ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BSデジタル」最新記事一覧

「BS11」の日本BS放送が上場へ
BSデジタル「BS11」を運営する日本BS放送が東証2部上場へ。(2014/2/4)

J:COM、BSデジタル放送「TwellV」の再送信を12月から提供
ジュピターテレコム(J:COM)は、ワールド・ハイビジョン・チャンネルのBSデジタル放送「TwellV」の再送信を12月1日に開始する。(2013/9/4)

ソフトバンクモバイル、BS放送の電波によるサービス干渉を再告知
BS放送の電波とソフトバンクモバイルの通信サービス用電波が干渉し、「ULTRA SPEED」の速度が遅くなったり、つながらなくなったりする症状が続いている。ソフトバンクが対策例の一部を公表した。(2012/4/10)

BS試験電波がソフトバンクのデータ通信に影響、速度低下の場合も
BSデジタル放送の試験電波がソフトバンクのデータ通信に影響を及ぼしていることが確認された。データ通信の接続率と速度低下が一部で発生しているという。(2012/2/23)

新BS放送の8局は「スカパー!e2」で、スカパー!JSAT
スカパー!JSATは、10月1日にBSデジタルで放送を開始する8つの新しいハイビジョン専門チャンネルが「スカパー!e2」に加わると発表した。(2011/6/24)

NHKのBS再編に関連:
日立、液晶テレビ「L32-C05」のソフトウェアアップデートを実施
日立コンシューマエレクトロニクスは、NHKのBS放送再編後に同社液晶テレビの「L32-05」が、一部のリモコン操作により不具合が発生すると発表した。その対策として、ソフトウェアのアップデートを実施する。(2011/4/1)

正月深夜は3Dで:
BSフジとソニー、来年から3Dレギュラー番組放映
ビーエスフジとソニーは、BSフジ(BSデジタル181ch)で2011年1月から3Dレギュラー番組「3D★3D(サンデー・サンデー)」の放映を開始する。(2010/11/16)

本田雅一のTV Style:
今さら単体チューナーに注目する理由(2)
BSデジタル放送が開始した頃に発売されていた単体チューナー製品は、どれも放送を見るためだけの製品だった。しかし、これから登場するデジタルチューナーは、付加価値がたっぷり付いてくる。(2010/9/21)

月額2415円:
「ひかりTV」でWOWOWを放送開始
アイキャスト、NTTぷらら、WOWOWの3社は、「ひかりTV」でBSデジタル放送WOWOWをIP再送信するサービスを発表。(2010/9/2)

マスプロ電工、機能を絞り込んだデジタルチューナー「DT70」
マスプロ電工は、必要最小限の装備と機能に絞り込んだ地上デジ/BSデジタル/110度CS対応のデジタルチューナー「DT70」を発売する。(2010/6/25)

ピクセラ、BSデジタルも受信できる地デジチューナー「PRD-BT205」
ピクセラは、地上デジタルとBSデジタル放送を視聴できるアナログテレビ用のチューナー「PRD-BT205」を発売する。(2010/6/11)

2011年スタート:
新たなBSデジタル放送にWOWOWやアニマックスなど
2011年にスタートする新たなBSデジタル放送の認定放送事業者が決まった。(2009/6/11)

録画機能付きSTBも提供:
ひかりTV、4月にハイビジョンチャンネルを拡充
NTTぷららが事業戦略説明会を行い、今後のサービス拡充計画を明らかにした。ハイビジョンチャンネルの拡充に加え、BSデジタル放送や録画機能付きSTBの提供などを計画しているという。(2009/3/23)

オプティキャスト、スカパー!光で新サービス 帯域拡大
オプティキャストは、、スカパー!光の伝送帯域を拡大した新サービスを始める。アップコンバータ無しでBSデジタル放送全チャンネルが視聴できる。(2008/6/23)

帯域幅拡大:
すべての放送を光ファイバー1本で――「スカパー!光」の新サービス
スカパー!とNTT東日本が「スカパー!光」の伝送帯域を拡張する。これにより、BSデジタル放送の全チャンネルはもちろん、「e2 by スカパー!」やスカパー!のHD放送、2011年以降のBS新放送まで、「日本の放送がすべて光ファイバー1本で」視聴できることに。(2008/6/23)

