ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「請求」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「請求」に関する情報が集まったページです。

【弁護士が教える!】:
売掛金や高額請求……注意すべき「ホストクラブ」でのトラブルとその対処法
若井綜合法律事務所 若井亮弁護士によるコラム。今回は、ホストクラブにおけるトラブルの具体例と対処法について解説してもらった。どうすれば高額請求などを防げるのか?(2018/12/8)

サブスクリプションビジネスの料金請求業務をクラウドで統合サポート――NTTコムウェア、「Smart Billing」を提供
NTTコムウェアは、サブスクリプションビジネス向けの料金請求プラットフォームをクラウドサービスとして提供する「Smart Billing」を開始。契約管理、課金、請求、回収、会計、分析といった料金請求に関わる一連の機能を備え、新規ビジネスの早期立ち上げや請求業務の効率化を支援する。(2018/11/26)

加入電話やフレッツ光で過大請求、NTT東西
NTT東西は11月16日、両社が提供している加入電話やフレッツ光マンションタイプなどの利用者に本来よりも多い金額を請求をしていたと発表した。(2018/11/16)

938件、NTT東西との連絡に漏れ:
NTTドコモ、「ドコモ光」で計200万円の請求ミス 未開通期間の使用料を返金せず
NTTドコモが、顧客が断線などで利用できない期間も「ドコモ光」の基本使用料などを徴収しており、返金が漏れていたことが発覚。対象となる顧客は938件で、金額は計200万円。(2018/11/16)

「ドコモ光」で誤請求 3年間で総額約200万円を返金せず
一部ユーザーに対し「ドコモ光」の請求に誤りがあったことが判明。ユーザーに起因しない理由でドコモ光を利用できなかった期間に返金していなかった。対象ユーザー数は938件、返還総額は約200万円。(2018/11/16)

企業がAPIを提供する際のポイントとは:
手作業でAPIキーを発行、請求書は手で書き起こし――「駅すぱあとWebサービス」が取り組んだWeb API改善施策
「Google Cloud Next '18」でヴァル研究所 ナビゲーション開発部テックリードの田辺純一氏は、「駅すぱあとWebサービス」の開発や運用を振り返り、企業がWeb APIを提供する際のポイントを紹介した。(2018/11/20)

帳票処理の自動化が可能に
AIを搭載した帳票設計不要のOCRサービス トーマツが提供開始
トーマツは人工知能(AI)モデルを搭載した財務・経理部門向けOCRサービスを提供開始した。見積書や請求書を読み取り、入力処理を自動化する。サービス導入後も使用履歴を通して学習し、識字精度を向上できる。(2018/11/16)

「Chrome 71」、料金に関する説明が不明瞭なWebページに警告 予想外の請求を防止へ
料金に関する説明が不明瞭なWebページで携帯電話番号を入力してしまい、予想外の料金を請求される被害を防止する。(2018/11/9)

ブロックチェーン活用で、外航貨物保険の支払い手続きが1カ月超から1週間に――東京海上日動とNTTデータが実証
東京海上日動火災保険とNTTデータは、外航貨物海上保険の保険金請求手続きへのブロックチェーン技術の適用を検証。保険証券や事故報告書、貨物の損傷写真といった必要なドキュメントをブロックチェーン上で共有することで、保険金の支払いプロセスを迅速化する。(2018/11/2)

経産省・業界団体が指針発表:
飲食店「無断キャンセル」の損害額は年間2000億円 どうすれば防げる?
飲食店における無断キャンセルの被害額は年間2000億円であることが経済産業省と業界団の調査で判明。両者はこれを受けて防止策を公表した。明確な基準で算定したキャンセル料の請求、IT活用、事前決済の導入などがカギになるという。(2018/11/2)

知らぬ間にワークロード急増も
AWS、Azure、GoogleのIoTコストを比較 シミュレーションで分かった課金制度の差異
IoTサービスは、データストリームをエンドレスに生成する可能性がある。巨額の請求を毎月受け取らないようにするには、クラウドに送信するデータ量に注意が必要だ。(2018/10/30)

カーシェアリングやドローンのもたらす新たなリスク
AI時代の保険業界 新しいテクノロジーにどう対処するか
保険会社でAIの活用が進んでいる。AIは社内の業務改善だけでなく、顧客対応や保険請求の処理に利用される。自動運転やサイバーセキュリティなど、AIが新たな損失リスクとなることも考慮しなければならない。(2018/10/23)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

