ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「請求」最新記事一覧

米州裁に暫定的な仲裁求める:
WD、東芝の合弁事業売却に対し差し止め請求
Western Digital(ウエスタンデジタル/WD)は米国カリフォルニア州上級裁判所に、東芝とのNAND型フラッシュメモリ合弁事業の売却差し止めを申し立てた。(2017/6/15)

なぜ人は支払ってしまうのか? アダルトサイトの請求トラブル、その巧妙な手口と対処法
「自分は大丈夫」という人ほど危ない。(2017/6/12)

件名が「請求書」「請求書を添付」などのウイルス付メールに注意喚起 添付書類を開くよう誘導する本文も
ランダムな日本人名が書かれた署名付きのメールも確認されています。(2017/6/8)

「請求書」「請求書を添付」という件名のウイルスメール広がる
「請求書」や「請求書を添付」という件名のウイルス入りメールが6月7日に出回ったとし、警視庁などが注意を呼び掛けている。(2017/6/8)

日本郵便かたるウイルスメール出回る
「日本郵便 インボイス用紙」や「請求書」という件名のウイルス入りメールが6月1日に出回ったとし、警視庁などが注意を呼び掛けている。(2017/6/2)

「東芝メモリ」売却、揺らぐシナリオ……続くWestern Digitalとの“つばぜり合い”
「東芝メモリ」の売却に反対し仲裁を申し立てている米Western Digitalは、東芝が対抗措置をとったことに対し、「仲裁請求は取り下げない」と表明した。(2017/6/2)

「アダルトサイトのトラブル絶対解決」……解決しないのに料金請求 新たなトラブル発生
アダルトサイトの架空請求などの「トラブル解決」をうたう探偵業者に関する相談が、全国の消費生活センターに相次いでいる。(2017/6/2)

総長式辞にディランの歌詞:
JASRAC、京大から著作権使用料「請求しません」
JASRACは、ボブ・ディランさんの歌詞に触れた入学式の式辞をサイトに掲載していた京都大に対し、著作権使用料は請求しない考えを示した。(2017/5/25)

JASRAC会長、京大から著作権使用料「請求しません」 音楽教室からは「徴収できると考えている」
JASRACは24日、ボブ・ディランさんの歌詞に触れた入学式の式辞をWebサイトに掲載していた京都大に対し、著作権使用料は請求しない考えを示した。(2017/5/25)

「詐欺被害相談サービス」をかたる悪質事業、消費者庁が注意喚起 “架空請求業者との交渉を代行”で依頼料を請求
消費者が怪しい電話番号を検索する行動を利用していました。(2017/5/22)

転売対策「電子チケット」でまた混乱 星野源ライブ「通信料1万円」も ローチケが謝罪・返金へ
星野源さんのライブチケットをめぐって混乱。電子チケットを取得するためのアプリのシステムに問題があり、一部ユーザーが数千円〜1万円の通信料を過剰に請求されてしまった。(2017/5/20)

歌詞引用をめぐり「JASRACが京大に請求」の報道 JASRAC「請求した事実はない」と反論
言い分が微妙に食い違ってます。(2017/5/19)

みなとみらい線で相次ぐ「あえて反対方面に乗ってから、折り返し駅で着座する」不正乗車 対策として増運賃を請求
往復分の乗車券を持っていれば、問題ないのですが……。(2017/5/17)

クラウド請求書「Misoca」基本有料化、SNSログイン不可に……弥生傘下でサービス変更
弥生に買収されたMisocaがサービス変更。料金体系を変えたほか、Twitter・FacebookのIDによるログインは廃止し、弥生IDによるログインに一本化した。(2017/5/8)

ネットにつなぐだけで月に数万円請求されて親に怒られていた頃のこと
息をするようにネットをする、それがあの頃の夢でした。(2017/5/4)

「結婚式で出席者のカメラ持込料10万円」ってホント? 式場側の言い分は
友人が一眼レフを持ってきても、請求しないってよ!(2017/4/28)

「民事訴訟管理センター」を名乗る架空請求ハガキが相次ぐ 書かれていた番号に電話してみたところ……
ハガキに書かれた連絡先に電話するのは絶対にやめましょう。(2017/4/25)

くら寿司がネット上の誹謗中傷に反論 「看過できない」と情報開示請求に至った理由を説明
裁判官が「書き込みには公益性がある」と発言したとの報道も。(2017/4/16)

