ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「請求」最新記事一覧

料金は1日約4000円:
格安レンタカーでトラブル多発 タイヤが突然バースト、身に覚えないキズの修理代請求も
行楽や出張などで多くの人が旅先の足として利用するレンタカーでトラブルが多発している。特に大手の半額近い低料金が売りで、近年増えてきた格安レンタカーでのトラブルが目立つ。(2016/5/16)

多数の匿名FTPサーバが不適切に公開? 請求書や名簿など見つかる
個人以外では中小企業が大半を占め、ラックが状況確認を呼び掛けている。(2016/5/13)

HOME'S、新築マンションの資料請求者に組み立て式簡易VRゴーグルをプレゼント
ネクストは、同社運営の住宅情報サイト「HOME'S」で新築マンションの資料請求を行った利用者に簡易VRゴーグルをプレゼントすると発表した。(2016/4/19)

「あなたは新しい請求書」メールでランサムウェア感染、次の手口に注意
「あなたは新しい請求書(番号)を持っています」の件名でランサムウェア感染を狙うメールが出回った。今後も件名や内容を変える手口で攻撃が続く可能性が高い。(2016/4/13)

国民生活センター、絶対に入ってはいけない「ぼったくりバー」に注意喚起
楽しい気分が一転、高額請求される。(2016/3/18)

日立ソリューションズ BSSsymphony:
各種要件に柔軟に対応できる製造・流通業向け顧客管理/課金/請求ソリューション
日立ソリューションズは、製造、流通業向けの顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」の最新版を発表した。(2016/3/18)

製造ITニュース:
顧客管理・課金・請求ソリューションの最新版を販売開始
日立ソリューションズは、製造、流通業向けの顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」の最新版を発表した。多様なサービス形態、料金体系に対応し、購入・利用履歴による顧客嗜好や消費動向などの分析業務も支援する。(2016/3/15)

端末代金は24回払い:
FREETEL、「スマートフォン0円スタートプラン」を3月23日開始 初期費用なしでスマホ購入可能に
FREETELスマホとFREETEL SIMのセットを初期費用なしで購入できるプランが、FREETEL eSHOP限定で登場する。端末代金は24回の分割払いで、通信費と一緒に請求される。(2016/3/9)

R25スマホ情報局:
最新「ゼロクリック詐欺」の傾向と対策
ここ数年「ワンクリック詐欺」がスマホユーザーを脅かしている。対策としては悪質なサイトをブロックするセキュリティアプリをインストールすることが肝要だという。それでも、架空請求のポップアップ画面が表示されたら、決して電話をかけることなく、落ち着いてキャッシュ削除の操作を行いたい。(2016/3/7)

弥生、クラウド請求書のMisocaを買収
弥生がクラウド請求管理サービス「Misoca」を買収する。(2016/2/22)

gooスマホ部:
請求が重ねてくることはないでしょうか
LINEのスタンプを初めて購入したのですが、スマホとタブレットに通知がきました。値段は2倍にならない?(2016/2/10)

ちょっとほしいかも 思わず御礼を言いたくなる「もらって楽しい請求書」が芸術作品の域
必要なのは、切手と筆記用具と想像力だけです。(2016/2/4)

1冊6万4800円の「亞書」、国会図書館が発売元に返却 136万円の返金も請求
国立国会図書館に1冊6万4800円(税込)のシリーズ本「亞書」が78冊納本され、発売元に約136万円が支払われていた問題で、国立国会図書館は本の返却と返金を発売元に求める。(2016/2/2)

約24万円を請求する「ゼロクリック詐欺」攻撃が発生
ワンクリック詐欺よりも悪質な日本語の「ゼロクリック詐欺」が新たに見つかった。(2016/1/27)

東芝、旧経営陣への賠償請求を32億円に増額
東芝は旧経営陣5人への損害賠償請求額を従来の合計3億円から合計32億円に増額。(2016/1/27)

「有料動画の料金支払え」――DMM.comをかたる架空請求に注意 12万円支払った人も
DMM.comをかたる事業者による架空請求の相談が相次いでいるとし、消費者庁が注意を呼び掛けている。12万円支払った人もいたという。(2016/1/19)

DMM.comを装い架空請求するメッセージにご用心 消費者庁が注意呼びかけ
DMM.comを装って有料動画の未払料金を請求するSMSが報告されています。(2016/1/18)

