ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「体脂肪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「体脂肪」に関する情報が集まったページです。

住宅・ビル・施設Week 2018:
凸版印刷が提案するIoT×建材の第2弾は、日常空間に溶け込む「壁材ディスプレイ」と「健康管理の床材」
凸版印刷は「第3回 高機能建材・住設EXPO」で、「トッパンIoT建材」や建装材の新製品などを披露した。IoT建材の第2弾では、壁材×ディスプレイと、床材×健康管理の新建材が初披露された。(2018/12/13)

体組成計を床に埋め込み、さりげなく体重測定・スマホ送信 凸版「ステルスヘルスメーター」開発
凸版印刷は、体組成計と床材を組み合わせ、日常生活でさりげなく体重や体脂肪を測定できる「ステルスヘルスメーター」を開発した。機器の出し入れや設定が不要で、日常生活の中で自然に測定できるとしている。(2018/12/12)

タニタ、とうとうゲーム機能内蔵体組成計を開発 ピンボールを楽しみながら健康管理できるぞ
ゲーム関連の製品をよく作ってると思ったら……。(2018/12/11)

ピンボールで遊べる体組成計、タニタが開発 CES 2019に出展
体重計メーカーのタニタが、ピンボールゲームで遊べる体組成計「TANITA PINBALL」を開発した。2019年1月に米国ラスベガスで開催される「CES 2019」でコンセプトモデルを披露する。(2018/12/11)

10年間で1.5倍に:
低迷していた「カルピス」が、右肩上がりの再成長を遂げた理由
2019年に100周年を迎える「カルピス」がいま、再び成長している。販売量は横ばいで推移していたのに、10年ほど前から右肩上がりに伸びているのだ。変わらない味のロングセラーブランドが再成長できたのはなぜだろうか。(2018/12/7)

IoT建材:
凸版印刷が「IoT建材事業」をスタート、初弾に単身高齢者の孤独死を防ぐ“センサー床材”を発売
凸版印刷は、強みとする建装材と、IoT技術を組み合わせた“IoT建材事業”を新たに立ち上げる。第1弾として、床材と圧力センサーを融合させた「ロケーションフロア」を開発し、2018年12月から独居老人の見守り用途など、住宅メーカー、医療・介護業界、自治体などへ本格的に販売していく。(2018/11/21)

乗るだけでクラウドにデータ蓄積、エレコムがIoT体組成計を発売
エレコムがWi-Fi対応の体組成計を11月下旬に発売する。体組成計に乗るだけで測定データをクラウドに蓄積するため、スマートフォン接続などの作業が不要になるという。(2018/11/6)

エレコム、自動でクラウドにデータ蓄積ができる「エクリア 体組成計」
エレコムは、Wi-Fi接続に対応した体組成計「エクリア 体組成計」を発売する。(2018/11/6)

朝食を抜くと太るメカニズム、名古屋大が解明 原因は「体内時計の乱れ」
名古屋大学の研究グループが「朝食を食べないと体重が増える」メカニズムを、ラットを使った実験で解明したと発表。(2018/11/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
IoT、AI、RPAなどの最新技術を活用した「攻めのIT」で新たなサービスを創出
デジタル変革の時代には、蓄積されたデータから、素早く洞察を引き出し、ビジネスの価値を生み出すことが求められる。このとき経営・IT部門のリーダーはどう向き合えばよいのだろうか。(2018/10/29)

スーパーも日曜は休み:
午後6時に退勤、学びや家族の時間を――アイコスを生み出す研究所に学ぶ、スイス式の働き方
新型「アイコス」が注目を集めるフィリップモリス。スイスに置く研究・開発拠点では、社員が残業をせず、勉強や趣味、家族との時間を持てるような働き方が定着している。日々の過ごし方を、日本人とドイツ人のスタッフに聞いた。(2018/10/26)

タニタ、ミニ四駆好きすぎ タミヤとのコラボで名機「アバンテJr.」を体組成計と歩数計に
タミヤのロゴ「ツインスター」をあしらったモデルも。(2018/10/24)

水に浮かぶのは「体脂肪率何%」まで?
太りたくないけど沈みたくないワガママを叶えて。(2018/10/17)

「メガドライブ体組成計」「ドリームキャスト体組成計」が発売 タニタとセガがコラボ
懐かしのゲーム機に乗って健康をチェックしよう。(2018/9/19)

セガサターンに続き:
タニタ、「メガドライブ」「ドリキャス」再現した体組成計を発売 箱まで本物そっくり
タニタがセガグループの家庭用ゲーム機とコラボ。「メガドライブ体組成計」「ドリームキャスト体組成計」を発表。前者は10月29日、後者は11月27日に発売する。(2018/9/19)