見えてきた“高度BSデジタル放送”の姿
最近、話題の「高度BSデジタル放送」――アナログ停波と同時期に開始される予定の“次世代衛星放送”だ。「NHK技研公開 2008」の内容から、NHKが考える新しい放送サービスの姿を探ってみよう。(2008/5/25)

“映像が飛び出す”3D液晶テレビ、ビックカメラが発売
家庭用テレビが3D時代に──ビックカメラが「3D液晶テレビ」を4月12日に発売する。BSデジタル「BS11」が放映している3D番組などに対応し、映像が立体的に迫ってくる3D放送を家庭で楽しめる。(2008/4/10)

ビックカメラ、“立体テレビ”の店頭デモを開始
ビックカメラは12月28日、日本BS放送が「BS11」で放送している立体テレビ番組「3D立体革命」と連携した店頭デモンストレーションを開始した。(2007/12/28)

テレビ放送前は有料、放送後1週間は無料配信 「ウルトラ怪獣」新番組
BSデジタルの新番組「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」で、新スタイルの動画配信が始まる。1話は完全無料配信。2話以降は、テレビ放送1週間前から有料配信し、放送から1週間後までは無料配信。その後再び有料に切り替える。(2007/11/13)

CEATEC JAPAN 2007:
3DのBS放送も――“飛び出す”デジタルコンテンツ
デジタルコンテンツパビリオンでは、12月1日に開局するBS11デジタル放送で試験的に放送される3D映像や、「リッジレーサー7」の“立体視バージョン”などを体験できる。(2007/10/3)

地デジとBSデジタルの両推進団体が統合、新団体は「DPA」
地上デジタル放送推進協会(D-PA)とBSデジタル放送推進協会(BPA)が統合、「デジタル放送推進協会(Dpa)」となる。デジタル放送の普及促進を目ざす団体として、まずは2007年度中に3000万世帯への普及を目指す。(2007/2/13)

NHK、BSデジタル・地上デジタル・ワンセグ向けに「地震・津波情報」
(2007/1/11)

BSデジタルが2000万件突破
(2006/12/8)

西正:
オプティキャストの新展開が持つ「意味」
オプティキャストとNTT東西が共同出資して、「光パーフェクTV!」サービスを販売する新会社を設立した。NTTのBフレッツを使った多チャンネル放送と地上波・BS放送の再送信サービスを行う。NTTのFTTH拡販戦略のメニューとしてオプティキャストが指名された。(2006/1/20)

BSデジタルに三井物産ら3社参入が決まる
電波監理審議会が、BSデジタル放送の新規参入事業者として3社を認める答申をまとめた。各社は2007年からハイビジョン放送を開始する計画。(2005/12/14)

西正:
BSデジタルの「マス排」撤廃をどう考えるか
民放キー局各社は系列のBSデジタル放送局の兼営を果たすため、マスメディア集中排除原則の撤廃を希望している。総務省も検討を続けているが、有効な規制緩和とするためには「1局2波」を認めなければ意味がない。(2005/11/25)

疲れた人のための超癒し系アニメ「びんちょうタン」
BSデジタル放送BS-iにて放映開始予定のテレビアニメ「びんちょうタン」。その世界は可愛いキャラクターと美しい自然、そして少し哀愁漂う物語で描かれた癒し系の内容となっている。(2005/10/11)

西正:
BS第9チャンネルをどう利用するのか?
2007年以降に空くBS第9チャンネルの周波数を、総務省がどの放送事業者に割り当てるのか。この周波数再割り当てに対する放送事業者の関心が高まっている。ただそれ以前の問題として、BSデジタル放送に新規参入する以上、成功するビジネスモデルの在り方を十分に検討しておくべきだろう。(2005/9/29)

レビュー
デジタル放送の2番組同時録画に対応した新世代機――新「Wooo」を試す
日立のDVDレコーダー「Wooo」に「ザ・ダブル地デジ」をうたう新モデルが投入される。その名の通り、地上デジタル/BSデジタル/CS110度の3メディア対応デジタルチューナーを2つ搭載し、初めてデジタル放送の2チャンネル同時録画を実現した製品だ。(2005/9/19)

