”かもしれない
「毎朝、元気がない」「やる気が出ない」「会社に行きたくない」――。それは、男性ホルモンの減少による「更年期障害」かもしれない。男性社員がホルモンマネジメントに取り組む「ホルモン部」を立ち上げたアンファーの活動から、男性ホルモンを減少させないためのポイントを探った。(2018/6/8)

第3回生活のたのしみ展:
コクヨ、勉強しただけ“やる木”が育つIoT文具 「しゅくだいやる気ペン」開発中
「宿題なんてやりたくない!」という子どもに「やる気」を出してもらおうと、コクヨが“IoT文具”「しゅくだいやる気ペン」を開発している。書いた分だけ「やる気パワー」をチャージ。スマホアプリで植木鉢に入った「やる木」にチャージしたパワーを与え、育てていく。(2018/6/7)

コーヒー好きさんに朗報 「ひき立てのコーヒーの香り」が脳を活性化させることが判明
やる気になるのは気のせいだけじゃなかった。(2018/4/18)

なにこれ新鮮……! 病んでないストーカー女子がやる気ゼロ男子をお世話する漫画「これであなたはわたしのもの」がナナメ上
残念かわいい。(2018/2/8)

ディルバート(537):
下には下がいる
上司らしく(?)部下の仕事ぶりを注意するボス。そんなボスが“やる気のなさ”の評価基準にしているのは……?(2018/1/25)

「やる気が出るのはやり始めてから」 「やる気の出し方」をシンプルに説く漫画に納得する声
仕事に行き詰まったときも、作業用ファイルを開くなど姿勢だけでも作ると、案外進んだりするものです。(2018/1/18)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
政府が推し進める第4次産業革命の投資と税制改正を活用すべし
思うところはいろいろありますが、「Connected Industries」へのやる気が感じられる平成30年度予算案と税制改正になりました。(2017/12/26)

NHKが2018年新作アニメを発表 一色まこと「ピアノの森」、京アニ制作「ツルネ」、畠中恵「つくもがみ貸します」
NHKは、2018年もやる気だ!(2017/10/23)

受験勉強のやる気維持に役立ちそう お絵描きでリフレッシュしながら人物が暗記できる学習方法
長く厳しい受験生活では、休憩の仕方も大事。(2017/8/1)

「社員の要望は聞きすぎない」 V字回復ミクシィの「はたらく環境」づくり
V字回復を果たしたミクシィは、“社員のやる気を引き出し、コミュニケーションを創出し続けるため”にどんなオフィス環境を構築しているのか。(2017/7/28)

ベストセラー作家の予言
人工知能(AI)のある職場で人のやる気はどう変わるか?
機械学習やデータ分析は増加の一途をたどっている。その結果、コンピュータに仕事を奪われることを恐れている従業員もいる。だが、その心配はない。(2017/7/11)

ブラック企業の現実を描く「労働者のスタンプ」発売 「そのくらい自分で考えろ」「やる気あるの?」など
つらい。(2017/6/13)

失敗フォローでやる気向上:
新人のやる気を奪う言葉、1位は「仕事に向いていない」
社会人1〜2年目の若手社員にとって、やる気のアップ・ダウンにつながる要素は?――ソニー生命保険調べ。(2017/5/10)

アクティブシニア社員:
65歳以上も「元気とやる気続く限り」雇用 ファンケル
ファンケルが65歳以上の社員を再雇用する制度「アクティブシニア社員」を新設。「原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる」という。(2017/4/11)

医療技術ニュース:
「やる気がない」を招く意欲障害の原因となる脳内の部位を特定
慶應義塾大学は、マウスを用いた実験で意欲障害の原因となる脳内の部位を特定した。これまで治療法が全く分からなかった、脳損傷後の意欲障害の治療法を探索できるようになるという。(2017/2/24)

脳内の“やる気をつかさどる部分”、慶応などの研究チームが発見 意欲障害の治療法探索が可能に
認知症や脳血管障害、脳外傷などがもたらす意欲障害の治療法につながる発見。(2017/2/3)