特定保健用食品「大人ダカラ」9月25日発売 レモンの香りとスッキリした甘みが特長
ちょっと高級感あるデザイン?(2018/9/18)

医療機器ニュース:
タニタが靴を履いたまま測れる体組成計を発売、計測時間も半減
タニタが施設向け体組成計の新製品である「DC-13C」を発表。手で握った電極から電流を流して計測する方式を採用しており、靴や靴下などを脱ぐことなく体組成を計測できる。このため、計測の準備から終了までの「トータル計測時間」が、従来の約1分30秒に対して半分以下の40秒に短縮できるという。(2018/8/8)

タニタ、靴を脱がなくても測れる体組成計発売 トータル計測時間を大幅短縮
公共施設やイベントで使える?(2018/8/7)

「靴を脱がない文化」の海外展開も:
タニタ、「靴を履いたまま測れる体組成計」発売 面倒くささを解消
タニタが、靴を履いたまま体重など12項目を計測できる体組成計を発売。グリップを握って計測する方式を採用した。「靴を脱ぐのが面倒」との不満を解消できるため、海外展開も行うという。(2018/8/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
変化と不変の両立に挑んだクラウン
トヨタのクラウンがフルモデルチェンジした。すでにクローズドコース試乗で高負荷域の「クラウン離れした」仕上がりを体験し、その激変ぶりをインプレッションに書いたが、今回改めて一般公道での試乗会が開催された。クラウンのクルマとしての真価はいかに?(2018/7/23)

コロコロだなんて言わせないワン 体脂肪を測定してもらった白柴のきなこちゃん
飼い主さんもびっくりの結果でした。(2018/7/21)

「通い続けられるのか…」 おかずクラブ、マイナス20キロ超のダイエット宣言 体重&体脂肪も公表
アザラシを超える54%の体脂肪を持つゆいP、初日から「ゲボ吐いちゃいました」。(2018/7/20)

「わたしは体重は気にしない」 ローラが体重公表、“見た目重視”の考え方が共感を呼ぶ
筋肉大事。(2018/7/7)

「素晴らしいスタイル」「ヘラクレスか!」 秋元才加の肉体がさらに進化、キレッキレの肉体美に注目集まる
秋元「体脂肪率も16%以上ちゃんとある」。(2018/5/19)

「体が変わりすぎてびっくり」 ダレノガレ明美、“ライザップ女子”と化し体脂肪率15.7%の美背中披露
どんどんきれいになる。(2018/5/18)

ソフトバンク、「スマート体組成計2」を発表 アラームや育成ゲームで測定継続を後押し
ソフトバンクは、7月下旬以降にセイコーソリューションズ製の「スマート体組成計2」を発売する。乗るだけで測定データがクラウドに自動送信され、スマートフォンと連携した健康管理が可能。測定忘れを知らせるアラーム機能や、キャラクターが成長する育成ゲームを搭載して測定の継続を後押しする。(2018/5/10)

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(18):
「人工知能はデータが命」に潜むワナ――その数字、本当に信頼できますか?
人気連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が、書籍化を記念して期間限定で復活。今回は「人工知能はデータがそろっていれば大丈夫」という誤解がテーマです。(2018/5/10)

「ここに恥をさらします」 小倉優香、自身のビフォーアフター写真に絶望、体重明かしダイエット宣言
「痩せなきゃと思いつつ食べてしまい 運動しなきゃって思いつつ気温や天気を言い訳に寝てしまい」←分かりすぎる。(2018/4/16)

「セガサターン」体組成計、タニタが発売 公式Twitterのやりとりで商品化
タニタが、往年の家庭用ゲーム機「セガサターン」のデザインを再現した体組成計を4月26日に発売する。13日からはヴィレッジヴァンガードの一部店舗で先行販売。6000円(税別)。(2018/4/13)

「アクエリアス」初の機能性表示食品 「アクエリアス S-Body」発売
柑きつフレーバー。(2018/3/18)

故障検知予測やマーケティングに:
IoTデータ分析に機械学習の自動化ツール、大阪ガスが導入を「即決」した理由とは?
機械学習を用いた予測モデルの作成を自動化する「DataRobot」。日本では、大阪ガスが早くから導入して成果を上げてきた。ビジネスアナリシスセンター長の河本さんは、製品の存在を知ったときに、導入を即決したという。その理由はどこにあるのか?(2018/3/15)

タニタ、バーチャロン対応ツインスティック開発へ 社長のゲーム愛が異色のプロジェクトに発展
社長がバーチャロンの大ファンだったことから、セガと交流してきた経緯がありました。(2018/2/16)

7割が「罪悪感のない食事をしたい」:
糖質とカロリー、気にしているのはどっち?
糖質とカロリー、どちらを気にしてる? サッポロビール調べ。(2018/1/19)