三井物産、BSデジタル新規「2程度」に「三分の計」で挑む
三井物産がBSデジタル放送への新規参入を申請。参入枠「2程度」に対し他の2社の先行が伝えられる中、3社が参入可能な「三分の計」で免許の確保を狙った。(2005/9/14)

BSデジタルが1000万件突破
(2005/9/9)

BSデジタルラジオ、5社が同時撤退
(2005/9/2)

BSデジタル放送、双方向サービスでインターネット接続をサポート
6月1日からBSデジタル放送の双方向サービスがインターネット接続に対応する。BSデジタル放送は電話回線を使うのが一般的だが、“デジタル3波”対応チューナーの多くが備えているイーサネットポートを活用する。(2005/5/30)

Cybertrustの証明書がBSデジタルに採用
(2005/5/26)

BSデジタル放送にSSL導入
BSデジタルの双方向番組で、通信の安全性を高める(2005/5/26)

三波共用テレビ、「アンテナ問題」の難しさ
地上波デジタル、BSデジタル、110度CSの三波に対応したデジタルテレビの売れ行きが好調だ。本来これは110度CS放送の普及にとって追い風になるはずだが、現実にはそうなっていない。「アンテナ問題」がネックになっており、その解消が不可欠になっているからだ。(2004/12/24)

BSデジタル普及世帯は約722万世帯に
NHKの発表によると、11月末現在のBSデジタル放送の普及世帯は、前月から約29万世帯増の約722万世帯で、ひと月の伸びとしては過去最高となった。(2004/12/6)

WOWOWデジタルプラスが狙うシナジーの読み方
WOWOWが110度CS放送のプラットフォーム事業に参入した。BSデジタル放送と110度CS放送事業をどのようにシンクロさせていくのかが注目される。シナジーは生み出せるのであろうか。(2004/12/2)

ミュージックバード、新CSデジタル放送を開始 BSデジタルは撤退
衛星音楽放送のミュージックバードが、来年4月から新CSデジタル放送を始める。BSデジタル「BS BIRD」は11月末で撤退。(2004/11/5)

BSデジタルから初の撤退局 データ放送「BS955」
BSデータ放送局「BS955」が11月末で放送を停止へ。苦戦が続くBSデジタル放送からの初の撤退となる。(2004/9/17)

BSデジタル放送、8月末で約650万世帯に普及
BSデジタル放送推進協会はBSデジタル放送の普及が8月末で650万世帯を越えたことを明らかにした。7月は約26万世帯、8月は約22万世帯の増加で、“オリンピック効果”があったとみている。(2004/9/12)

BS放送で人気がある番組ジャンルはドラマとスポーツ中継
C-NEWSと日経産業新聞が共同で実施した調査によれば、BS放送で人気がある番組ジャンルはドラマとスポーツ中継で、視聴チャンネルはNHKの独壇場という結果になった。(2004/8/19)

BSデジタル双方向CMのユーザー情報1万800人分が流出
氏名、住所などを記録したCD-Rが流出。既に回収済みという。(2004/6/21)

ソニー、CPRM対応DVDプレーヤーやVHS一体型などAV新製品
ソニーが、地上/BSデジタルのコピーワンス放送録画ディスクも再生できるCPRM対応の薄型DVDプレーヤー「DVP-NS575P」や、VHSビデオデッキ一体型DVDプレーヤー「SLV-D373P」、VHSビデオデッキ「SLV-NX35」「同NX15」などAV新製品4機種を発表した。(2004/5/11)

コピーワンス放送本格化、各社レコーダーの対応度
4月5日、BSデジタル放送と地上デジタル放送の番組がすべてコピーワンスとなり、デジタルレコーダーとメディアが対応していなければ録画できないことになった。もともと、既存のハイブリッドレコーダーは、一部を除きハイビジョン録画はできないが、画質は別にしても“録れる”と“録れない”では大違い。そこで今回は、各社のレコーダー対応状況をまとめてみた。(2004/4/5)

『チューナーレスTV』のススメ?
最近家電量販店の店頭を賑わすのが地上デジタル放送やBSデジタル放送用のチューナーを内蔵した液晶テレビやプラズマテレビなど。しかし、そのチューナーは本当に必要なのだろうか?(2004/2/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。