ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「請求」最新記事一覧

悪質「在宅ワーク詐欺」に消費者庁が注意喚起 在宅で稼げると思わせ高額な初期費用を請求
研修をさせた後、契約時にホームページ作成料として高額な初期費用や追加費用を請求してきます。(2016/11/20)

格安SIM Q&A:
「Google Play」「App Store」のコンテンツ代金を、格安SIMの月額料金と一括請求できませんか?
大手キャリアだと「Google Play」での有料コンテンツの購入代金を携帯電話料金とまとめて払えますよね。「App Store」「iTunes Store」の有料コンテンツの購入代金もau限定ですけど携帯電話料金とまとめて払えますよね。格安SIMでも同じようにできませんか?(2016/11/17)

ドコモ・auに追随:
ソフトバンク、4Gケータイにも「スマ放題ライト」を提供 2段階定額も0円スタートに
ドコモとauに続き、ソフトバンクも4Gケータイ用の1回5分以内の国内通話定額を開始する。それに合わせて、4Gケータイ用の2段階データ定額の請求上限額を4200円に改める。(2016/10/20)

野放しは経営リスクにも:
PR:仮想化でメチャクチャになっていませんか? ビジネスを支える、理想的なライセンス管理とは
仮想化やクラウドの採用で企業のIT基盤が急速に複雑化する中、ソフトウェア資産の管理は困難になっている。一歩間違えれば、莫大なライセンス料を請求され、経営リスクにもつながるケースも出てきており、IT部門としても看過できない問題になりつつあるのだ。それでは、どのような対策を行えばリスクを未然に防げるのだろうか。(2016/10/11)

前代未聞の「辞職ドミノ」はどこまで続くのか 富山市議会問題
富山市議会で次々と明らかになっている政務活動費不正請求問題。手を染めてきた市議たちにとっての「パンドラの箱」を開けたのは、市議会のドンともいわれるベテラン市議だった。(2016/10/3)

ソフトバンクの募金サービスが「クリック詐欺?」と炎上 身に覚えのない請求はなぜ生まれたのか取材
今後は誤操作対策を図っていくとしています。(2016/9/30)

電通、ネット広告で過剰請求など「不適切な業務」 広告主111社・約2億3000万円
電通は、ネット広告を掲載しなかったり、過剰請求するなどの不適切な案件が633件あったと発表した。広告主数は111社・該当金額約2億3000万円に上るという。(2016/9/23)

電通、ネット広告で不適切業務 約2億3000万円 運用実績など虚偽報告、過剰請求も
電通がネット広告で不適切な業務をしていたことが発覚。(2016/9/23)

「パケ死」の意味が変わった? 「高額請求」ではなく……
「パケ死」と聞くと、どんな状態が思い浮かぶだろうか? 最近は、以前とは違う意味で使われ始めているようだ。(2016/9/23)

「フェアに戦いたい」 JASRAC、競合を歓迎 審判請求取り消しまで7年半かかった理由は
「最大の理由は、状況の変化だ」――JASRACが公取委の排除命令取り消しを求めて行っていた審判請求を取り下げ。浅石理事長は、競合を歓迎する姿勢をアピールした。(2016/9/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道会社向けの「人身事故損害保険」は必要か?
今年3月、最高裁でJR東海が敗訴した。認知症患者による人身事故について、家族への損害賠償請求が認められなかった。恐らくこの事例がきっかけとなって、鉄道会社向けの人身事故損失に対する保険商品を発売された。しかし、改めてJR東海の裁判の意図を推し量ると、この保険は空回りしそうな気がする。(2016/9/9)

電力自由化で勝者になるための条件(9):
小売電気事業者の販売チャネル、代理店・取次店の業務をどう支援するか
幅広い顧客をターゲットにする電力の小売事業では、代理店や取次店を活用して効率よく販売活動を展開することが競争力を左右する。どの範囲まで外部に委託するかによって、業務の内容や仕組みは違ってくる。販売店の実績管理から請求処理まで、小売電気事業者が対応すべき業務は数多い。(2016/8/31)

みずほ銀行と富士通、請求支払と売掛金消込業務でのFinTech活用効果を実験
みずほ銀行と富士通は、請求支払業務の電子化や売掛金消込自動化のサービス提供に向けた実証実験を開始する。(2016/8/12)

「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」の狙い
KDDIが7月22日に開始した「世界データ定額」は、対応する国と地域で1日980円でデータ通信が利用できる。その安さはもちろん、予期せぬ高額請求を防げる仕様にした点も注目したい。KDDIの担当者に、サービス提供の狙いや苦労を聞いた。(2016/8/5)

「読み放題」のつもりが、「1クリックで今すぐ買」ってしまった……Kindle Unlimitedの“罠”に注意
「読み放題のつもりが、本の代金を請求された」――「Kindle Unlimited」のユーザーから、こんな報告が寄せられている。まぎらわしいUIが原因だ。(2016/8/5)

