ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブルレー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブルレー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ロボット開発ニュース:
羽田空港がサービスロボットの価値を世界に発信、参加17社は実力を見せられるか
日本空港ビルデングは、サービスロボットの技術検証を行うプロジェクト「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」に参加するロボットを公開。清掃、移動支援、案内という3つのカテゴリーで総計17社のロボットが参加する。2016年12月15日〜2017年2月13日にかけて、羽田空港国内線第2旅客ターミナルの出発ロビーで実施する計画だ。(2016/12/15)

3Dプリンタニュース:
品質と操作性が向上した光造形方式3Dプリンタ「Form 2」国内販売へ
米BRULE 日本支社は、米Formlabsが開発した光造形方式の卓上型3Dプリンタの新製品「Form 2」の国内販売を発表した。(2015/10/16)

ブルレー、米Formlabs製の“プロ仕様”光硬化型3Dプリンタ「Form 2」
ブルレーは、米Formlabs製となる卓上型3Dプリンタ「Form 2」の取り扱いを発表。精密な仕上がりが得られるプロ仕様モデルながら、50万円台の“低価格”を実現している。(2015/10/16)

DMS2015:
衝撃に強い新素材「タフレジン」の登場で期待が高まる「Form 1+」
ブルレーは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、米Formlabsが開発した光造形方式3Dプリンタ「Form 1+」と、Form 1+に対応する新素材「タフレジン」の展示を行った。(2015/6/24)

3Dプリンタニュース:
光造形方式3Dプリンタ「Form 1+」の国内販売を開始
ブルレーは、米Formlabsとパートナー契約を締結。Kickstarterで話題となった光造形方式3Dプリンタ「Form 1+」の国内販売を2015年6月29日より開始すると発表した。(2015/6/22)

BRULE、高精細プリントに対応した3Dプリンタ「Robox」の取り扱いを発表
BRULEは、英CEL製となる3Dプリンタ「Robox」の取り扱いを開始する。(2014/4/30)

BRULE、8万円を切る卓上3Dスキャナ「Metterform」の取り扱いを開始
BRULEは、折りたたみ式コンパクト筐体を採用した3Dスキャナ「Metterform」の取り扱いを発表した。出荷は6月の予定。(2014/4/28)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(28):
3Dプリンタが壊れました
3D-GANの「Replicator2」が、壊れた。しかも、最悪なタイミングで。パーソナル3Dプリンタを業務に使うなら修理能力も必須かもしれない。(2013/10/30)

ブルレー、MakerBot製の3Dスキャナ「MakerBot Digitizer」の取り扱いを開始
ブルレーは、立体物を手軽にスキャンできるMakerBot製3Dスキャナ「MakerBot Digitizer」の取り扱いを発表した。(2013/10/15)

ブルレー、最新3Dプリンタを実演展示するショールームをアキバにオープン
ブルレーは、海外メーカー製3Dプリンタの展示を行なう「3Dプリンター・ショールーム」のオープンを発表。8機種の比較検討ができる。(2013/9/27)

週末アキバ特価リポート:
6万円台の3Dプリンタがもうすぐ買える!
オリオスペックで3Dプリンタの予約販売と店頭デモが始まっている。価格は6万9800円と個人でも手が届く金額だが、当然入荷台数には限りがある。というわけで、今回は早い者勝ちな予約販売にスポットをあてた。(2013/7/27)

卓上型3Dプリンタ「UP Plus 2」、19万円台で登場
卓上型3Dプリンタ「UP Plus 2」が19万9800円で発売される。(2013/7/12)

ブルレー、20万円を切る卓上型3Dプリンタ「UP Plus 2」
ブルレーは、中国Delta Micro Factory製となる卓上型3Dプリンタ「UP Plus 2」の取り扱いを発表。重量約5キロの小型軽量筐体を採用した。(2013/7/11)

自宅でアレもコレも作れちゃう?:
ブルレー、Makerbot製の3Dプリンタを20万円弱で発売
ブルレーはMakerbot製3Dプリンタ「Makerbot Replicator」の取り扱いを開始した。5月下旬に出荷を開始する。価格は6月15日まで19万9800円。(2012/5/17)

Oak Trail採用:
ブルレー、世界最薄の10.1型Windowsタブレット「OCOSMOS OCS9」
ブルレーは、OCOSMOS社のWindows搭載タブレットPC「OCOSMOS OCS9」の取り扱いを発表した。11月18日までの発売記念キャンペーン中は16Gバイトモデルが5万9800円で購入できる。(2011/10/19)