日本郵便、デジタルメッセージサービス「MyPost」を開始
公共料金の請求書や自治体の書類など機密性の高いレターをインターネット上で受け渡しできるサービスを日本郵便がスタートした。(2016/1/14)

AppBank、不正流出したのは請求書など広告関連資料
AppBankは、不正に外部に持ち出された可能性がある業務関連データは広告の業務関連資料だと明らかにした。(2015/12/7)

ウイルス感染を狙うばらまき型メール、IPAが注意喚起:
「えっ、このメールが?」――マトモな文面のメールに攻撃が仕込まれるばらまき型攻撃に注意
まともな文面だが身に覚えのない注文や請求書――IPAがウイルス感染を目的とした巧妙なばらまき型メールに警戒するよう呼び掛けている。標的型攻撃のように、あり得そうな内容のメールを装っている点が特徴だ。心当たりがある方は対策を。(2015/12/3)

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト運営者の口座からサイト利用者の電話番号が漏えい 1万4000件か
すでに電話番号を用いた架空請求詐欺も発生し、同行は謝罪とともに注意喚起しています。(2015/12/1)

iコンシェルのマチキャラがお知らせるドコモの家計簿アプリ「マネレコ」
ドコモは、iコンシェルと連携できる家計簿アプリ「マネレコ」の提供を開始した。口座の入出金や請求情報をマチキャラがポップアップで知らせてくれる。(2015/11/12)

仕事を変える帳票:
PR:見積書、請求書、発注書作りを簡単にするクラウドサービスとは?
企業では誰もが使う帳票だが、業務ルールなどに起因するフォーマット変更に手間取った経験をお持ちの方も多いはずだ。そうした煩わしい作業からビジネスパーソンが解放されるサービスが登場した。帳票ベンダー大手のウイングアーク1stが提供するクラウドサービス「SVF Cloud」だ。(2015/9/8)

freeeに新機能、Dropboxに入れた証憑を自動取り込み
Dropboxに保存した領収書や請求書のスキャンデータが自動で会計ソフトと連携――。フリーが同社の会計ソフトFreeeに新機能を追加した。(2015/9/7)

iPhoneで請求書作成・発送 クラウド請求書「Misoca」にiOSアプリ
クラウド請求書管理サービス「Misoca」にiOS版が登場。仕事の行き帰りなどに請求書を作って郵送したり、メールで送るといったことが可能になる。(2015/8/25)

店頭販売を独占:
Netflixとソフトバンクが業務提携 通信料金とまとめて支払い可能に
ソフトバンクが8月24日、Netflixとの業務提携を発表した。日本での定額制動画配信サービス「NETFLIX」の申し込みや請求などをまとめて提供する。(2015/8/24)

R25スマホ情報局:
100万請求も!? 紛失スマホ、悪用事例集
出先に忘れたり、落としたりして紛失したりしたスマホが悪用されてしまう事例が相次いでいます。国民生活センターの担当者から、実際に起こった悪用事例と、私たちが取れる対策について話を聞きました。(2015/8/20)

物干しざおの移動販売でのトラブル再び増加 10万円請求されたケースも
支払いを強要し金融機関に同行されることもあった。(2015/8/10)

MFクラウド請求書、みずほ銀とデータ連携 入金予定の請求データと自動照合可能に
マネーフォワードとみずほ銀行がデータ連携で提携。MFクラウド請求書よりみずほ銀のサービスを参照し、100%近い照合率で請求データと入金データをマッチングできるようにする。(2015/7/24)

「ひかり電話」乗っ取りで高額請求も……NTT「通信事業者だけでは防ぐことができない」
注意。知らないうちに国際電話をかけられていた、なんてことも。(2015/7/7)

A-SaaSと経理のミカタが提携 データ連携容易に
クラウド会計「A-SaaS」とクラウド型継続請求管理サービス「経理のミカタ」が提携。2015年夏にデータ連携を容易にする体制を整える。(2015/7/1)

IP電話乗っ取りで被害250万円 交換機がネット公開状態 ネットエージェントが調査報告
IP電話から不正に国際電話をかけられ、高額な料金が請求される問題が相次いでいる。ネットエージェントの調査によると、総額250万円ほど請求された例もあったという。(2015/6/25)