GMO、フリーランス向け金融支援サービス「FREENANCE」開始 ユーザーの請求書を買い取り報酬を即日払い
損害賠償保険が無料で附帯します。(2018/10/17)

転売者に損害賠償請求 「ゆるキャン」コラボのキャンプグッズメーカーが転売対応策発表
オークションサイトなどでは定価の2倍を超える価格で取引されていました。(2018/10/20)

77%が「レビューは有益」、93%が「レビューしてもよい」:
PR:「SIerに丸投げ」にできない時代、ビジネス向けITレビューサイトが企業ITにおける製品選択になくてはならない理由
SaaSを中心としたクラウドサービスが企業で広く用いられるようになった。10年ほど前から営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)、経費精算、請求書管理などの分野でSaaSの提供が始まり、今では基幹システムを含めてありとあらゆるサービスがクラウド上で提供されるようになった。営業支援一つとっても数え切れないサービスが存在する。選択肢が増えるのはいい。だが、自社に合った製品やサービスをどう見つければいいのか。そのような中、米国で急速に人気を集めているのがビジネス向けITレビューサイトだ。(2018/10/15)

ソフトバンクが「ギガ使い放題キャンペーン+」スタート 「ウルトラギガモンスター+」に加入して機種購入すると月額1000円引き
ソフトバンクが、「ウルトラギガモンスター+」加入で2019年4月請求分までの月額料金を毎月1000円割り引くキャンペーンを開始。新規契約はSIM単体でも対象となる。(2018/9/14)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドコスト管理の鍵は優れたガバナンスにあり
適切なチェックと管理を行わなければ、クラウドのコストはいとも簡単に制御不能に陥る。請求書に書かれた金額に仰天する前にやるべきこととは?(2018/8/31)

LINEモバイルの基本利用料、LINEポイントで支払い可能に 9月請求分から
LINEモバイルの基本利用料とユニバーサルサービス料が9月請求分から「LINEポイント」で支払えるようになる。LINEポイントは1ポイント=1円で利用可能。(2018/8/28)

佐川急便をかたる架空請求、なおも被害報告あがる 島根県消費者センターが事例を紹介し注意喚起
不審な請求があったら、まず消費者ホットライン(188番)へ電話を。(2018/8/24)

Netflixが日本向けサービス料金を最大350円値上げ auの「Netflixパック」も値上げ(据え置き措置あり)
Netflixが日本向けの月額料金を値上げした。既存ユーザーには次回請求のタイミングから新料金を適用する。8月28日からauが提供する「auフラットプラン25 Netflixパック」についても、オプション料金は提供開始日から、プラン自体の料金も2019年1月以降の新規契約・プラン変更分から値上げする。(2018/8/23)

国内企業の50%以上がソフトウェアライセンス監査を経験 強まるベンダー監査に求められる対応力――ガートナー調べ
ガートナー ジャパンによると、国内企業の50%以上がソフトウェアベンダーによるライセンス監査の経験があり、ライセンスの理解不足などで追加請求を受けた企業はその60%強に及んだ。今後、監査は強まる傾向で、所有ライセンスと利用シナリオを正確に把握した上で契約に望む必要があると指摘する。(2018/8/22)

電気やガスの支払いなど:
オーストラリアで仮想通貨による請求書払いが可能に 今後は海外展開も検討
オーストラリアの仮想通貨取引所Cointreeは8月20日、請求書自動払いプラットフォームを運営するGobbillと提携したことを発表した。同取引所の仮想通貨保有者は電気やガスなど家計に関わる請求書の支払いを仮想通貨で対応できるようになるという。(2018/8/22)

PR:“ベテラン頼み”の請求書処理をAIが担う 会計業務に「本当に役立つ技術」への挑戦
会計システム開発を手掛けるICSパートナーズは、人工知能(AI)を活用した書類読解技術を開発した。AI活用が進んでいない会計システムの領域で、なぜAI技術を生かそうと考えたのか。峯瀧健司社長に技術開発の方針について聞いた。(2018/8/20)