ITソリューション塾:
「失敗のリスクばかりを探し、現場のやる気を削ぐ人」にならないために
世の中には、「失敗のリスクを挙げ連ねて『すべきことを葬る』輩」が存在します。そんな「イノベーションの壁」にならないために持つべき「5つの視点」を紹介します。(2017/2/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
ボーナスで人は「やる気」がでるのか
ボーナスを支給することによって、ビジネスパーソンの「やる気」はアップするのだろうか。これまでボーナスとモチベーションの関係についての調査はあまりなかったが、行動経済学の第一人者がある実験を行った。その結果……。(2017/1/12)

「カラダを鍛える」テレビを見ながら横になってだらり 素晴らしいほどやる気の感じられない柴犬
幸せそうでなにより。(2016/11/12)

やる気の出ない「秋バテ」を、未然に防ぐための対処法とは?
涼しくなってきたのに食欲不振、頭痛、不眠、疲れが取れない……などの症状に思い当たる節がある人は、もしかしたら「秋バテ」かも。(2016/9/8)

ペンギンのやる気ねぇ! 「おたる水族館」のペンギンショーがフリーダムすぎてグダグダ
飼育員「(ペンギンが)種目をこなすとわれわれも驚がくします」(2016/8/8)

「鈴木ダラーン」 母のLINEがやる気ない
脱力系。(2016/8/7)

ほほ笑み顔で「ほざけ」「ざまぁねぇな」 顔とセリフが一致しないLINEスタンプがじわじわくる
「うおおおぉやる気出てきたぜ!!」(無表情)。(2016/7/16)

カサカサッ! 散歩拒否犬を歩かせる秘密兵器見つかる
飼い主さんの機転でワンコのやる気スイッチオン!(2016/7/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下が、やる気がないとイラッとする
部下のやる気のなさを、なんとかするには、どうしたらいいか。そもそも、リーダーは、やる気のかたまりなので部下とのギャップに悩むのだ。その解決策とは?(2016/6/9)

グニャーングニャーン まるでこぼれた液体のように階段を降りる猫がやる気なさ過ぎてかわいい
流動体猫。(2016/6/1)

ゴジラ「暴れるのだるい……」 やる気が感じられないゴジラとぐでたまのコラボ商品が発売決定
やる気 対 倦怠感。(2016/5/14)

20代のやる気を高める企業ランキング
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは、「20代のやる気を高める企業ランキング」を発表した。(2016/3/17)

週末チャレンジ:
みんな「これならば覚えられる(はず)」──二次元美少女の声で「Python」を学ぶ
二次元美少女が教えてくれる「Python」学習講座が、「うぉぉ。これならば続けられる(はず)」「うん、やる気になる(はず)」と話題です。(2016/3/11)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第77回:
3Dプリンタで「これから5カ月の自分」の分身を作成、やる気を引き出す米フィットネスクラブのキャンペーン
減量・痩身にフィジカル強化。さまざまな目的で多くの人がエクササイズに挑戦するが、なかなか継続は難しい。会員のモチベーション持続のため、あるフィットネスクラブが採用したユニークな施策は?(2016/2/28)

肝心なのは身の丈に合った計画
真面目でやる気があるほど失敗するプライベートクラウドの危険
プライベートクラウドの構築には多大な労力が伴う。企業は、プライベートクラウドの構築に必要なリソースを確保できているかを確認しなければならない。確保できていないなら、他の手段を検討するのが賢明だ。(2016/2/23)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがライトユーザー向け「1GB4900円プラン」を投入――総務省の意向に従うも、「ガス抜き」に近い、やる気のないプランに好感
ソフトバンクが1GBで合計月額4900円で使えるプランを投入した。2015年末にまとまった総務省のタスクフォースの提言を受けた新プランは、本当にユーザーにとって利点があるのだろうか。(2016/1/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。