収賄などで取り調べ:
韓国検察、朴前大統領の逮捕状請求へ
韓国の検察当局は、朴槿恵前大統領の逮捕状を請求する方針だ。(2017/3/27)

Android版GmailにGoogle Walletの送受金機能(まずは米国で)
Googleが、米国のAndroid版Gmailアプリに送金機能を追加した。メール作成時に添付ファイルとして金額を入力したファイルを添付することで請求/送金できる。(2017/3/15)

恐怖の「DMM」偽メール拡散中 次々にむしり取られ……「被害総額1億9100万円」
「DMM.com」をかたってSMSを送り付け、金銭を請求されるなどした相談が全国各地の消費生活センターに寄せられている。(2017/3/7)

DMMをかたる架空請求詐欺に消費者庁が注意喚起 SMSで未払料金の支払いを要求する手口
そもそもDMMの有料サービスは前払い制。(2017/2/28)

回答者の中から抽選で3名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「納品書/請求書」に関する状況調査アンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で3名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2017/2/24)

「そんなんインチキやん!」人から車借りて事故 使えなかった「他車運転特約」のナゾ
人から借りた車で事故を起こしてしまったら――「他車運転特約」に入っていた男性が保険会社に支払いを請求したが、まさかのゼロ回答。「そんなんインチキやん!」。(2017/2/22)

JA京都がダイヤモンド社を提訴 国産コシヒカリの産地偽装疑惑に反発
米卸の京山も提訴しており、総額4400万円の損害賠償を請求。(2017/2/17)

かばんから“小っ恥ずかしい”「大人のおもちゃ」 警察の所持品検査は「プライバシー侵害」……現場は震撼
違法薬物などを所持していると疑われ、強引に検査された男性のかばんの中から出てきたのは「大人のおもちゃ」。男性はプライバシーを侵害されたとして国家賠償請求訴訟を起こし、勝訴した。(2017/2/14)

ブラジルでサメにかまれた観光客、約36万円の罰金を請求される 野生生物に軽率に手を出してはだめという教訓
女性は軽症で済みました。(2017/2/9)

Appleを装うフィッシング詐欺発生、「請求書」メールで不正サイトに誘導
iTunesの請求書に見せかけ、誘導先の不正サイトで個人情報などを盗む。Appleを装うフィッシングは連続発生している。(2017/2/9)

「換金できない」「請求が止まらない」 相次ぐ「ポイントサイト」トラブルについて国民生活センターに聞いた
国民生活センターを取材。(2017/2/8)

電力供給サービス:
東京電力が託送料金を誤請求、41社に3145件
東京電力ホールディングスの送配電部門を担う東京電力パワーグリッドが、41社の小売電気事業者に対し、託送料金を誤請求していたことが分かった。合計3145件の誤請求が発生しており、託送業務における作業手順の未整備・未定着、要員不足などが原因としている。(2017/2/1)

Computer Weekly製品ガイド
データ分析による「経費の架空請求」検知
高度なデータ分析を使って経費詐欺を一掃することはできるだろうか。(2017/1/31)

野放しは経営リスクにも
「ライセンス管理不備で高額請求」の落とし穴を回避、理想のIT資産管理とは
仮想化やクラウドの採用で企業のIT基盤は急速に複雑化し、職人技に頼ったソフトウェア資産管理はもはや困難だ。どのような対策を行えばリスクを回避できるのだろうか。(2017/2/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(36):
データベースをパクられたので、著作権侵害で9億円請求します!
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「データベースの著作権」について、判例を基に解説する。(2017/1/25)

AppleもQualcommを提訴、Qualcommは「根拠なし」と反論
Appleが、米連邦取引委員会(FTC)に続いてQualcommを提訴した。Qualcommが不当な特許ライセンス料を請求し、Appleに支払うべき約10億ドルの報奨金を保留したとして、10億ドルの賠償金を求めている。Qualcommは公式に反論した。(2017/1/23)

「ネットから盗用写真を駆逐せよ」 「アサヒカメラ」2月号に「損害賠償&削除マニュアル」
「ネットから盗作写真を駆逐せよ! 損害賠償請求だって1人でできる!」――「アサヒカメラ2月号」に、ネットで写真を盗用された場合の対処法を解説する緊急企画が掲載されている。(2017/1/20)