ディルバート(567):
恐怖の“蜃気楼(しんきろう)型”追加契約
仕様変更で追加費用が発生してしまうのは“システム開発あるある”の1つですが、ディルバートはまさかの請求を食らう羽目に……。(2018/8/16)

「iPhone X」不正購入被害1000件 「ドコモオンラインショップ」に不正ログイン、リスト型攻撃で
「知らないうちに自分のアカウントでiPhone Xを買われ、代金が請求されていた」――「ドコモオンラインショップ」がリスト型攻撃による不正ログインを受け、悪意のある第三者に「iPhone X」を不正購入される被害が1000件発生していた。(2018/8/13)

海賊版サイトブロッキング問題、壇弁護士など連名で意見書 賛同募る
海賊版サイトのブロッキング問題について弁護士が意見書を公表した。ブロッキングは「極めて副作用が大きい」と慎重な検討を求め、プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求など現行法で行える対策を、十分なスキルを持つ弁護士に依頼することなどを提言している。(2018/8/10)

ホワイトペーパー:
背筋が凍る「パケ死」を防げ 業務用スマホ管理に不可欠な「EMM」の基礎知識
業務用スマートフォンの料金プランを適切に管理していないと、海外出張で思わぬ高額請求に面食らうこともあるかもしれない。通信料金を管理するヒントと、適切なエンタープライズモバイル管理(EMM)の基礎知識をおさらいしよう。(2018/8/7)

コスト削減につながるか
コストを可視化するクラウド課金API、課題は?
クラウドコンピューティングの請求額に驚かされたいと考える企業はない。プロバイダーはAPIや各種ツールを通じて、ユーザーのコストへの可視性を高めている。だが、課題も残る。(2018/8/2)

見積もり額のまま請求:
ヤマトHD、引っ越し子会社が計17億円の不適切請求 チェック体制に不備
ヤマトHDの引っ越し子会社が、過去2年間で計約4万8000件・総額17億円の不適切請求を行っていたことが判明。チェック体制に不備があり、見積もり額のまま請求していたという。(2018/7/24)

消費者庁が注意喚起:
架空請求の手口に異変 古典的な「はがき」が急増した理由
はがきを駆使した架空請求詐欺が増えている。電子メールのフィルタリング技術が発展していることを踏まえたという。消費者庁の調査で判明した。(2018/7/23)

任天堂、海外の大手ROM配布サイトを訴訟へ 損害賠償請求額は100億円規模になる可能性も
対象サイトは「LoveROMS.com」と「LoveRETRO.co」。(2018/7/22)

auが豪雨災害被災者に「データ容量10GB」を追加付与 災害情報の収集を支援
auが、災害救助法適用地域のユーザーに対してデータ容量を10GB追加で付与する。対象ユーザーが7月5日から10GBの追加付与までの間に行ったデータチャージについても、その料金を請求しない措置を講じる。(2018/7/13)

Amazonかたり「動画の未納料金がある」とSMSで架空請求 消費者庁が注意喚起
アマゾンジャパンをかたって実際には発生していない有料動画の料金を請求するSMSを使った架空請求に消費者庁が注意を呼び掛けている。(2018/7/2)

ICカードをスマホにかざすだけで申請:
駅探が急騰、ストップ高に 「水増し請求」防ぐ交通費申請システムに思惑
6月18日の東京株式市場で駅探の株価が急騰。前営業日に発表した法人向け交通費申請システムに市場の期待が集まった。独自の乗車ルート解析技術を生かし、経路の妥当性を評価する機能を持つ。(2018/6/18)

法的手段も辞さず:
リソー教育、ネットの書き込み「多数の訴訟を起こされた」に反論 「そんな事実はない」
リソー教育が、複数の訴訟を抱えているとのネット上の書き込みに対して「法的手段も辞さない」との声明文を発表した。一部掲示板に、「元社員から時間外労働手当を請求されている」などと書き込まれていた。偽計業務妨害に当たると判断し、法的手段も辞さないという。(2018/6/11)

羽田がベスト3位に:
世界の航空会社・空港ベスト・ワーストランキング AirHelp調査
航空会社への賠償請求代行サービスなどを手掛ける米AirHelpが2018年版航空会社・空港ランキングを発表した。(2018/6/8)