“女王様”は理想のパーソナルトレーナー 筋トレとSMが奇跡の融合を果たした「SMジム」はなぜ効果的?
ムチでたたかれ、ロウソクを垂らされながらトレーニングする「SMジム」をがっつり体験してきました。(2018/1/12)

IT活用:
IoTが生む新しいエネルギーサービス、成功の鍵は――大阪ガスのキーマンに聞く
IoT(モノのインターネット)を活用したエネルギーサービスとして、業界外からも注目されている大阪ガスの“クラウドにつながるガス機器”。サービスを開発したきっかけやその狙い、エネルギー業界のIoT活用のポイントや課題について、大阪ガスのキーマンに聞いた。(2018/1/9)

「この先も変化が楽しみ」 藤田ニコル、ストイックに育成中の発展途上ボディーを公開
腹筋、縦に割れてる。(2018/1/7)

スピン経済の歩き方:
なぜ「トクホ」はシニアよりも若者に人気なのか
働く人たちの間で「朝トクホ」なるものが定着してきている。体脂肪に頭を悩ますおじさん世代がこぞって買い求めているイメージを抱くかもしれないが、意外にもこの動きを後押ししているのは、「20〜30代」だという。(2017/10/31)

週刊「調査のチカラ」:
「筋肉の衰えを感じる」 40〜69歳の8割超
「体育の日」「冷凍めんの日」「魚の日」他。記念日がいっぱい。調査データもいっぱい。「調査のチカラ」を引き続きよろしくお願いします(週刊「調査のチカラ」の連載は今回が最終回です)。(2017/10/8)

タニタ、ジョジョとコラボした奇妙な体組成計の予約受付を再開ッッ
君がッ 表示を変えるまで測るのをやめないッ!(2017/10/3)

藤田ニコルのスリム美脚にファンざわめく 「心配なるくらい細い」「無理だけはしないで!」
どんどん細くなってる……。(2017/9/12)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
最初の3〜7秒で第一印象は決まる――「カッコいいオヤジ」の魅せ方、教えます!
人の第一印象は、最初の出会いから3〜7秒で決まるという。そこで、重要になるのが、髪形、顔、服装、ボディーメークなどのちょっとした工夫によるイメージ戦略である。第一印象を変えることで、仕事の意識も、人生観も改革できる。(2017/9/6)

省エネ機器:
購入後も進化するIoT給湯器、入浴見守りやヘルスケア管理も実現
大阪ガスは、給湯器「エコジョーズ」にインターネット接続機能を加えた新モデルを2017年10月から発売する。スマートフォンアプリを利用した、入浴時の見守りやヘルスケア管理サービスを提供できるのが特徴だ。(2017/9/4)

タニタ、ボイス満載のジョジョコラボ体組成計を発売 軽肥満だと「故障ではない、誰か敵スタンドの仕業だッ!」
個人データ消去時は「この虹村億泰のスタンド ザ・ハンドが削り取ってやる!」。(2017/8/9)

東大医学部とがん治療で提携:
医療の課題解決に“コミット” RIZAPの新戦略
RIZAPグループが、本人の健康課題の解決に向けた新事業を展開すると発表。認知度・顧客数をさらに拡大し、2020年度までに累計1000万人へのサービス提供を目指すという。【訂正】(2017/8/7)

ぽっちゃりニャンコ減量中 体脂肪率とデブ猫愛好家への打率が高い
ねんねこ ころりん すっとんとん。(2017/6/25)

麹町OLの週末ビジネス探検:
ダイエットで見た「メルカリ経済」 体重計の送り主は
体重減の必要に駆られた麹町OLは、メルカリで体重計を購入する。それが意外な「メルカリ経済」の発見につながることも知らずに……。(2017/6/3)

た、体脂肪のどこにそんな力が……ッ! 「意識の高いデブ」の動くLINEスタンプからほとばしる躍動感
動けるデブってレベルじゃねえぞ!(2017/4/3)

藤田ニコル、アスリート並みの体脂肪率を公表 「やせ過ぎだよ!」「本当に無理だけはしないで」と心配の声も
女性ボディービルダー並みの体脂肪率。(2017/3/9)

主力ブランドで成長へ:
体脂肪減らすカルピス投入 アサヒが健康イメージ強化
アサヒ飲料は、2017年の清涼飲料の販売量を前年比0.5%増の2億5500万ケースとする計画を発表。「カルピス」ブランドには、体脂肪を減らす乳酸菌を配合した機能性表示食品を投入する。(2017/3/1)

ファストフード業界に一石を投じた「スーパーサイズ・ミー」の監督がファストフード店を開店
なんで?(2016/11/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。