ネットなしは無料:
KDDI、紙請求書の発行手数料を1通50円から200円に値上げ
KDDIは10月請求分から、紙請求書の発行手数料を1通50円から200円に値上げする。(2015/6/19)

Amazonレビューで低評価を付けたら情報開示請求された? → 著者がブログで反論「(開示請求をしたのは)事実です」
「事実と異なるネガティブな書き込み」「無視できないリスク」だったと説明。(2015/6/14)

ウェブ魚拓でIPアドレス開示請求 運営会社が応じる
業務妨害が原因とのこと。(2015/6/8)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
ソフトウェアライセンスの請求に根拠なし?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/6/6)

楽天証券、追証請求を誤通知 特定の1人あてのはずが、多数の関係ない顧客に
楽天証券の取引画面で、追証発生通知の誤表示があった。作業手順を誤った人為的ミスが原因という。(2015/6/4)

ワンクリック詐欺に新たな手口、アプリを使い30万円請求
アダルトサイトから視聴アプリをインストールさせ、アプリでカード決済を迫る手口が見つかった。(2015/6/1)

「払わなければ財産差し押さえ」と脅迫 「LINE PLAY合同会社」名乗る会社の架空請求に注意呼びかけ
あの「LINE」アプリの会社とは無関係です。(2015/5/30)

「LINE PLAY合同会社」からの架空請求に消費者庁が注意喚起 LINEとは無関係
「LINE PLAY合同会社」からの架空請求メールに消費者庁が注意を呼び掛けた。コミュニケーションアプリ「LINE」や「LINE PLAY」を運営するLINEとは無関係だ。(2015/5/29)

成り行き次第で98%引きも
大手ソフトウェアサプライヤーのライセンス請求に根拠なし
ソフトウェアライセンス専門のコンサルタントは、サプライヤーが提示する請求額には透明性も根拠もないと口をそろえる。(2015/5/25)

12月開始のdポイントもたまる:
ドコモとローソンが業務提携 クレジット決済なら買い物を3%割引
ドコモとローソンが業務提携を発表。ローソン店頭の買い物にドコモのクレジットサービスを使うと、請求時に3%を割り引く。また12月開始の新ポイントプログラムとも連携する。(2015/5/13)

中日ドラゴンズ、請求業務をクラウド化
社内システムのクラウド化に向けて、請求業務に「Misoca」を採用。バックオフィスの運用負荷を下げ、ファンサービスにリソースを振り当てる。(2015/5/12)

MFクラウド請求書、発行済み請求書と入金明細の自動消込機能を追加
マネーフォワードは、法人向けクラウド型請求書一括管理ソフト「MFクラウド請求書」に自動入金消込機能(ベータ版)を追加した。(2015/5/8)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
適正額の50倍もの料金を請求してくるOracleの恐怖(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/5/6)

加入率わずか2割:
数千万円の賠償請求も……絶対に加入しておきたい「自転車保険」の比較と選び方のコツ
過去に9000万円以上という高額賠償判決もあった自転車事故。公道を走るれっきとした“軽車両”として自転車保険の選びかたを考える。(2015/5/2)

「スマホゲーだけでこの請求金額……!? おそろしい子!」 子どもの高額決済問題、「ガラスの仮面」で啓発 ガンホーがサイト開設
「えっ……スマホのゲームだけでこの請求金額……!? おそろしい子……!」――子どもによるスマートフォンゲームの高額決済の啓発サイトをガンホーが開設。「ガラスの仮面」のキャラが高額決済の実態や対策を指南する。(2015/4/30)

条件クリアでポイントゲット――ソク読みが報酬型広告プラットフォームを導入
アプリダウンロードや資料請求などで、1ポイント=1円で利用できる「ソク読みポイント」が貰える。(2015/4/24)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :実用化が進むバーチャルリアリティ
Oracleから1000万ポンドも請求されたある企業が20万ポンドに値切れた問題をリポート。また、iPad&BlackBerryからSurface Pro&Windows Phoneに移行した英州議会事例、Raspberry Piで脱Windowsに挑む企業のCIOへのインタビュー、バーチャルリアリティ最前線などをお届けする。(2015/4/13)

株主情報の漏えいは5社1万4667人に拡大 損害賠償請求の検討も
インベスター・ネットワークスのサービス利用企業の株主情報が漏えいした可能性のある問題は、5社でのべ1万4667人に影響することが分かった。(2015/4/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。