J:COMとWOWOW、情報共有ミスで一部ユーザーに料金を過剰請求
J:COM利用者でオプションチャンネルとして「WOWOW」を契約している一部ユーザーに対し、二重請求などの料金過剰請求があったことが判明した。対象は計367件。(2016/8/3)

「五輪の入場券を300万円で申し込みましたね?」 「オリンピック財団」名乗る架空団体に注意、消費者庁が呼びかけ
「犯罪グループのリストから個人情報を削除する」等の名目で金銭を請求しているとのこと。(2016/8/3)

ソフトバンク、批判のあった「アメリカ放題」キャンペーン再開を発表 過去分にも適用
終了を知らずに利用、高額な請求が来たとの投稿が話題に。(2016/7/17)

突然終了した「アメリカ放題」無料キャンペーン再開 「お客様を混乱させた」 ソフトバンクが謝罪
ソフトバンクの「アメリカ放題」無料キャンペーンが再開。終了の告知が不十分だったため、「終わったと知らずに米国で通話やネットを利用し、高額請求を受けた」と訴えるユーザーが相次いでいた。(2016/7/15)

「アメリカ放題」キャンペーン終了、突然の高額請求に悲鳴 ソフトバンク「柔軟に対応する」
「アメリカ放題」が知らない間に終了し、高額請求が来た――ソフトバンクユーザーの間でこんな悲鳴があがっている。ソフトバンクは問題を把握しており「柔軟に対応する」という。(2016/7/15)

対象者は申込を:
ソフトバンクの「アメリカ放題」、キャンペーン終了で高額請求の場合も
ソフトバンクが提供している「アメリカ放題」のキャンペーンが6月で終了した。スマ放題「データ定額パック(5GB)」未満のプランや「ホワイトプラン」を契約している場合、7月1日以降は申込をしないと1日最大2980円の料金が発生する。対象者は申込をしておきたい。(2016/7/15)

1ユーザー当たり月額7ドルから:
マイクロソフト、法人向けWindows 10のサブスクリプションモデル「Windows 10 Enterprise E3」を発表
マイクロソフトは、法人向けWindowsクライアントのサブスクリプション型プラン「Windows 10 Enterprise E3 for CSP」を発表。パートナーが提供し、サポートや料金請求の一元化も可能。価格は、1ユーサー当たり7ドル/月から。(2016/7/14)

医療保険者の請求処理を高速化
究極の自動化――ロボットが変える医療業務の未来とは?
ロボティックプロセスオートメーションを活用すれば、医療保険者と医療プロバイダーは人的要素を減らして請求処理をより効率的に行えるようになる。(2016/7/12)

楽天モバイル、月額料金の「楽天スーパーポイント」払いに対応
8月請求分(7月利用分)から月額料金のポイント充当が可能に。(2016/6/28)

電力供給サービス:
電気料金の誤請求が1646件にも、東京電力のシステム不具合で
5月中旬に明らかになった東京電力の「託送業務システム」の不具合がますます市場を混乱させる状況を招いている。旧式の電力量計と新型のスマートメーターで異なる電力使用量の算定方法を混同した結果、1646件にのぼる需要家の使用量データを不正確なまま小売電気事業者に送っていた。(2016/6/27)

法制度・規制:
電力会社2社に行政指導、工事費負担金の請求で禁止行為
再生可能エネルギーの発電設備から電力を供給する場合に、電力会社の送配電ネットワークの増強工事を必要とするケースがある。工事費は電力会社と発電事業者で負担するが、その金額の請求に関して電力会社2社に禁止行為があった。国の委員会は行政指導を実施して改善を求めた。(2016/6/24)

電気料金の新プラン検証シリーズ(33):
24時間CO2ゼロの電力を販売開始、全国7地域で電力会社よりも安く
住宅の屋根に太陽光発電システムを無償で設置して、消費した電力をもとに電気料金を請求するユニークなプランがある。日本エコシステムが提供する電力小売サービスで、6月23日からCO2排出量がゼロになる新プランを開始した。月額100円の追加でカーボン・オフセットの仕組みを適用できる。(2016/6/23)

電力供給サービス:
東京電力のシステム不具合が続く、未通知件数が最大4万件を超える事態に
5月下旬に明らかになった東京電力の託送業務システムの不具合による影響が拡大している。小売電気事業者に通知する需要データのほかに発電データの通知にも遅れが生じて、最大で4万件を超える未通知が発生した。数多くの小売電気事業者が電気料金を請求できない状況になっている。(2016/6/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
どうすれば救えるのか シリアで人質の日本人を
シリアで武装組織に拘束されているとみられるジャーナリスト・安田純平氏の最新映像が公表された。報道によると、武装組織から身代金を請求されているが、日本政府はその要求には応じない方針だという。では、どのようにして安田氏を助け出すのか。(2016/6/9)

病院システムのなかで、botが得意な業務とは?
「病院の予約もチャットボットにおまかせ」な時代は本当に来るのか
医療機関において、予約調整、医療費請求、決済処理といった管理業務に医療用の「bot」を使うことで、さまざまな場面で業務負担が減り、人員のリソースを節約できるかもしれない。(2016/6/3)