重量218グラムの世界最小PC:
解き放てっ、“LOOX”愛──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(前編)
重量200グラム台の通信機能付きポータブルデバイスといえば、iPhoneやAndroidスマートフォン……だけじゃない。実はWindows 7もそうだ。発売前のWindows 7 ケータイ F-07CをPC的にチェックする。(2011/7/1)

これならポケットに入る!?:
388グラムのキーボード搭載ミニPC――「Viliv N5」徹底検証
個性的なタッチパネル付きミニノートPCを多数投入している「Viliv」の新モデルは、ハードウェアキーボード搭載で約388グラムというコンパクトボディが魅力だ。(2010/6/28)

ブルレー、Atom搭載の軽量MID「Viliv N5」にWindows 7 Staterモデルを追加
ブルレーは、4.8型ワイド液晶内蔵のミニノートPC「Viliv N5」にWindows 7 Stater搭載モデルを追加した。(2010/6/18)

あの“P”や“U”より小型軽量:
388グラムのWindows 7搭載ミニPC――「Viliv N5」を眺め回す
スマートフォンが普及しても、汎用性がより高いWindows環境をできるだけ手軽に携帯したいと考える人は少なくない。「Viliv N5」はこうした層を狙い打ちしたミニPCだ。(2010/6/15)

ブルレー、「Viliv N5」の取り扱いを発表――台数限定キャンペーンも
ブルレーは、韓国Yukyung Technologies製MID「Viliv N5」の取り扱いを発表した。(2010/5/28)

10.1型WXGA液晶×SSD×ファンレス×1.2キロ×10時間駆動:
“正攻法”で行くマルチタッチ対応モバイルPC――「Viliv S10 Blade」を駆る
完成度の高いタッチパネル搭載モバイルPCとして、知る人ぞ知る「Viliv」シリーズ。新モデルの「S10 Blede」は、Viliv史上最も使い勝手がいい1台かもしれない。(2010/3/30)

ブルレー、「Viliv S10 Blade」特別割引キャンペーンを実施
ブルレーは、「Viliv S10 Blade」発売を記念した特別割引キャンペーンを開催する。(2010/3/18)

ブルレー、Atom搭載の10.1型タブレットPC「Viliv S10 Blade」
ブルレーは、韓国Yukyung Technologies製の10.1型タッチパネル液晶搭載タブレットPC「Viliv S10 Blade」の取り扱いを発表した。(2010/3/1)

SSD×ファンレス×9.5時間駆動:
今度は回転式液晶&キーボード搭載で800グラム――ミニPC「Viliv S7」を駆る
ミニPC愛好家に人気のViliv。その新作「Viliv S7」はこれまでと違う回転式液晶とキーボードを備えたコンバーチブル型ボディが特徴だ。キーボード付きVilivの気になる実力に迫る。(2009/10/16)

ブルレー、“最大9.5時間”駆動可能なAtom搭載軽量ミニノート「Viliv S7」
ブルレーは、韓国Yukyung Technologies製となるミニノートPC「Viliv S7」の取り扱いを発表した。800グラムを切る軽量筐体ながら長時間駆動を実現した。(2009/10/2)

9月14日までキャンペーン中:
Netbookじゃ物足りない人のための660グラムPC――「Viliv X70」を使い倒した
安くて携帯できる小型PCは、Netbookのおかげで一般化した感がある。でも、仕様がよく似たNetbookでは満足できない人もいるだろう。それなら、Viliv X70はどうだ?(2009/9/7)

「Viliv S5」とはドコが違う!?:
Atom/7型ワイド液晶/660グラムで6万円切りのミニPC――「Viliv X70」に触れる
ブルレーが日本語版Windowsを搭載して国内販売する「Viliv X70」は、小型軽量MID「Viliv S5」の兄貴分だ。画面を大型化し、カードスロットやWebカメラも加えている。(2009/8/21)

Viliv S5の受注再開も:
ブルレー、7型ワイド液晶で660グラムのミニPC「Viliv X70」
ブルレーは韓国Yukyung Technologies製ミニPC「Viliv X70」の取り扱いを発表。8月19日13時に予約受付を開始し、期間限定の発売記念キャンペーンも実施する。(2009/8/17)

この完成度は侮れない:
Atom搭載MID「Viliv S5」の“進化するキーボード”に迫る
約394グラムの超小型ボディにタッチパネル付き4.8型ワイド液晶、Atom Z520、SSD、Windows XPを搭載した「Viliv S5」。これだけ小さいと操作性が気になるところだが……。(2009/7/28)