警視庁がウイルス付きメールに注意喚起 添付ファイルを装う件名「Re:写真ありがとうございます」「御請求書」など
17日から拡散が多数確認されているとのこと。(2017/1/18)

財務基盤が大きく毀損:
「数千億円損失」の東芝、経営再建にブレーキ
東芝は原発事業を今後の成長の柱に位置付け、2030年度までに新規受注45基を目標に掲げている。しかし、先行きは楽観できない。事故発生時の賠償請求や建設計画の頓挫などのリスクがつきまとい、業績回復が遠のく可能性も……。(2016/12/28)

「有料動画閲覧履歴がある」――「偽ヤフー」SMS、消費者庁が注意喚起
ヤフーをかたるSMSによる架空請求被害が相次いでいると消費者庁が注意喚起。「有料動画の未払い料金がある」「裁判沙汰になる」として支払いを迫るという。(2016/12/22)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(35):
プロジェクトが頓挫したので、18億円請求します
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「基本契約」と「フェーズごとの個別契約」を結んでいたプロジェクトが頓挫した場合の支払いについて、判例を基に解説する。(2016/12/20)

freeeからの差止請求訴訟でマネーフォワードが反論 「特許侵害の事実は一切ない」
マネーフォワードは「フリーの主張は失当」と主張しています。(2016/12/8)

米Amazon、待ち時間なしで買い物できる実店舗「Amazon GO」を試験営業 店から商品を持ち出すだけで決済完了
専用アプリで入退店をチェック。代金はAmazonアカウントへ請求される。(2016/12/6)

悪質「在宅ワーク詐欺」に消費者庁が注意喚起 在宅で稼げると思わせ高額な初期費用を請求
研修をさせた後、契約時にホームページ作成料として高額な初期費用や追加費用を請求してきます。(2016/11/20)

格安SIM Q&A:
「Google Play」「App Store」のコンテンツ代金を、格安SIMの月額料金と一括請求できませんか?
大手キャリアだと「Google Play」での有料コンテンツの購入代金を携帯電話料金とまとめて払えますよね。「App Store」「iTunes Store」の有料コンテンツの購入代金もau限定ですけど携帯電話料金とまとめて払えますよね。格安SIMでも同じようにできませんか?(2016/11/17)

ドコモ・auに追随:
ソフトバンク、4Gケータイにも「スマ放題ライト」を提供 2段階定額も0円スタートに
ドコモとauに続き、ソフトバンクも4Gケータイ用の1回5分以内の国内通話定額を開始する。それに合わせて、4Gケータイ用の2段階データ定額の請求上限額を4200円に改める。(2016/10/20)

野放しは経営リスクにも:
PR:仮想化でメチャクチャになっていませんか? ビジネスを支える、理想的なライセンス管理とは
仮想化やクラウドの採用で企業のIT基盤が急速に複雑化する中、ソフトウェア資産の管理は困難になっている。一歩間違えれば、莫大なライセンス料を請求され、経営リスクにもつながるケースも出てきており、IT部門としても看過できない問題になりつつあるのだ。それでは、どのような対策を行えばリスクを未然に防げるのだろうか。(2016/10/11)

ソフトバンクの募金サービスが「クリック詐欺?」と炎上 身に覚えのない請求はなぜ生まれたのか取材
今後は誤操作対策を図っていくとしています。(2016/9/30)

電通、ネット広告で過剰請求など「不適切な業務」 広告主111社・約2億3000万円
電通は、ネット広告を掲載しなかったり、過剰請求するなどの不適切な案件が633件あったと発表した。広告主数は111社・該当金額約2億3000万円に上るという。(2016/9/23)

電通、ネット広告で不適切業務 約2億3000万円 運用実績など虚偽報告、過剰請求も
電通がネット広告で不適切な業務をしていたことが発覚。(2016/9/23)

「パケ死」の意味が変わった? 「高額請求」ではなく……
「パケ死」と聞くと、どんな状態が思い浮かぶだろうか? 最近は、以前とは違う意味で使われ始めているようだ。(2016/9/23)

「フェアに戦いたい」 JASRAC、競合を歓迎 審判請求取り消しまで7年半かかった理由は
「最大の理由は、状況の変化だ」――JASRACが公取委の排除命令取り消しを求めて行っていた審判請求を取り下げ。浅石理事長は、競合を歓迎する姿勢をアピールした。(2016/9/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。