多数の匿名FTPサーバが不適切に公開? 請求書や名簿など見つかる
個人以外では中小企業が大半を占め、ラックが状況確認を呼び掛けている。(2016/5/13)

HOME'S、新築マンションの資料請求者に組み立て式簡易VRゴーグルをプレゼント
ネクストは、同社運営の住宅情報サイト「HOME'S」で新築マンションの資料請求を行った利用者に簡易VRゴーグルをプレゼントすると発表した。(2016/4/19)

「あなたは新しい請求書」メールでランサムウェア感染、次の手口に注意
「あなたは新しい請求書(番号)を持っています」の件名でランサムウェア感染を狙うメールが出回った。今後も件名や内容を変える手口で攻撃が続く可能性が高い。(2016/4/13)

国民生活センター、絶対に入ってはいけない「ぼったくりバー」に注意喚起
楽しい気分が一転、高額請求される。(2016/3/18)

日立ソリューションズ BSSsymphony:
各種要件に柔軟に対応できる製造・流通業向け顧客管理/課金/請求ソリューション
日立ソリューションズは、製造、流通業向けの顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」の最新版を発表した。(2016/3/18)

製造ITニュース:
顧客管理・課金・請求ソリューションの最新版を販売開始
日立ソリューションズは、製造、流通業向けの顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」の最新版を発表した。多様なサービス形態、料金体系に対応し、購入・利用履歴による顧客嗜好や消費動向などの分析業務も支援する。(2016/3/15)

端末代金は24回払い:
FREETEL、「スマートフォン0円スタートプラン」を3月23日開始 初期費用なしでスマホ購入可能に
FREETELスマホとFREETEL SIMのセットを初期費用なしで購入できるプランが、FREETEL eSHOP限定で登場する。端末代金は24回の分割払いで、通信費と一緒に請求される。(2016/3/9)

R25スマホ情報局:
最新「ゼロクリック詐欺」の傾向と対策
ここ数年「ワンクリック詐欺」がスマホユーザーを脅かしている。対策としては悪質なサイトをブロックするセキュリティアプリをインストールすることが肝要だという。それでも、架空請求のポップアップ画面が表示されたら、決して電話をかけることなく、落ち着いてキャッシュ削除の操作を行いたい。(2016/3/7)

弥生、クラウド請求書のMisocaを買収
弥生がクラウド請求管理サービス「Misoca」を買収する。(2016/2/22)

gooスマホ部:
請求が重ねてくることはないでしょうか
LINEのスタンプを初めて購入したのですが、スマホとタブレットに通知がきました。値段は2倍にならない?(2016/2/10)

ちょっとほしいかも 思わず御礼を言いたくなる「もらって楽しい請求書」が芸術作品の域
必要なのは、切手と筆記用具と想像力だけです。(2016/2/4)

1冊6万4800円の「亞書」、国会図書館が発売元に返却 136万円の返金も請求
国立国会図書館に1冊6万4800円(税込)のシリーズ本「亞書」が78冊納本され、発売元に約136万円が支払われていた問題で、国立国会図書館は本の返却と返金を発売元に求める。(2016/2/2)

約24万円を請求する「ゼロクリック詐欺」攻撃が発生
ワンクリック詐欺よりも悪質な日本語の「ゼロクリック詐欺」が新たに見つかった。(2016/1/27)

東芝、旧経営陣への賠償請求を32億円に増額
東芝は旧経営陣5人への損害賠償請求額を従来の合計3億円から合計32億円に増額。(2016/1/27)

「有料動画の料金支払え」――DMM.comをかたる架空請求に注意 12万円支払った人も
DMM.comをかたる事業者による架空請求の相談が相次いでいるとし、消費者庁が注意を呼び掛けている。12万円支払った人もいたという。(2016/1/19)

DMM.comを装い架空請求するメッセージにご用心 消費者庁が注意呼びかけ
DMM.comを装って有料動画の未払料金を請求するSMSが報告されています。(2016/1/18)

日本郵便、デジタルメッセージサービス「MyPost」を開始
公共料金の請求書や自治体の書類など機密性の高いレターをインターネット上で受け渡しできるサービスを日本郵便がスタートした。(2016/1/14)

AppBank、不正流出したのは請求書など広告関連資料
AppBankは、不正に外部に持ち出された可能性がある業務関連データは広告の業務関連資料だと明らかにした。(2015/12/7)

ウイルス感染を狙うばらまき型メール、IPAが注意喚起:
「えっ、このメールが?」――マトモな文面のメールに攻撃が仕込まれるばらまき型攻撃に注意
まともな文面だが身に覚えのない注文や請求書――IPAがウイルス感染を目的とした巧妙なばらまき型メールに警戒するよう呼び掛けている。標的型攻撃のように、あり得そうな内容のメールを装っている点が特徴だ。心当たりがある方は対策を。(2015/12/3)

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト運営者の口座からサイト利用者の電話番号が漏えい 1万4000件か
すでに電話番号を用いた架空請求詐欺も発生し、同行は謝罪とともに注意喚起しています。(2015/12/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。