Tech TIPS:
Excelで消費税計算などの端数処理をする方法
Excelで見積書や請求書などを作成する際、消費税などの計算結果に対して、小数点以下の数を切り捨てたり、切り上げたりする端数処理を行わなければならないことがあるだろう。特に「切り捨て」を行う処理にはいくつかの関数がある。ここでは、こうしたExcelの端数処理の関数をまとめて紹介する。(2018/6/4)

IT活用:
電力小売の販管費を劇的に削減、パネイルが業務自動化ソリューションを発表
新電力ベンチャーのパネイルが、電力小売業務の自動化ソリューションを発表。スイッチング処理や需給管理、請求処理などを自動化し、コスト削減に貢献するという。(2018/5/30)

英当局、Cambridge Analytica(CA)に米国民に対する個人情報開示を命令
英情報保護当局のICOがFacebookスキャンダルの渦中にある英調査会社CAの親会社SCLに対し、米国民である個人からの情報開示請求に応じるよう命じた。拒否すれば刑事犯罪とみなすとしている。(2018/5/7)

シャドーITも悪影響を及ぼす
クラウドのコスト管理に必要な新しいアプローチ 予想外の高額請求が多発している?
IT関連の経費の中で、クラウドにかかる無駄な支出がかなりの割合を占めている。管理者は発想を変え、不要な出費を減らすために管理ツールの活用も検討すべきだ。(2018/4/27)

「コピペだけで月収50万円!」→多額の初期費用を請求 よく見るうさんくさい広告に消費者庁が注意喚起
そんなわけない。(2018/4/26)

結婚は「愛情分担請求事件」!? 法曹関係者用の結婚式招待状をネタで制作、めでたい書状なのになんか後ろめたい
タイトルは「第1回挙式披露宴期日呼出状及び答弁書催促状」……なんだか招待じゃなくて出廷要請みたい。(2018/4/20)

データ移行に3カ月……その手間がなくなる:
PR:ペタバイト規模で増え続けるデータをどう管理する? 大容量データでクラウドよりスケールアウト型NASの方が適している理由
「機器リプレースでのデータ移行だけで3カ月かかった」「クラウドに移行したらデータ転送量で高額な請求がきた」「ダウンロードしたら想定の何倍も請求されることがわかった」──組織が扱うデータがPB(ペタバイト)クラスに拡大する中、こうしたデータにまつわる課題はより深刻化することが予想される。どうすればいいのか。ニューテック、レッドハット、メラノックステクノロジーズ ジャパン、EIZOメディカルソリューションズが出した解答は。(2018/4/9)

残業代の正しい知識を聞けるチャットボット「六法あいこ」がLINEに登場
ユーザーの労働形態で残業代はもらえるのか、どのように請求すればいいのかといった疑問に答えてくれます。(2018/4/5)

残業代の相談に乗ってくれるチャットbot「AI弁護士 六法あいこの残業代相談」がLINE上で開始
日本リーガルネットワークは、同社のLINEアカウント上でチャットbot「AI弁護士 六法あいこの残業代相談」を提供開始。残業代のおおまかな金額や残業代請求の方法・実態を分かりやすく解説する。(2018/4/4)

全国で全車禁煙化スタート:
ニッポンレンタカー、乗用車を全車禁煙に 吸ったら「休業補償料」請求も
ニッポンレンタカーサービスは11月1日から、乗用車・ワゴン車レンタカーを全車禁煙化する。ファミリー層などから強い要望があることや、健康志向の高まりなども考慮した。(2018/4/4)

楽天カードで二重請求? 利用明細に誤表示 1日に起きたシステム障害とは「無関係」
「楽天カード」の一部でこのほど、同じ取引が重複して2回、利用明細に表示されるトラブルが起きた。原因は人為的ミス。1日に発生したシステム障害とは関係ないという。(2018/3/8)

スマホでバーコードを読み込んで公共料金などを支払い 「LINE Pay 請求書支払い」
LINE Payは、請求書上に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」を開始。まずは東京電力エナジーパートナーに対応し、電算システム、SMBCファイナンスサービス、三菱UFJファクターも順次行う。(2018/3/6)

キャッシュレス化進む:
「LINE Pay請求書支払い」スタート スマホだけで公共料金支払い可能に
LINE子会社でモバイル決済サービスを展開するLINE Payは3月6日、公共料金や通信販売などの請求書に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay請求書支払い」のサービスを開始した。(2018/3/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。