5万9800円でアクセサリ付き:
ブルレー、Atom搭載MID「Viliv S5」の発売記念キャンペーンを7月8日に開始
ブルレーは7月8日にAtom搭載MID「Viliv S5」の予約を開始する。価格が最大1万円引きとなり、3点のアクセサリが付属する発売記念キャンペーンも7月27日まで行う。(2009/7/6)

こんなMIDなら欲しい!?:
重量436グラムのAtom搭載ミニPC――「Viliv S5」がやってきた
タッチパネル付きの4.8型ワイド液晶を備えたMID「Viliv S5」が登場。CPUにAtom Z520、OSにWindows XP Home Editionを採用し、超小型モバイルPCとして活用できる。(2009/6/30)

ブルレー、重量500グラムを切るタッチパネル液晶搭載UMPC「Viliv S5」
ブルレーは、韓国Viliv製となるウルトラモバイルPC「Viliv S5」の取り扱いを発表した。(2009/6/26)

2009 International CES:
でっかいブースで小さなMIDをプチプチする
CESの「でっかいブース」といえば、LGやSamsungといった「テレビ系」だが、Intelも大きなブースを展開している。そのIntelブースで2009年もプチプチしてみた。(2009/1/14)

ブルレー、UMPC「OQO2」の改良モデル「OQO2+」を発表――有機EL+Atomを採用
ブルレーは、米OQO製となるUMPC「OQO2」の改良モデル「OQO2+」の取り扱いを発表した。(2009/1/8)

ブルレー、スタイリッシュなiPhone用バッテリー内蔵ケース「Mophie Juice Pack」
ブルレーが米MophieのiPhone用バッテリー内蔵ケース「Mophie Juice Pack」を発売。(2008/12/24)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
台北でミニノートの海にドップリつかる
COMPUTEXで目立ったミニノートといえば、新型Eee PC、Wind Notebook、Aspire one、M912Xあたりだが、実はまだまだ競合機種がひしめいていた。(2008/6/13)

親指入力にボディを最適化:
携帯ゲーム機っぽいUMPC――Wibrain「B1」を試す
携帯ゲーム機のようなデザインを採用したUMPC「B1」が日本市場に投入された。4.8インチながら1024×600ドットの高解像度液晶もポイントだ。(2008/3/21)

分割キーボードで親指入力:
ブルレー、526グラムのUMPC「Wibrain B1」を国内販売
Wibrain製のUMPC「B1」がブルレーより国内販売される。1024×600ドット表示の4.8インチワイド液晶の左右にキーボードを配したデザインが特徴だ。(2008/1/9)

2008 International CES:
OQO、初のWiMAX対応UMPCをデモ
OQOは世界初の「モバイルWiMAX対応UMPC」のデモを行った。(2008/1/8)

ブルレー、超小型PC「OQO model 02」にSSD搭載モデルを追加
ブルレーは、米OQO社製の超小型PC「OQO model 02」のSSD搭載モデル取り扱いを発表した。(2007/9/11)

幻のPCが日本上陸:
MS創業者の思いを込めたモバイルPCとは?――写真で解説する「FlipStart」
「FlipStart」は、マイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン氏が設立したFlipStart Labs社から発売された小型PCだ。早速、実機を眺め回してみた。(2007/7/24)

ブルレー、5.6インチワイド液晶搭載の超小型モバイルPC「FlipStart」を販売
ブルレーは、FlipStart Labs製の5.6インチワイド液晶ディスプレイ内蔵モバイルPC「FlipStart」の取り扱いを発表した。(2007/6/25)

自慢用ミニPCを実戦投入:
世界最小Vista Ultimateマシンは使えるか?――「OQO model 02」実力診断
VAIO type Uを下回る小型軽量ボディが自慢のVista対応モバイルPC「OQO model 02」。使い込んでみて、改めて細部のこだわりに驚かされた。(2007/4/26)

自慢用マシンに最適では?:
超小型モバイルPCでVista Ultimateが動く感動――「OQO model 02」
2007 International CESで話題を集めた超小型モバイルPC「OQO model 02」。Windows Vista Ultimate搭載の新モデルを入手したので、早速試してみた。(2007/4/13)

超小型PC「OQO」新製品、日本でも発売決定
米OQOが発表した超小型PCの新製品「OQO model 02」の日本語対応モデルを、BRULEが2月中旬から販売する。(2007/1/9)

350グラムのXP搭載マシン「Vega」
OQOを下回る、最小350グラムというXPマシン「Vega」が日本に上陸。(2006/10/18)

400グラムのXPマシン、日本語対応版を発売
BRULEはこのほど、米OQOの超小型PC「OQO model 01+」の国内販売を始めた。(2006/8/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。